さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年08月31日

夫婦で手をつなごう! 同じ日に死亡の仲良し夫婦、再び?! ★英キャサリン妃、出産後初の公務 新王子は「とても元気」


チェイス。




夫婦が相次いで同じ日に亡くなる。そんな映画のようなことが実際あるのです。

仲がいい夫婦はそうやって一緒に亡くなることがあるんですね。そういうカップルは、あの世にいっても、きっと離れないんでしょう。

以前にも同様なニュースがあり、紹介したことがあります。2009年の11月と12月のニュースでした。

一件目は中国で、三年間妻を介護した夫の方が病に倒れ、数ヵ月後息を引き取ると、三時間後に奥さんも後を追うように亡くなったというもの。奥さんの枕には大きな涙の跡が残されていたといいます。
共に83歳、奇しくも二人の65回目の結婚記念日だったそうです。
もう一件はアメリカのお話。療養所で、二人相次いで亡くなっています。
米地方紙ノースウエストフロリダ・デイリーニュースより
夫婦は79歳だった夫ジェームズ・ブラッキンさんと、76歳の妻ロリーさん。2人はロリーさんが16歳のときにスケートリンクで出会ったそうで、すぐに駆け落ちして結婚した。寡黙な夫と、植物を育てるのが好きな妻は常に一緒。4人の娘にも恵まれ、年齢を重ねてもその親密さは変わらなかった。ずっとお互いを「ハニー」と呼び合いアツアツだった2人。孫たちは、当初ジェームズさんの名前が「ハニー」だと思い込んでいたほどだ。
2人の仲の良さは、娘から見ても相当なもの。子どもたちの前では、一切けんかをしたことがなかったという。三女のシンディー・スペンスさんは「私が10代の頃、両親は大きなステーションワゴンの車を持っていたけど、母はいつも父の隣に座っていました。どこか歩くときも、いつも手を繋いでいたんです」と、思い出を語る。

医師は「ジェームズさんはロリーさんが亡くなったことがわかり、ショックで他界したのだろう」と推測する。ただ、事情を聞いた四女ダナさんは、1人でいるのが嫌いだったロリーさんが、ジェームズさんを呼んだに違いないと感じているようだ。


夫婦の契りというのは、実は死んだら終わりではなく、あの世でも残っているのだそうです。
この世ではうまいこと女性を渡り歩いたつもりだった男性がいたとしたら、亡くなった後、あの世では、すべての女性にそれがバレてしまいますから、大変なことになるかもしれませんよ。

ですから、こういう風に二人で添い遂げるということは、究極に幸せなことのように思えます。

いつも、片時も離れない夫婦、そんな夫婦はいいけれど、夫(妻)とは、ちょっと距離を置きたいという方もおられるかもしれません。いい意味でも悪い意味でも、あらゆる意味で(笑)。

日本ではセックスレス夫婦が増えていて40%とも言われています。

夫婦が仲がよいことが、家庭の平和と幸せの基準です。
子どもが問題行動を起こすのも、夫婦の問題の反映だと言われます。決定的な危機になる前に、修整が必要ですね。

パートナーとのスキンシップをはかることで、絆が深まるということがあるようです。
すぐにセックスレス解消とならなくても、「夫婦で手をつなぐ」というのが、とってもいいということです。

ちょっと「手をつなぐ」ということくらいで、魔法のようなことが起こるはずがない、と思われるかもしれませんが、どうかお試しください。

2009-12-18-172031.jpg


みなさんは、夫(妻)と手をつなぎますか?

すでにリンク切れになっていますが、読売新聞やYOMIURI ONLINEに載っていたものです。タイトルだけ残します。
またそれを受けた「発言小町」の「夫と手をつなぎますか?」というトピックスに関する意見は残されていますのでどうぞ。
「手つなぎ夫婦 目立つ中年」読売新聞1月25日の記事
「『発言小町』では肯定的な声…手つなぎ夫婦」YOMIURI ONLINE
夫と手をつなぎますか?
発言小町

これらをみると、結構、手をつなぐカップルが多いようです。
「チャーミーグリーン」のCMの影響というのも残っているということ。確かにあの老夫婦はチャーミングでした。

「夫婦で手をつなぎましょう」と、それを呼びかける会があります。体験談などもあるので、どうぞ。


一緒に死ねるかどうかは神のみぞ知ることですが、パートナーと手をつなぐことは、今からでも始められます。いつ死が二人を別つかは分からないのですから、今日から始めるのがいいかもしれません。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:チェイス。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います
以下の記事を編集しました
 同じ日に死にたい?!「手をつなぐ」仲良し夫婦

〔英キャサリン妃、出産後初の公務 新王子は「とても元気」〕
このお二人の場合は…?
手はつないでませんね…


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


2013年08月30日

人生で最も辛く悲しいときに! 「あしあとFootprints」の真実の詩とは?! ★ちょこっと旅気分、カリブ海に浮かぶキュラソー島 


4291616砂浜の足跡 by KAZU.jpg


自分で歩いてきたつもりだった私の人生。
実はいつも
神様が隣にいてくれたのです。
つらくて 悲しくて
耐え忍ぶしかないようなときに
私を背負って
神様が歩いてくれていたのです◇


「あしあと(Footprints)」。
以前にシリーズでお伝えしたことがありますが、今日はこの詩の日本語訳と原詩の全文を、再び紹介したいと思います。(よく似た贋物の詩が出回っていますが、これは本物です。)

キリスト教色の強い詩ではありますが、日本人であっても共感するものがあると思います。

辛いことがあるとき、投げ出したいことがあるとき、実は一番私たちのそばにいるのは、目に見えない神様であると、私も信じています。
あきらめないで、もう一歩進みましょう。




「 あ し あ と 」


ある夜、わたしは夢を見た。
わたしは、主とともに、なぎさを歩いていた。
暗い夜空に、
これまでのわたしの人生が映し出された。
どの光景にも、
砂の上にふたりのあしあとが残されていた。
ひとつはわたしのあしあと、
もう一つは主のあしあとであった。
これまでの人生の最後の光景が
映し出されたとき、
わたしは、砂の上のあしあとに目を留めた。
そこには一つのあしあとしかなかった。
わたしの人生でいちばんつらく、
悲しい時だった。
このことがいつもわたしの心を乱していたので、
わたしはその悩みについて主にお尋ねした。
「主よ。
わたしがあなたに従うと決心したとき、
 あなたは、
すべての道において、わたしとともに歩み、
 わたしと語り合ってくださると約束されました。
 それなのに、
わたしの人生のいちばんつらい時、
 ひとりのあしあとしかなかったのです。
 いちばんあなたを必要としたときに、
 あなたが、なぜ、わたしを捨てられたのか、
 わたしにはわかりません。」
主は、ささやかれた。
「わたしの大切な子よ。
 わたしは、あなたを愛している。
あなたを決して捨てたりはしない。
 ましてや、苦しみや試みの時に。
 あしあとがひとつだったとき、
 わたしはあなたを背負って歩いていた。」


マーガレット・F・パワーズ 
松代恵美 訳
translation copyright(C)1996 by Pacific Broadcasting Association




Footprints


One night I dreamed a dream.
I was walking along the beach with my Lord.
Across the dark sky flashed scenes from my life.
For each scene, I noticed two sets of footprints in the sand,
one belonging to me
and one to my Lord.
When the last scene of my life shot before me
I looked back at the footprints in the sand.
There was only one set of footprints.
I realized that this was at the lowest and saddest times in my life.
This always bothered me and I questioned the Lord about my dilemma.
"Lord, you told me when I decided to follow You,
You would walk and talk with me all the way.
But I'm aware that during the most troublesome times of my life there is only one set of footprints.
I just don't understand why, when I needed You most,
You leave me."
He whispered, "My precious child,
I love you and will never leave you
never, ever, during your trials and testings.
When you saw only one set of footprints
it was then that I carried you."


copyright(C)1964 by Margaret Fishback Powers



実はこの詩、とても有名な詩なのですが、作者が知らないところで盗作され、作者不詳として様々なグッズが売られたりしてきた経緯があったということです。
本来なら著作権を行使することも可能ですが、作者のマーガレット・F・パワーズさんは自分の名前の記載を条件に、コピーなどをすべて許してくださっています。

作者不詳となっていた期間が長かったせいか、いまだに、誤った詩がいろんなところに掲載されていることは、心が痛みます。
また、彼女の願い通り、名前は必ず記載してあげてほしいと思います。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:砂浜の足跡 by KAZUさん
「写真素材 フォトライブラリー」からダウンロードしました
無断転用はご容赦願います

【kuri-maの「あしあと」関連記事】
 1.〜あしあとFootprints〜最も苦しいときに力が出る詩?! 
 2.偽物に悩まされた「あしあとFootprints」の真実の詩とは?!
   :英語・日本語訳の詩の全文を掲載しています
 3.「あしあとFootprints」の生んだ奇跡?!
 4.詩の誕生は一つの愛から?!「あしあとFootprints」4


ちょこっと旅気分、カリブ海に浮かぶキュラソー島



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


2013年08月29日

「私は神様を信じます!」ベッキー、「いるのよ、神様って!」本田圭祐・・・あなたはどう思う?!


2013.07.27 和泉川 アカツメクサ


私は神様という存在を信じます。
どこの宗教も信仰していません。
ですが神様はちゃんといると思います。

なので“神様なんていない”
という言葉を聞くと
ちょっとだけさびしくなります。

いいことがあった時だけ
“神様ありがとう”と手を合わせて
つらいことがあると
“神様なんていない”と吐き捨てる……。

欲望を満たしてくれるのだけが
神様ではないと思います。
ご褒美を与えてくれるのも神様。
試練を与えてくれるのも神様。

苦しい時ほど
“成長させていただき、ありがとうございます”と
手を合わせたいものです。


ベッキー



 
いるのよ、神様って。
頑張っているとプレゼントしてくれるんですよ。
だからおもしろいよね。


本田圭祐



人がなんと言おうと、神様がおられるのは確かだと、私も考えています。
ずっと昔から、言葉が通じない遠い国の人たちも、宗教や人種が違ったとしても、なぜか神というものを信じてきました。
それは、神様がおられるからではないでしょうか。

「信じない、絶対いない」と言うのは個人の自由だとは思いますが、空気が存在して、私たちは知らず知らず呼吸しているように、やはり神様は、誰がいないと叫んだところで、やはり存在するのではないでしょうか。
そしてそんな自分はいないという人に対しても、生きるための空気より大切なものを与えてくれている、だから私たちは生きていられるのでしょう。

「サンタクロースっているんでしょうか」の中で、目に見えない存在についてこう語られています。

赤ちゃんのガラガラを分解して、
どうして音が出るのか、中の仕組みを
調べてみることはできます。
けれども、
目に見えない世界を覆い隠している幕は、
どんな力の強い人にも、いいえ、
世界中の力持ちが寄ってたかっても、
引き裂くことはできません。
ただ、信頼と想像力と詩と愛とロマンスだけが、
そのカーテンを一時引きのけて、
幕の向こうの、例えようもなく美しく、
輝かしいものを、見せてくれるのです。


フランシス・P・チャーチ
「サンタクロースっているんでしょうか」より



未来は何もわからない中で、
どれだけ未来を信じてやれるか。
自分が絶対成功するんだってことをね、
自分に言い聞かせながら、
自分の力を信じるってことですかね。
そしたら必ず神様はねそれを見てるし
神様からのビッグサプライズを
期待して 頑張るだけですよ。


本田圭祐



がらがらを分解してみるなんて、邪推はやめておいて、ちょっと単純に、神様にご褒美をもらえるように、頑張ってみましょうか。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:アカツメクサ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


タリバン銃撃乗り越えたマララさん、「国際子ども平和賞」の受賞者に


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら