さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年07月16日

名前の不思議?! 英語版「名は体を表す」!  《なんで運勢が見えるのか・姓名判断篇1》


シンクロ。


名前は印象を決める。
自分の子どもにどのような服を着せ、
どのような身なりにするかと同じだ。




〔奇をてらった名前の影響は?英語版「名は体を表す」〕


イギリスのロイヤル・ベイビーブームで、子どもの名づけの問題も世界的に注目されているこの頃──
今日は名前の不思議、神秘についてお話したいと思います。

ラテン語にも「名は体を表わす」という意味のことわざがあるそうで、古今東西、そういう不思議は感じてきたのではないでしょうか。

上に載せたニュースに実例が挙げられています、(苗字が多いですね。)

・米自動車レーサーのスコット・スピード(Scott Speed)
・英園芸家のボブ・フラワーデュー(Bob Flowerdew)
・米歌手のビル・メドレー(Bill Medley)
・米プロゴルファーのタイガー・ウッズ(Tiger Woods)
・英ロマン派の詩人ウィリアム・ワーズワース(William Wordsworth)
・元米大統領報道官ラリー・スピークス(Larry Speakes)
・米弁護士スー・ユー(Sue Yoo)


もともとあちらの苗字というのは職業を表わす名前もあったでしょうが、そういうことではなく、なぜか今でも、名前から連相させるような職業に就くことが多いとか。

英ハートフォードシャー大学の心理学教授は、名前は「ある種、予言の自己成就」とも言えると言っています。
また、別の教授も、こう言います。

「名前は印象を決める。自分の子どもにどのような服を着せ、どのような身なりにするかと同じだ」と主張するのは「Beneficial and Harmful Baby Names」(子どもにとって良い名前、悪い名前)の著者で、米カリフォルニア大学(University of California)の心理学名誉教授アルバート・メラビアン(Albert Mehrabian)氏だ。教授はまた、「望ましくない名前を持っていると、他人からの扱われ方が変わる」と述べ、同じ人物の写真でも添えられた名前によって魅力度に差がついたり、試験でまったく同じ回答をしても、名前によって点数が違ったりすることがあると指摘する。「名前によって、子どもに対する教師や社会の期待感が変わるからだろう」と同教授は述べている。

 これから親になる人たちに、メラビアン氏はこうアドバイスする。「名前の字に、奇をてらった字を使わないこと。好感度ががぐっと落ちる。工夫しすぎたり、芸術的にすることはない。概して、変わった名前は避けたほうがいい」


そういうふうに、名前が先にあって、その名前に影響され、ふさわしくなっていく、というとらえ方も、できないわけではありません。
目に見える結果や現象の世界だけ見つめると、それは、まったくその通りです。

しかし、私はこう考えるのです。
「名は体を表わす」という部分よりも、もともと、その人にふさわしい名前が付けられる、という部分の方が強いのではないかと。

名前というのは、本当に不思議なものです。

以前数字の時にもお話をしましたが、わたしは子どもたちの名前にはこだわりをもって、よい名前をつけようと努力してきました。
ある子の場合──姓名判断を見て、大吉数の21数をもってきたつもりだったのです。生まれる前から、そうやって名前を準備していました。
しかし、実はその名前は22画でした。21画だと思って名づけて、生まれてきたその子を見ると、何か違うのです。結局は22画の内容そのものでした。

やはり子どもは、ふさわしい名前で生まれてくるのだなと思います。

「名は体を表わす」という言葉の反対に「名前負け」という言葉もあります。それは立派そうに見える名前の背後にある深い意味のせいです。

また、鑑定してもらい、よい名前をつけたとしても、名前にはどんなによい画数があり、歴史的に偉大な人の名前だったとしても、吉凶の両面があります。
その人の生き方、しいてはその子の親や先祖の生き方までもが関わって、よい名前であっても、吉面だけが出るとは限らない、ということになるのです。
だから同姓同名でも、違う人生になるのは、当然のことです。

また、親が意図した意味以上のものが、名前には含まれているかもしれません。
親が名づけているようで、何百年前のある人の名前と関係があったり、漢字の深い意味が隠れている場合もあるでしょう。

子どもというのは、親の鏡です。親のものをもってしか生まれてこないのが子どもです。

上のニュースで言われているように、名前はその子の身にまとう服であり、財産です。
ボロを着せるのか、洗練されたセンスのもの、品のいいものを着せるのか、ただ奇抜なものを着せるのか、ということになるでしょう。

最近、子どもたちの学校のクラス名簿を見てみると、読めない名前が本当に多いのです。
きらきらネームとか言うのですか?!

ハンドルネームとか、ペットの名前だったら、多少奇抜でもよいのですが、子どもに名づける戸籍上の名前というのは、その子の運勢を象徴します。その名前を一生背負っていくのです。
うまく字をあてて、悦にいったような名前。。。こういう独りよがりな名前は、やはり親の反映という気がします。(はっきり言ってすみません。)

子どもは、親の遺伝子をもって生まれ、考え方、生活を受け継いでいきます。親の運勢を受け継いでいくのです。
そして、名前にもそういうものが反映します。

子どもは親を映す鏡であり、名前もそうです。親の考え、センス、品格、すべてが表れています。

(長くなりますので、また続きます)



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:シンクロ。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

参考ブログ記事
 「悪魔ちゃん事件から20年」―キラキラネームに対するネットの反応に…妙に納得?!
  <ジェームズ 加藤 Full Moon>



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | なんで運勢が見えるのか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする