さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年07月14日

本当の「終活」とは?! 〜あの世での新生活のために〜 ★「終活本」壇蜜の死生観  ★マララさんが国連で演説「ペンと本で世界は変わる」


2013.07.08 和泉川 ヒマワリ


壇蜜、「終活本」で死生観を披露 葬儀学校在籍の理由などを赤裸々に◇


「終活」という言葉が使われるようになって数年。

「就活」と同じ音(おん)ですから、ややこしいですが、人間が人生の最期を迎えるにあたって行うべきことを総括した内容を「終活」というようです。
お葬式だけではなく、財産の相続や様々な内外のものを含めて言うらしいです。

上にニュースを載せましたが、新たな終活の雑誌が出たということで、壇蜜が表紙を飾り、自らの葬儀にかける思い入れのようなものを話しているということです。

日本は今後更に老人社会となっていく傾向を考えると、そういう世代が最後の目的を持つのはよいことかもしれません。
しかし、よく考えてみれば、死は年の順に訪れるわけではありません。
老いも若きも、私たちも日頃から、いつ死んでもいいように準備し、心積もりをしておかなければならないですね。
そう言いつつも、まだ死ぬ気がしないから、なかなか切実になれないのですが…。

終活というのは、とても素晴らしいと思うのですが、私たちの死というのは、そんなに、思い通りに演出できないところが、「終活」の限界でしょうか。

完璧な終活をして、立派なお葬式をして感動させる人もいるようですが、さて、その人の亡くなってからの霊界ライフの方が、葬儀に参列した人を喜ばせることよりも、大切ではないかと思うのです。

あの世がないと思えば、打ち上げ花火のように、盛大な最後の舞台を用意するのでしょうが、もしも死んで地獄に行ってしまえば、本末転倒なのではないでしょうか。

少しでもよい霊界の階層で、永遠の人生を送りたいのなら、徳積みをして、魂を輝かせなければなりません。

豪華な葬儀、多くの遺産を子孫に残すためにあれこれするのではなく、多くの徳を残す生活が、真の終活ではないか、と思うのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ヒマワリ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


〔マララさんが国連で演説「ペンと本で世界は変わる」〕
マララさんとそのスピーチにに関しては
明日、また記事を上げる予定です。



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら