さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年07月09日

再生の年「癸巳」に起こった新TV革命?! 放送各社がCM拒否の「スマートテレビ」とは?


2013.07.08 和泉川 ヒマワリ 蕾


仕事が伸びるか伸びないかは、
世の中が決めてくれる。
世の中の求めのままに、
自然に自分の仕事を
伸ばしてゆけばよい。


松下幸之助



放送各社、パナ社「スマート」テレビのCMを拒否◇




パナソニックの「スマートテレビ」のCM(↑)が、日本のテレビ各局から放送拒否を受けているということ。
CM料のためなら倫理にもとるギャンブルのCMなどもバンバン入れているのに、このCMは、拒否しているのです。そうとう脅威に感じているのでしょうね。

ちょうど60年前、今年と同じ「癸巳(みずのとのみ)」の年に、NHKのテレビ放送が始まりました。日本のテレビの始まりです。
「癸巳」とは、既存のものから、新しいものに変わっていく、再構築、再生、再出発の年回りなのです。

テレビが始まる前、テレビによってこんなに生活が変わるなんて思ってもいなかったことでしょう。文化の大改革がここで起こっていたんですね。

ですから、これは新しい時代の波が来ているのですから、それを妨害しようとすることが、無茶なのです。

もちろん、新しい波が来ているからといって、新しいものを生み出す人たちの心掛けも良くなければ、よい再生とならないでしょう。

松下幸之助の精神をパナソニックが受け継いでいるとしたら、新しいメディアを提供するこのスマートテレビについても、社会に受け入れられていくのではないでしょうか。

また日本のマスコミも、自分の生き残りだけを考えていくのではなく、社会の発展とか、もっと大きな視野に立てるならば、十分に共存していく方法はあるのではないか、と思います。

本物だけが生き残れる時代だと言う人もいます。
伝統となれば、古いものでも残っていきます。

時代というのは止められませんが、だからといって、テレビという媒体がなくなる、ということではないでしょう。
日本のマスコミについては、以前から、偏向報道、金儲け主義を感じ、憂うることと思っていましたが、やはり今回の件では、姑息な感じをぬぐえません。器が小さい!

脅威に感じるのはわかりますが、新しいものの進出を阻止することは、大きくこれまでの時代を作ってきたテレビ業界がすべきことではないと思うのです。

昔、国語の教科書に載っていた「おじいさんのランプ」(新美南吉 著)の話を思い出します。
少年の頃、ランプの明るい灯に感動してランプ屋になった人が、やがて電灯が出てきたとき、すっぱりランプを捨てたというお話でした。
まだ売れたであろう在庫のランプを全部木につるしたという名場面を、図工の時間に絵にしたものでした。

参議院選が近づきました。政治においても、大きく日本を再生させる方向に動いていると感じます。
この再生が、日本の真の底力を発揮する、新しい時代の幕開けとなることを願ってやみません。

(電球をみがいている社員に対して)
この電球は
どこで光っているか知っているか?
子供たちが絵本を読んでいる。
すると、外が暗くなる。
家の中はもっと暗くなる。
そうなれば、
どんな物語も途中で閉じなあかん。
でもな、あんたがみがいている
電球一個あるだけで、
子供たちのドラマは続行や。
あんたは電球を
みがいているんやないで。
子供たちの夢をみがいてるんや。
子供たちの笑い声が聞こえてこんか?
物作りはな、物を作ってはあかん。
物の先にある笑顔を想像できんかったら、
物を作ったらあかんのやで。
子供たちの夢のために、
日本中、世界中にこの電球を灯そうや。


松下幸之助


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ヒマワリ 蕾
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います




◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら



-
posted by kuri-ma at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | なんで運勢が見えるのか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする