さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年06月15日

フェイスブックの感動話には要注意?! 《感動エピ》「一沈一珠」、海女の心意気から生まれた言葉!


緑に乾杯。 「2013 横浜山手西洋館 〜花と器のハーモニー〜横濱プロムナーデ〜初夏のお散歩〜」


「一沈一珠」

海女がいったん海に潜ったら、
どんなに息が苦しくなっても、
一個の真珠を見つけ出すまでは、
決して浮上しない









「あまちゃん」が大人気となっている折も折、海女にまつわる「一沈一珠」という素晴らしい言葉があることを知りました。


一沈一珠(いっちんいっしゅ)という言葉があります。青森在住の木村将人さんから教わりました。

木村さんは大学生の頃、二人一組でやる、肉体的に非常にきついアルバイトをしたことがあったそうです。ある夜、寝起きを共にした大学浪人中の相棒がいいました。

「自分は母一人子一人の身なのだが、きっと大学に入って母を安心させてやりたい。卒業して仕事に就き、母を楽にさせてやりたい。

自分は小さい頃から、一沈一珠という言葉をかみしめながら頑張ってきた。海女がいったん海に潜ったら、どんなに息が苦しくなっても、一個の真珠を見つけ出すまでは、決して浮上しない。というところからこの言葉はできたらしい。

自分はいままで何度もつらい思いをしてきたけれど、その都度、この言葉を思い出して生きてきたんだよ」

一夜、一緒にアルバイトをした相棒が漏らしたこの言葉を、木村さんはいまも忘れないといいます。

一沈一珠──すばらしい言葉です。本書に収録された5つの物語に登場される人たちに思いをはせる時、そこに共通しているのは、この「一沈一珠」の生き方ではないだろうかと思います。

 藤尾英昭=文
「心に響く小さな5つの物語U」 あとがきより
(抜粋編集しています)



フェイスブックなどで出回っている感動話の中に、捏造があったり、それどころかそれを利用した悪質なものまであるようです。

私も、フェイスブックで回ってきた感動話に涙して、すぐに「いいね!」をして、時にはシェアまでしています。このブログにもいくつも紹介してきました。
出典がはっきりしているものもありますが、実はよくわからないものもありますね。

ただ、私に回ってくるまでに、多くの人が感動したから、私にまでつながってきたわけです。それくらい感動話には力があるということでしょう。
誰かが書き加えたりすることはできるのですが、大体は、コピペでそのごとく伝えることが多くなった現代、伝言ゲームのようにとんでもないことには、あまりならないように思います。

とはいえ、こうやってSNSが広がる前、チェーンメールで広がった「100人の村」というメッセージがありましたが、これには同性愛賛美の一文が加えられ、広く伝わってしまっています。悪意や何らかの意図があれば、変わる余地はいくらでもあるということなのですが…。

ちなみに、今回この「心に響く小さな5つの物語U」については、1話以外は、ネット検索しても、出てこないということは、誰も紹介していないのでしょう。
ですから、昨日のものもそうですが、私がタイピングしました。それなりに労力を使っています(笑)。

感動話というのは、実話というのが前提ではありますが、多くの人が心を動かされたということなのですから、それだけですごい、とも思います。

私は創作もする人なのですが、人が感動する話を、作り上げるということは、それが全くのフィクションであればあるほど、難しいことではないかと思います。事実は小説より奇なりというように、すごいことは私たちの身近にも起きているんではないでしょうか。

特に子どもが小さいころは、ささやかなことですが、感激や感動の連続だったような気がします。今でもそうですが。

悪意のある捏造やデマは許せませんが、美談がたとえフィクションでも、私はその美談には罪がないと思うのです。
多くの人を感動させたこと、その一人ひとりとの出会い、その人が感動した心というのは、嘘はなかったと思うので。
感動は人の心を洗い、時にはその人の人生を変えるほどの大きなパワーを与えます。

昨日、「空飛ぶ広報室」(日曜劇場)の録画を見ていましたら、自衛隊で作ったPVの内容が捏造だというデマが広がって大変なことになっていました。
事実がどうか、よりもデマを人は信じるようです。これは、ドラマでなくても、実際にありがちなことです。

もちろん、故意に捏造したり、悪意や利己的な金儲けのためにすることはよくない、と私は思います。
そういうものは、胡散臭い雰囲気が漂います。また、もしも感動話を利用して、騙して何かしようとするとしたら、感動話から逆襲に遭うことでしょう。
罪のないほら話は、人を愉快にさせたりもしますが、悪意のある場合は、その分だけ自分の首を絞めることになるのではないか、とこう思います。

昨日紹介した椋鳩十さんのお話では、『ジャン・クリストフ』に感動して人生を変えた人が出てきます。
『ジャン・クリストフ』というのはベートーベンをモデルにしていますが、フィクション小説です。作者のロマン・ローランはベートーベンに思い入れがあったようで、彼に関する本も書いていますが、それも必ずしも事実ではない部分があると判明しています。

作り話に感動して、人生を変える、そういうこともアリなのですから、感動話について、これ実話じゃないんじゃないかと勘ぐったりしなくてもいいのではないかと。

たとえ、作り話に感動してしまったのだとしても、それで泣いた人の心は、その涙で洗い流されてきれいになり、感動に膨らんだ心は、パワーが満ちているのです。何も損はないのではないでしょうか。

ということで、感動エピソードはこれからも発信していきたいと思うのです。
一沈一珠、一度始めたからには、よいもの、キラッと光る珠玉を見つけて発信し続けます。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:緑に乾杯。 
「2013 横浜山手西洋館 〜花と器のハーモニー〜横濱プロムナーデ〜初夏のお散歩〜」

by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

  




◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら



2013年06月14日

風格のある人とは?! 《感動エピ》「感動・笑・夢」 ★国連で「笑うな!黙れ!」人権人道大使(日)に非難ごうごう?!


葉かげで・・・


感動というやつは、人間を変えちまう。
そして奥底に沈んでおる力をぎゅうっと
持ち上げてきてくれる


椋 鳩十





人間年を取れば、これまでの人生を、どんな心持ちで通過してきたのか、苦労や幸不幸が、否応なく、その人の風格となって表れるのではないでしょうか。
ただの外見ではありません。その人の心根が滲み出るというのでしょうか。

国連において、日本の人権人道大使が暴言を吐いたということで、批判ごうごうとなっています。動画も流れてしまって、隠しようがありませんね。
人間ですから、つい激怒してしまうこともあるでしょうが…。

今日は、風格にまつわる話、
感動は人を変えるという、エピソードを紹介したいと思います。


児童文学作家の故・椋鳩十(むく はとじゅう)さんが、こういう話をしておられる。

椋さんの故郷は信州の小さな村。
30年ぶりに帰省すると、小学校の同窓会が開かれた。

その中に、かつてしらくもと呼ばれていた人がいた。
皮膚病のせいで嫌われ、勉強ではビリでバカにされ、
いつも校庭の隅のアオギリの木にポツンともたれていた。

ゆったりした風格を滲ませてみんなと談笑している男が、あのしらくもとは…。
聞けば、村一、二の農業指導者として
みんなから信頼されているという。

二次会で椋さんは率直に、
「あのしらくもがこんな人物になるとは思わなかった。
何があったのか」
と聞いた。

彼は
「誰もがそういう」
と明るく笑い、
「あった」
と答えた。

惨めで辛かった少年時代。
彼はわが子にはこんな思いはさせまい、
望むなら田畑を売っても上の学校にやろうと考えた。
だが、子どもの成績はパッとせず、
勉強するふうもない。

ところが、高校2年の夏休みに分厚い本を3冊借りてきた。
その気になってくれたかと彼は喜んだ。
が、一向に読むふうがなく、表紙には埃が積もった。

彼は考えた。
子どもに本を読めというなら、まず自分が読まなければ、と。

農作業に追われ、本など開いたこともない。
最初は投げ出したくなった。
それでも読み続けた。
引き込まれた。
感動がこみ上げた。
その感動に突き動かされ、3回も読んだ。

その本はロマン・ローランの『ジャン・クリストフ』。
聴覚を失ってなお自分の音楽を求め苦悩した
ベートーヴェンがモデルといわれる名作である。

主人公ジャンの苦悩と運命が、
彼にはわがことのように思われたのだ。

だが、ジャンは自分とは違っていた。

ジャンはどんな苦しみに落ち込もうが、
必ず這い上がってくる。
絶望の底に沈んでも、また這い上がってくる。
火のように生きている。

自分もこのように生きたいと思った。

そのためには何か燃える元を持たなければ。
自分は農民だ。
農業に燃えなくてどうしよう──。

彼は農業の専門書をあさり、
農業専門委員を訪ねては質問を浴びせ、
猛烈に勉強を始めた。

斬新な農業のやり方を試みて成功させ、そして、
しらくもはみんなから頼りにされる農業指導者と化した。

この話をされた椋鳩十さんは、
終わりに力強くこう言っている。

「感動というやつは、人間を変えちまう。
そして奥底に沈んでおる力をぎゅうっと
持ち上げてきてくれる」

人間の目は前に向かってついている。
前向きに生きるのが人間であることを
表象しているかのようである。

感動は人を変える。
笑いは人を潤す。
夢は人を豊かにする。

そして、感動し、笑い、夢を抱くことができるのは、
人間だけである。

天から授かったこのかけがえのない資質を育み、
さらに磨いていくところに、
前向きの人生は拓けるのではないだろうか。

 藤尾英昭=文
「心に響く小さな5つの物語U」 第二話 感動・笑・夢 より
(冒頭部分は省略、編集しています。)



子どもの頃、あるいは若い頃は、颯爽と鳴く鳥も落とす勢いだった人が、見る影もなくなったり、反対に、あんな目立たなかったヤツが…!ということもあるのでしょう。

私は、子ども時代は、静岡県の海岸沿いで富士山を見ながら育ち、高校で父の故郷の滋賀に引っ越しました。そして、結婚してからは関東なので、昔の友だちに会う機会がほとんどありません。

ちょっと怖いけど、同窓会なんかがあったら、行ってみたいなぁと思うのです。
どんな風格をもった同窓生たちに会えるか、楽しみです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:葉かげで・・・
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

  



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


2013年06月13日

今日も命をありがとう?! 「いただきます」! *自分を活かし相手を生かす13の『言葉』?! 〜矢作直樹「お別れの作法」より ★生を全う?!世界最高齢、木村さん死去


花を召しませ。 「2013 横浜山手西洋館 〜花と器のハーモニー〜横濱プロムナーデ〜初夏のお散歩〜」


命を頂戴した私たちは、
命の限り生きなければなりません。

「命をムダにしません、
ありがとうございます」という感謝の念で
食事の席に臨むことが、
私たち人間の作法。

そして、私たちの生を確認すること。


矢作直樹



今日が矢作直樹先生の『「あの世」と「この世」をつなぐ お別れの作法』からの記事の最終回です。(本も返却してしまいましたし(笑))
「幸せなお別れを約束する言葉」という章の内容を「自分を活かし相手を生かす13の『言葉』」として紹介して来ました。

13の言葉を分類するとこうなるかと思います。

1 感謝の言葉
  「ありがとう」 
  「助かります」 
  「おかげさまで」 

2 前向きな言葉、肯定する言葉
  「大丈夫」 
  「何とかなる」 
  「やってみたら」 
  「それでいいんですよ」 

3 相手を認め喜ばせる言葉(「なのね法則」など)
  「いいね」「うまいね」「さすがですね」「すごいな」
  「頼りになるね」「楽しそうだね」 
  「ホッとする」 

4 その他
  「またね」「またお会いしましょう」 
  「幸せでした」 
  「いただきます」
 
(本とは順序などは変更しています。)

これらは、使ったら相手やその場の雰囲気を変える「魔法の言葉」ともなります。
幸せを呼ぶ言葉ともいえるでしょうか。

今日は最後の「いただきます」を紹介します。



「いただきます」
 命を頂戴する意味を知る

私たちは毎日「命」を頂戴しています。動物、植物、海の幸、山の幸、ありとあらゆる「命」を頂戴して、私たちは生きています。

命は自然界でリンクしています。生態系の仕組みを想像すると明らかですが、お互いにムダがありません。
生命が連綿と続いている世界の仕組みを、命のありがたみをもって教えること。この言葉は、下の世代に伝えなければならない大事な言葉です。

お釈迦様の最初の悟りは「この世のすべてのものに命がある」というものでした。それでも私たちは食べていかなければなりません。

だからこそ、「命をムダにしません、ありがとうございます」という感謝の念で食事の席に臨むことが、私たち人間の作法でもあるのです。

命を頂戴した私たちは、命の限り生きなければなりません。それが人間の義務です。
仏教やキリスト教などの宗教では食事の際にお唱えごとをしますが、一般にはこれを簡略化して、いただきます、と唱えます。

私たちを生かしてくれる自然界をはじめ、料理の素材、生産者、配送者、調理者、さらにいつも自分の周囲で見守ってくれている多くの人に、自分が今日もまた食事が出来ることを感謝する素晴らしい言葉です。
私は個人的に、そこに見えない存在に対する多大な感謝も込めて唱えています。

ありがたく命を頂戴します、という言葉を、私たちは毎日使うべきだと感じます。それが私たちの生を確認することにもなるのです。

矢作直樹
『「あの世」と「この世」をつなぐ お別れの作法』
第四章「幸せなお別れを約束する言葉」より



矢作先生が、「ありがとう」に次いで大切な言葉だとしている「いただきます」
何気なく使っている以上に深い意味があったんですね。

以前、「いただきます」については、私もブログで取り上げたことがあります。→ ‘いただきます’の文化、ヨーロッパでは?!

昨日の「幸せでした」で取り上げましたが、手を合わせると、更に幸せが増幅されるようです。
その昔の学校の給食では、手を合わせてから、みんなで「いただきます」と言ったものでした。
いまだに、その癖で、「いただきます」と言いつつ、つい手を合わせているのですが、これはよい習慣だったかもしれません。

矢作先生と同じように、見えない存在、神様や先祖に感謝するという意識で、「いただきます!」と元気にいって、毎食の食事をおいしくいただきたいですね。

そういえば、世界最高齢だった木村さんが亡くなりました。(下にニュース添付)長生きの人は、なんでも感謝する前向き思考の人が多いようです。
命をいただきます、という意味を考えさせられます。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:花を召しませ。 
「2013 横浜山手西洋館 〜花と器のハーモニー〜横濱プロムナーデ〜初夏のお散歩〜」

by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



長寿世界一の木村次郎右衛門さん死去 116歳「サンキュー・ベリー・マッチ」
産経◇
座右の銘は「苦にするな嵐のあとに日和あり」。
訪れた人に対して、
「サンキュー・ベリー・マッチ」と、
にこやかにあいさつするユーモアあふれる人柄が親しまれた。
子供7人に孫14人、ひ孫25人、やしゃご15人にも恵まれた。


矢作直樹(やはぎ・なおき)
東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授および医学部附属病院救急部・集中治療部部長。
1981年、金沢大学医学部卒業。その後、麻酔科を皮切りに救急・集中治療、外科、内科、手術部などを経験。1999年、東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および工学部精密機械工学科教授。2001年より現職。
2011年、初めての著書『人は死なない』(バジリコ)が7万部を超えるベストセラーとなり、話題となる。


kuri-maの参考記事
 ‘いただきます’の文化、ヨーロッパでは?!
 ・プラスを取り込む食事とは?!幸せはつかむものではなく、引き寄せるもの(4)

 ・言えば言うほど幸せになる?! 「幸せです」!「幸せでした」!  *自分を活かし相手を生かす13の『言葉』?! 〜矢作直樹「お別れの作法」より
 ・「またね」と言えば、必ずまた会える?! *自分を活かし相手を生かす13の『言葉』?! 〜矢作直樹「お別れの作法」より
 ・もっとあった魔法の言葉?! 「いいね」!「さすが」!「すごい」!「ホッとする」…etc. *自分を活かし相手を生かす13の『言葉』?! 〜矢作直樹「お別れの作法」より
 ・「ありがとう」!「助かります」!「おかげさま」!! 自分を活かし相手を生かす13の『言葉』?! 〜矢作直樹「お別れの作法」より
 ・自分を活かし相手を生かす12の「言葉」?! 「お別れの作法」その3
 ・成仏を心配するのはルール違反?! 「お別れの作法」その2 《霊界ってあるんでしょうか》番外編4
 ・「あの世」と「この世」をつなぐ「お別れの作法」とは?《霊界ってあるんでしょうか》番外編3



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら