さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年06月07日

少女守り顔面失ったフィリピンの英雄犬、治療を終え帰国?! ☆「人間のものさし」ではない「仏のものさし」《相田みつをの言葉》


だれか来る?


「人間のものさし」

アノネ
世間の評価や
評判なんてものは
すぐ変わるんだよ
人間のものさしだから

いつでもどこでも
永遠に変わらない
ほとけのものさしを
持つことだね


相田みつを







フィリピンで2年前、道路を横断中だった少女2人を助けようとしてオートバイにはねられ、顔面に大けがをした犬がいます。雌の雑種ですが、英雄犬とたたえられ、寄付金が募られました。米国で8ヵ月に渡る治療を終え、このほど帰国することになったということです。

このカバンという名の犬は、飼い主の幼い娘と姪にオートバイが向かってきたのを見た瞬間、オートバイの前に身を投げ出して少女たちを守ったのだそうです。

人間にもなかなかできないことです。

「人間のものさし」を越えたものに出会うとき、私たちは感動をするのでしょう。
いつでもどこでも永遠に変わらない「ほとけのものさし」。
古今東西、時を越え、人種を越え、人を感動させるものがあるんですね。
それは「愛」というのでしょうか。純粋で崇高、だけど単純に人を大切に思う心からきているのでしょう。

スラムに住んでいるという飼い主は、「帰ってきたカバンを見たら、泣いてしまう。あの子は家族同然だから」と言っています。

動物が飼い主に愛情を示すということは、それは飼い主が愛情を注いだからです。犬が自発的に最初からそのような深い愛情を持っていたというよりは、飼い主が持っている愛情の鏡、投影といえるかもしれません。
深く愛されたからこそ、まっすぐな忠犬になれたのでしょう。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:だれか来る?
by (C)緋佳さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 人間と動物の違いは?! 犬ぞり選手権、ラクダレース、ニワトリが横断する街… 【動物ニュース】


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 相田みつをの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする