さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年07月07日

*☆* 七夕ってなんでしょうか?! 短冊に願いを書くのは日本だけ?!*☆* ★星に願いをTDL?!  


7月の総棚ざらい。 −真ん中が空いちゃった−


今日は七夕です。関東地方も今年は早くも昨日梅雨明けとなって、天の川も久し振りに見られるかもしれませんね。

さて、よく知っているようで、知らない「七夕」の由来など、お話してみたいと思います。

元旦、雛祭り、端午の節句に続き、並びの数字の日には宮中などでも昔から行事がありました。七夕もそんな五節句の一つです。もともとは宗教的な意味のある行事でした。

沖縄では、お墓を掃除し、もうすぐお盆ですよ、と伝える日となっているということ。

当然これらの行事は陽暦でなく、陰暦で行われていました。七夕は陰暦では立秋の後頃が多いので、古来の七夕は秋の季語なのだそうです。

毎年雨の多い七夕。
旧暦では、梅雨時とかさなるグレゴリオ暦よりもずっと晴れる確立が高いし、必ず下弦の月になることから、月が地平線に沈む時間が短く月明かりの影響を受けないそうです。

日本では、毎年七夕が雨続きで、織姫と彦星が会えないんじゃないか、とかここ何十年、やきもきしてきたわけですが、新暦(陽暦)で祝うこと自体に無理があったのではないでしょうか。
仙台の七夕祭りなどは、月遅れの8月7日にやりますね。

*☆*

七夕の笹には、先祖の霊が宿るのだそうです。
七夕と言えば、笹飾りと、織姫と彦星の話で終始してしまいやすいですが、実はお盆行事のひとつで、先祖崇拝の行事だったということです。

本来はやはり宗教的意味合いが強かったようです。
クリスマスのサンタクロースと同じように、現代に至るまでに様変わりして来てしまったんですね。

では、織姫と彦星がどうつながるかというと、このあたりは中国からきています。

織姫(織女)は、その名のごとく機織の神。
元々中国にあった牽牛星と織女星の伝説と、手芸や芸能の上達を祈願する乞巧奠(きこうでん)という行事が合わさって、七夕の起源になったようです。

お願い事をするなら、芸事の上達などを願う方が、本来の七夕の目的には合っているかもしれません。

また「七夕」を「たなばた」と呼ぶようになったのは、中国の行事が日本に入ってからです。

五節句のひとつとして、日本でも昔から宮中で行なわれた行事「しちせき」と、民間で古くから豊作を祈り種をまく「種幡祭り(たなばたまつり)」や、「棚機女(たなばたつめ)」という禊ぎ(みそぎ)の行事が混同され、伝わったとも言われています。

「七夕」が「しちせき」だったというのは、読み方からして、そうでしょう。
宮中の由緒ある行事が、民間のお祭り行事と一緒になった、というところでしょうか。

さらに、「たなばたさま」の歌にもある「五色の短冊」の五色は、五行説にあてはめた五色で、緑・紅・黄・白・黒をいいます。
短冊は日本だけのもので、中国では五色の糸をつるすのだそうです。

宗教行事は、早朝にするもの。
本来の行事としては、6日の夜から、7日の朝にするのがいいそうです。

新暦でされてもいいですが、旧暦(陰歴)の7月7日に、もう一度空を見上げながら先祖のための行事をしてみるのもいいかもしれません。

今年は8月13日です。ちょうどお盆の頃に重なりますね。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:−真ん中が空いちゃった−
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


「ディズニーランドで星に願いを、七夕イベント始まる」
写真8枚◇


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


2013年07月06日

ワクチン接種は推奨しない! この厚生省の措置になぜか反対する「子宮頸がん征圧をめざす」人たち?!  ★露・美人元スパイ、スノーデン容疑者に求婚?!


2013.05.29 追分市民の森 アジサイ 水玉


素直な心で見るということが
きわめて大事だ。
そうすれば、
事をやっていいか
悪いかの判断というものは、
おのずとついてくる。


松下幸之助


子宮頸がんワクチン関連の記事をしばらくあげていませんでした。

厚生省が接種推奨をを一時的に控えると発表してから、数週間が経ちました。
分かっているだけでも2千件の副反応が報告されているだけに、当然の、遅すぎるともいえる措置だと思います。なぜ中止にしないのか不思議なくらいですが、まずひとまずはよかったということでしょうか。間違って接種する人がいなければいいですが。

このHPVワクチンについて、分かりやすく説明しているサイトがありました。

「このワクチンに確実な予防効果があるかどうかについてはまだはっきりした結論が出ていないので、ここで効果について議論するのはやめておこう。」といって、子宮頸がんの原因となるHPVと、それに対するワクチンがどのようなものか、ということについて解説されています。
この「効果がはっきりしない」というのが大問題なんですけど。
そして、「因果関係がはっきりしない」、とされているものの、多くの副反応があるということも大問題です。
なぜ、「はっきりしない」ものを、そもそも認めて、出てきた副反応という大問題をまた「はっきりしない」という言葉ですませようとするのでしょうか。

責任逃れをしているとしか見えません。

今日、記事にしたのは、WHOの公式声明というものが、「子宮頸がん征圧をめざす専門家会議」を通して出ているのを見つけたからです。

この名称にも驚きました。「征圧をめざす」。

結論から言うと、この人たちは、あくまでワクチンを通じて、子宮頸がんを征圧することをよしとしていて、副反応で苦しむ人たち、もしもまた実施すればこれからも当然出てくるであろう犠牲者のことを考えていません。

ワクチンとは無関係と、本当に信じているのか、犠牲者もいとわず、征圧することの方に意義があると考えているかどちらかだと思います。

無関係だと信じきるのは、狭量ですし、苦しむ犠牲者を無視するのは、無神経で非情ともいえると思います。
お金をもらっているとか、いろんな利得がらみもあると思うのですが。

そもそもWHOの公式声明が、問題です。WHOの名前を出すと、すごく権威がありますが、一方的な情報に基づいたものに感じます。征圧派の方々にとっては好都合な内容なので、日本語訳にして発表したのでしょう。

とにかく、いいものはいい、悪いものは悪いのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:アジサイ 水玉
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

「ロシアの元女性スパイ、スノーデン容疑者に求婚」
国を売り、今度は愛情も?


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 子宮頸がん ワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

祈ってからが肝心、神様に祈った願いを叶えるためには?! ★自由の女神、復活 


紫陽花重ね。


祈りは神を変えず、祈る者を変える。

キルケゴール



今日は、神様に祈った内容、その願い事を叶えるためにはどうしたらいいか、お話したいと思います。

スティーブ・ジョブズが、がんと診断されたとき、息子さんの卒業を見たいと思い「神だかなんだかと取引した」のだそうです。息子に遺せるものをという思いで、遺言のように最後の数年間の仕事をしていったのでしょう。
彼が神に祈り、願った内容が、なぜ叶えられたのかといえば、人一倍の努力の人で、それを達成するまであきらめなかったからでしょう。

ジョブズは結局はがんが再発して亡くなりましたが、それまでの数年間で、今のiPhneを中心とする革命を起こしました。そして、私たちの生活を変え、時代をつくったのです。


誰に祈るの?!

私たちは、普段は神様のことを考えたこともなく、時には神様なんかいない、なんてうそぶいてしまうこともありますね。
いるんだか、いないんだか曖昧で、いない、とはっきり言わないまでも、見えないだけに、もどかしかったりしますね。

日本人はあまり、「神よ」と祈ってこなかったのがDNAが染み付いていますが、先祖は大切にしてきました。
日本の神社信仰は、神といっても、人を祀っていることが多いのは、そういうことなんではないでしょうか。徳川家康とか菅原道真とか。

神様は確かにいます。
神様は、私たちの親や先祖のそのまた親、と考えたらいいでしょうか。

だから、どうも曖昧な神様に祈るのが、「無理」、というなら、先祖に祈る、亡くなった大切な人に祈る、というのでいいでしょう。

それでも、祈りはじめる際には、誰に対して祈るにしても、敬意を払い、先に「神さま」と言ってから、祈るのがいいかなぁと、私は思っています。祈りの合図みたいなもので、これで神様も一緒にお祈りを聞いてくれると、考えてください。

神社などでの祈り方は、以前パワースポットの時に紹介しましたが、その辺は割愛して、祈った後のことをお話します。


祈りは「ガンバル」約束

私たちは、どこか有名な神社にお参りして願掛けをしたからと、もうこれで済んだつもりになっていますが、これが大間違いで、実はお祈りしてからが問題なのです。

スティーブ・ジョブズはガンを宣告されたとき、「神と契約した」と言っています。彼は瞑想はしますが、神さまにいつも祈る人ではありません。切実な思いが、神さまがいるなら、と契約するような祈りをさせたのですね。

彼はとても的を得ていたというか、切実な時、人はそういう行動を取るのでしょう。実は、お祈りとは、イコール契約と言ってもいいかもしれません。
お祈りは、つまり神さまと約束すること、と考えたらいいと思います。

自分の願いを明確にして、「このために一生懸命頑張りますから、神さま、導いてください」というのが、お祈りの意味です。
その人が口にしなかったとしても、一生懸命その人のできることは尽くす、というのが大前提、暗黙の了解事項なのです。

神さまに祈るということは、自分も努力するという約束になるのですね。

ということは、願い事をしても、それで満足していたら、ダメなんだということです。つまり、せっかく神さまが手伝おうと計画したことができませんから、願掛けも無駄になってしまいます。

降ってわいたように、願いが叶うのではない、ということですね。


祈りには答えがある

ですから、普段から努力の人で、プラスの行動(善行・徳積み)をしている人は、祈ったら即叶うということもありえます。

また、緊急性の祈り、今すぐ命が危険、という時の祈りは、即叶わなければ命がないわけですから、叶ってもらわなければ困りますね。
もちろん普段の蓄積、先祖の蓄積にもよると思うのですが、先に神さまが叶えてくれて、約束を後で果たす、ということもこの場合はあり、かと思うのです。

神様はわかっていても、聞き届けられることと、そうでないことがあります。
また、中には無茶な願い事というのも最初からあります。

それでも神様に願って、本人も真剣に努力したとします。
奇跡的に叶うこともありますし、そうでない時にも、本人の中に不思議な充足感が生まれ、「ああ、叶わない願いだった。それでいいんだ」あるいは「仕方がなかったんだ」というように、納得する思いが沸いてくるのです。

「気づき」ですね。それもひとつの結論でしょう。
祈った結論は、必ず与えられるものです。

しかし、ただ願いっぱなしでは、それがありません。
お祈りをしたけれど、自分はそれすら忘れて遊び暮らしている、それでは薄っぺらいお祈りだと言っているようなものです。

祈りは、祈った本人が、いかに真剣なのか、試される機会でもありますね。自分の決意を決めるために祈る、とも言えるかもしれません。

「この世に神などいない」と思うような悲惨な状況も、世界にはたくさんあるし、もしかしたら私たちの身にも降りかかるかもしれません。
しかし、神がいないのではなく、神様が手の施しようもない状況を作り出したのは、人間だ、と思うのです。また神様は導いていても、手足がありません。動くのは人間なのです。

祈ってみましょう。
神さまに丸投げではなく、どうしたら解決できるか、どうしたら実現するか、切実に祈る中で、解決への糸口がひらめくはずです。きっと。

さて、祈りの内容が、悪いものであった場合。
たとえば人を冒涜したり、人類滅亡や世界制覇を祈るような自己中心的なものであった時、その祈りに神さまは耳をふさがれ、一緒に聞いていた魔(サタン)がさっとそれをもっていき、自分との契約としてしまいます。
神さまに祈ったつもりが、悪魔との契約だったりして…!
ご注意のほどを。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:紫陽花重ね。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

過去の記事を再編集しました↓
 http://kuri-ma.seesaa.net/article/295777435.html


kuri-maの参考記事
神さまへの参拝もアポイントを取る?! パワースポットで願いを叶える秘訣

米「自由の女神」が独立記念日に再オープン、ハリケーンで8か月閉鎖
写真16枚◇



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら



posted by kuri-ma at 12:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする