さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年07月17日

運勢がUPする名前をつけるために?! キラキラネームの行き着くところ!  《なんで運勢が見えるのか・姓名判断篇2》


2013.07.14 和泉川 クズ


親の運勢や、親の背景が、
子どもの名前に表れるのです。
名前は、運勢だけでなく、
親の考え、センス、品格、
すべてが表れる鏡のようなものです。




きゃりぱみゅ 松下幸之助と同じ手相

「大男」「月下美人」「革命」「苺苺苺」読めますか? キラキラネームの過激化が止まらない

これがいまどきの子どもの名前です
(週刊現代)◇


子供に「クルド」を意味する名前、トルコ最高裁が認める◇


名前の話をする前に、手相の話題を一つ。

上にあげましたように、きゃりーぱみゅぱみゅを島田秀平が見たところ、彼のいう覇王線(三奇紋)があるとのこと。別名億万長者の線とも言われているもので、松下幸之助などに見られたということ。マイケル・ジョーダンの記事でお伝えしました。

また、彼女には、「アブノーマル線」が出ているということです。島田さんはよい面を言っていますが、これは「土星環」のことで、手相の中でも最大の凶相だったはずです。
エキセントリックで変人ともいえ、激しやすい。
芸術や文学などで、一部の人から熱狂的な支持を得ることがある線でもある、という点は大当たりですね。そういう面を伸ばしていくのがいいというアドバイスは的確でしょう。

姓名判断にも、吉凶両面がありますが、手相もそうです。長所を伸ばし、後は運勢を上げる生き方をするしか、凶面を補う方法はありません。


名前が先か、生命が先か?!

ひとりの命というのは、とても貴重で、その誕生は神秘です。
私も子どもたちを「授かりもの」と思っています。命自体が、偶然に作られるものではありませんね。
命は神様から与えられるものだと、私は思うのです。

そういう意味では、自分の存在の分身のような立場が子どもです。
親がどれだけの運勢を子どもに授けてあげられるかです。その運勢に応じて、子どもたちは命を与えられるのではないか、と思います。

名前はその子の運勢を作る大きな要因のように見えますが、生まれる時からすでにその子の運勢はある程度決まっています。その運勢を表わすような名前を、なぜかつけてしまうのです。
つまり、親の運勢や、親の背景(祖父母や先祖)が、子どもの名前に表れるのです。

そして、昨日も言いましたように、名前は、運勢だけでなく、親の考え、センス、品格、すべてが表れる鏡のようなものです。


運勢のいい名前とは

一朝一夕に親となる人間ができたのではないのですから、生まれる子どもの運勢を簡単に変えることはできません。
ただ、少しでも運勢のいい名前、子どもが一生身に纏(まと)う、看板に掲げるものとしてふさわしい名前をつけてあげることはできます。

そうした願いをこめて名前をつけ、また子どもに愛情を注ぐことで、変わってくるものも、当然あるはずです。

運勢のいい名前とは、もともと限界のある運勢しか持たない私たちが考え付く、こだわりの名前ではないような気がします。
キラキラネーム、は運勢的には、全然いけてる名前ではありません。

「自己中」は運勢を落とします。ひとりよがりも、自己顕示も、同様です。

では、いい名前をつけるにはどうしたらいいか。自分のこだわりは一旦おいて、その子のためを考えます。
もっと大きなものに委ねてみたらいいのではないでしょうか。一番の運勢の持ち主は、神様ですから。

こういうときぐらいは、祈りの中で神様と対話してみるのがいいかと思います。夢で教えてくれる場合もありますよ。(私も経験しました。)


名前よりも運勢UP


さて、もう今更、私たちの名前は変えることができません。こんな名前、と思っても、それを纏っていくしかないのです。
ですから、どんな名前云々よりも、自分の運勢をあげることが、もっと重要ではないかと思うのです。

運勢があがれば、私たちの名前の吉面が強く出てきます。そして、子どもや、孫が、もっともっとよい運勢をもって誕生するようになるでしょう。

一人の凶悪な犯罪者が出れば、その名前は地に落ちます。同じ名前の人はいい迷惑です。
しかし逆に、本当に運勢の強い人というのは、最悪の名前を、最高に引き上げてしまいます。


運勢upの方法


運勢をアップするためには、愛情のレベルをあげることです。
(逆に愛情を汚す行為、不倫などは運勢をどん底に急降下させます。特に子どもにすぐ出るので、ご用心。)

ひとりよがりで、わがままな自己愛のレベルを脱皮し、より家族が仲睦まじく高め合う状態、更には社会の役に立ち、自分を犠牲にしても愛せるようになった分だけ、運勢が上がります。

そして、親、祖父母を敬い、先祖を大切にして、神仏に手を合わせる。苦しんでいる人のために涙を流し、世界の平和のために、祈る。こういう生活を身に付けると、もっと頑張れるパワーが沸いてきます。

もちろん、運勢をアップするためには、正しい生き方をしなければなりません。

愛情のレベルを高める、またモラルを高めること、そのために高いところにいる神仏に手を合わせる、これ、大事です!

ですから、きらきらネームを付ける親たちがどうかと考えてみると、愛情のレベルや、モラルが高いとは思えません。

ひとりよがりで、自己満足な名前を、子どもに押し付け、社会に認めさせることは、はた迷惑でしかありません。
誰も読めないような名前、そして、この世に唯一という珍しい名前をつけることは、個性の尊重と言えば聞こえがよいですが、自分たちが神になろうという行為にも思えます。

上に紹介した週刊現代の記事ですが、オンラインで読める部分だけ、下に抜き出します。
あまりにもすごいので。
こういう名前を付けられた子どもには同情します。せめて幸せになるよう、祈ってあげるしかありません(!)

今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真はクズ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 手相は統計学?! 神が置いた印?! マイケル・ジョーダンの手相とは… なんで運勢が見えるのか(2)

参考ブログ記事
 「悪魔ちゃん事件から20年」―キラキラネームに対するネットの反応に…妙に納得?!
  <ジェームズ 加藤 Full Moon>



「大男」「月下美人」「革命」「苺苺苺」読めますか?
 
キラキラネームの過激化が止まらない
これがいまどきの子どもの名前です

いくら何でも「ハム太郎」

「娘のクラスメイトに、晃久という名前の男の子がいます。読み方は、『あきひさ』ではなく、『コーク』! なんでも、お父さんがコーラの会社で働いているからだとか。」

似たようなケースで、エンジンを作る会社の社長の息子が、彗斗(ジェット)というのもありました。中でも私が一番驚いたのが一愛和という名の女の子。これで『チワワ』と読ませるんです。今は4年生の長男が入学当初に入ったクラスにも変わった名前の生徒はいましたが、当時に比べて名前の付け方は一層過激になっています」

 こう語るのは、今年都内の小学校に娘を入学させた母親だ。幼児向け英会話教室の先生も、ユニークすぎる名前の生徒の多さに戸惑いを隠せない。

「少し前から、外国人風の名前の子どもが増えていましたが、最近目立つのが江戸時代からタイムスリップしてきたような名前。たとえば、『源柳斎重國(げんりゅうさいしげくに)』なんて剣豪みたいな名前の4歳児がいます。フルネームは、斎藤源柳斎重國。初めて見たときは、名字と名前の境もわかりませんでした」

 今、一見何と読むのかわからない奇抜な名前=「キラキラネーム」を持つ子どもたちが激増している。ベビー用品専門店「赤ちゃん本舗」が行った新生児の名前に関する最新の統計によると、5人に1人が他の子どもと被らないオンリーワンの名前を持つ。10万人以上の命名相談を受けてきた命名研究家・牧野恭仁雄くにお氏が、今までに見た珍奇な名前を紹介してくれた。

 (しもべ)、心中(ここな)、美空(びゅあっぷる)、神王(ぜうす)、奈々安寿絵里(ななあんじぇり)、百歩(ももっぽ)、ハム太郎(はむたろう)、野風平蔵重親(のかぜへいぞうしげちか)。

 暴走族を彷彿とさせる当て字や、漫画、ゲームなどのキャラ名、また、どんな願いが込められているのやら、意味深すぎて意味不明な名前がズラリ。読み方どころか、性別すらわからないものも多い。ちなみに、僕(しもべ)ちゃんは女。その他、賢一郎(けんいちろう)という女の子もいる。

 氾濫するキラキラネーム。ブームはいつから始まったのか。日本の名付け文化に詳しい京都文教大学教授・小林康正氏が解説する。

「読みにくい子どもの名前が増え出したのは'90年代半ば頃です。当時、マタニティ雑誌『たまごクラブ』(ベネッセコーポレーション)は、名付けに関する特別付録を付けて読者の人気を呼びました。その中で数多くの個性的な名前が紹介されたのです」

 真珠(ぱある)、地球(ちまり)、怜問斗(れいもんど)、範太(はんたー)、蔵開(くらーく)、真歩凜(まほりん)、降沙(ふれっさ)――。

「キラキラネームはいまや完全に定着し、これまで女性の代表的な名前だった『○○子』とつけられる子どもは、現在は10%以下です」(前出・小林氏)

 キラキラネームの大きな特徴の一つが、虹色(そら)や星彩(きらら)など、漢字と読み方との著しい乖離だと小林氏は言う。

 かつて、「悪魔」という名前が行政で認められず話題になったが、今はほとんどやりたい放題。法律的にはどこまで許されるのか。

「実は、戸籍法には人名に使用できる漢字の規定はありますが、読み方についての規定はない。だから、どんなにとんでもない読み方でも住民登録は可能なのです」(都内区役所職員)
キラキラネームの過激化が止まらない
これがいまどきの子どもの名前です
(週刊現代)



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | なんで運勢が見えるのか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする