さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年07月20日

《感動》校長先生にもらった転機?! 「誰かに認められること」佐々木将人氏のメッセージより


そら (2)


人間だけが、
神の立場や相手の立場に立って
考えることが出来るのだ。




今日は、感動エピソードからの抜粋です。

ある卒業式前のこと、ひとりの不良少年が、校長室に呼び出されました。その時の校長先生の言葉が、彼の人生を変えました。


ここでよく考えてみなさい、今さらお母さんの死を悔いても仕方がない。
人間は、必ず死ぬ。
いずれの日か死ぬという人生を、今日一日を価値高く生きよと、母の死は教えているのだ。
君のお母さんは、若くしてこの世を去ったが、立派なお母さんだった。
君のお父さんが、“まま母”と、君との間に立って、どれほど、気を遣い、心を痛めていられるかを考えたことがあるかい。
人間だけが、神の立場や相手の立場に立って考えることが出来るのだ。
自分を捨てて、心から親孝行をすれば、どんなひどい“まま母”でも、必ず感動するときが来る。
今、君が、すぐやるべきことは親孝行だ。
これは人間だけにある行為なのだよ。
こんな話をするのも、亡くなった君のお母さんが、草葉の陰から手を合わせて、私を通じて話をしているような気がしてならない。
まして、君は数多い卒業生の中で、将来大人物になる素質がある。
長年教育をやって来た私の立場から、それはよく判る。
だが一歩誤れば犯罪者にもなる。
今が大切な分岐点だ。
だから、これからは、本来の君に返り、心を明るくして朗らかにし、清く正しくもつことを心がけ、人の為、母の為になるように生きて欲しい。
とはいっても、人間は照れくさいもので、すぐには出来ない。
昔から人間は転機が大切だ。
だから、卒業式を君の人生の転機としたらどうだ。

(佐々木将人『人生山河ここにあり』マネジメント社 より)

【誰かに認められること】
人の心に灯をともす


もっと長いお話なのですが、校長先生の言葉だけ抜き出しました。

このかつての不良少年は、大会社の社長となったということです。

「人間は、必ず死ぬ。いずれの日か死ぬという人生を、今日一日を価値高く生きよと、母の死は教えているのだ」

お母さんが草葉の陰から祈っているのだといいます。
このようにして、亡くなった人を偲び、あの世を意識して生活する、こういうことは、日本の中にまだかろうじて残っていますが、大切にしていきたい死生観です。

こうやって、その子の存在を認めてあげ、そして、その子に転機を与えました。
頑張ったのはこの少年ですが、この校長先生もすごいですね。

子どもの成長の芽を摘んでしまいやすい私たちですが、良いところを伸ばし、理解し、認めてあげる、そしてグッと伸びていくサポートをしてあげたいと思うのです。

さて、そのためにも「人間だけが、神の立場や相手の立場に立って考えることが出来るのだ」と言われていますが、この「神の立場」や「相手の立場」に立つというのは、どういうことでしょうか。
それは、正しいことをしていく、また人を思いやり、愛情を持って接するということではないでしょうか。

正しい生き方、愛情のレベルを上げていくということ、これは、私たちが幸せになるための生き方であるとともに、あの世にもっていく、私たちの魂を輝かせるものです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:そら (2)
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



〔世界一の超大国、米国から中国へ 国際世論調査〕



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら