さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年08月05日

★中国の悲惨な強制収容所の実態とは?! ★虚構の都市ピョンヤン、北朝鮮の貨幣事情!!


だれか霧吹いた?


目が回りそうな北朝鮮の貨幣事情◇



「馬三家からの脱出」 法輪功迫害の真実を実証◇


また、中国や北朝鮮では、強制収容所などの、悲惨な実態が伝えられています。

強制収容所の実態は、想像を絶するものです。
人を人と思っていません。人権など考慮する余地はないのでしょう。

それは、心を認めないがゆえに、宗教を毛嫌いする、人も物だとする、共産主義の本性を表わすものではないでしょうか。

共産主義は、もう崩壊しているのです。
いいもの、悪いものの見分けというのは、一見つかない時があるのですが、時間が経過すれば、悪いものは悪い結果にしかなりません。
もう結論は出ています。

ベルリンの壁が壊れてからどれくらい経つでしょうか?もうその頃生まれた子どももとっくに成人しています。
とうに共産主義ではダメだと結論が出ているはずなのに、それでも、東西ドイツ統一前、共産主義時代がよかったというお婆ちゃんたちもいたりするのです。

共産主義というのは、非生産的でありながら、誰かから搾取し、誰かを犠牲にすることで、それ以外の人たちが潤うようになっています。
その頃がいいというのは、自分が犠牲者ではなかったからでしょう。


上に北朝鮮のニュースを貼りました。

ニュースで描かれているような、デパートで買い物できるのは、エリートであるという平壌(ピョンヤン)の人々だけでしょう。
よく見ると、商品も同じものがたくさん並べられていて、それほど豊かとはいえません。

そこにいる人たちも、本当に買い物をしているのか疑問です。
多くはいわゆるサクラだと聞いたことがあります。
観光客用のカモフラージュとして、バスなどで移動するのが仕事の美女たちもいるということですし。

北朝鮮の大多数の人たちは、こんなところで買い物どころか、飢えで苦しんでいます。平壌はそういう多くの犠牲の上に立つ、虚構の首都に過ぎないのではないでしょうか。

毎年恒例。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:だれか霧吹いた?
毎年恒例。
by (C)芥川千景(漂流中)さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら