さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年06月14日

風格のある人とは?! 《感動エピ》「感動・笑・夢」 ★国連で「笑うな!黙れ!」人権人道大使(日)に非難ごうごう?!


葉かげで・・・


感動というやつは、人間を変えちまう。
そして奥底に沈んでおる力をぎゅうっと
持ち上げてきてくれる


椋 鳩十





人間年を取れば、これまでの人生を、どんな心持ちで通過してきたのか、苦労や幸不幸が、否応なく、その人の風格となって表れるのではないでしょうか。
ただの外見ではありません。その人の心根が滲み出るというのでしょうか。

国連において、日本の人権人道大使が暴言を吐いたということで、批判ごうごうとなっています。動画も流れてしまって、隠しようがありませんね。
人間ですから、つい激怒してしまうこともあるでしょうが…。

今日は、風格にまつわる話、
感動は人を変えるという、エピソードを紹介したいと思います。


児童文学作家の故・椋鳩十(むく はとじゅう)さんが、こういう話をしておられる。

椋さんの故郷は信州の小さな村。
30年ぶりに帰省すると、小学校の同窓会が開かれた。

その中に、かつてしらくもと呼ばれていた人がいた。
皮膚病のせいで嫌われ、勉強ではビリでバカにされ、
いつも校庭の隅のアオギリの木にポツンともたれていた。

ゆったりした風格を滲ませてみんなと談笑している男が、あのしらくもとは…。
聞けば、村一、二の農業指導者として
みんなから信頼されているという。

二次会で椋さんは率直に、
「あのしらくもがこんな人物になるとは思わなかった。
何があったのか」
と聞いた。

彼は
「誰もがそういう」
と明るく笑い、
「あった」
と答えた。

惨めで辛かった少年時代。
彼はわが子にはこんな思いはさせまい、
望むなら田畑を売っても上の学校にやろうと考えた。
だが、子どもの成績はパッとせず、
勉強するふうもない。

ところが、高校2年の夏休みに分厚い本を3冊借りてきた。
その気になってくれたかと彼は喜んだ。
が、一向に読むふうがなく、表紙には埃が積もった。

彼は考えた。
子どもに本を読めというなら、まず自分が読まなければ、と。

農作業に追われ、本など開いたこともない。
最初は投げ出したくなった。
それでも読み続けた。
引き込まれた。
感動がこみ上げた。
その感動に突き動かされ、3回も読んだ。

その本はロマン・ローランの『ジャン・クリストフ』。
聴覚を失ってなお自分の音楽を求め苦悩した
ベートーヴェンがモデルといわれる名作である。

主人公ジャンの苦悩と運命が、
彼にはわがことのように思われたのだ。

だが、ジャンは自分とは違っていた。

ジャンはどんな苦しみに落ち込もうが、
必ず這い上がってくる。
絶望の底に沈んでも、また這い上がってくる。
火のように生きている。

自分もこのように生きたいと思った。

そのためには何か燃える元を持たなければ。
自分は農民だ。
農業に燃えなくてどうしよう──。

彼は農業の専門書をあさり、
農業専門委員を訪ねては質問を浴びせ、
猛烈に勉強を始めた。

斬新な農業のやり方を試みて成功させ、そして、
しらくもはみんなから頼りにされる農業指導者と化した。

この話をされた椋鳩十さんは、
終わりに力強くこう言っている。

「感動というやつは、人間を変えちまう。
そして奥底に沈んでおる力をぎゅうっと
持ち上げてきてくれる」

人間の目は前に向かってついている。
前向きに生きるのが人間であることを
表象しているかのようである。

感動は人を変える。
笑いは人を潤す。
夢は人を豊かにする。

そして、感動し、笑い、夢を抱くことができるのは、
人間だけである。

天から授かったこのかけがえのない資質を育み、
さらに磨いていくところに、
前向きの人生は拓けるのではないだろうか。

 藤尾英昭=文
「心に響く小さな5つの物語U」 第二話 感動・笑・夢 より
(冒頭部分は省略、編集しています。)



子どもの頃、あるいは若い頃は、颯爽と鳴く鳥も落とす勢いだった人が、見る影もなくなったり、反対に、あんな目立たなかったヤツが…!ということもあるのでしょう。

私は、子ども時代は、静岡県の海岸沿いで富士山を見ながら育ち、高校で父の故郷の滋賀に引っ越しました。そして、結婚してからは関東なので、昔の友だちに会う機会がほとんどありません。

ちょっと怖いけど、同窓会なんかがあったら、行ってみたいなぁと思うのです。
どんな風格をもった同窓生たちに会えるか、楽しみです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:葉かげで・・・
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

  



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら