さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年06月24日

共産主義って何? 平和な日本人とは無関係?・・・「戦争反対」から「個人賛歌」まで、これも左派思想?!


Go to the sky.


永田町の記者の間で
言われているジョークがある。
自民党が60年間できなかったことを
民主党はたった1年間*で成し遂げた。
ひとつは「マスコミが信用できないこと」
二つ目は「自民党はましな政党であること」を
国民に知らしめた。


宇田川敬介





コミュニズム、左翼の思想とは何なのか。共産主義って何なのでしょうか。
一般の日本人で、はっきり答えられる人はいるでしょうか。
質問されて頭に浮かぶのは、社会主義体制としてのコルホース、とソルホースなどの意味不明の言葉だけで、ではその思想はというと、わけわからない、というのが本当のところではないでしょうか。

どうも、自由がないらしいのは知っているでしょう。
言論、出版、集会…こういったものは規制が掛かる、また他の思想に対しては迫害や粛清という名の大量殺戮をもいとわない、なんか怖いよね、関わりたくない、そういう感じでしょうか。

まあ、日本はそんなこととは無縁だよね、と思っていないでしょうか。

でも、日本にもコミュニストはいますし、先の与党は立派なコミュニスト政党でした。
「戦争反対」「核廃絶」から、「原発反対」こういう方々に左翼主義者が多いのは、知られていることでしょう。え、知らない、ていう人も普通に多いと思います。

またもっと違う形でも左派の思想は入り込んでいます。日本は知らないうちに、共産主義に取り込まれ、影響を受けているようです。
共産主義を知らないのですから、取り込まれていることも知らなかったりします。


以前紹介したことのある動画の中の宇田川敬介氏の説明はこうでした。

コミュニストである松下圭一の名言
と言われているものがあります。
「市民とは抑圧されてはいけないものである。
一般の日本人は生まれて家族に抑圧され、
社会に抑圧され、国家に抑圧される。
国家と社会と家族を解体すれば、市民は権利の実現ができる」

わかりますか?
一見、もっともなことを言っているような気がしますが、共産主義というのは、詭弁なのです。
家庭も社会も政府もいらないという、個人理論であって、だから集団をすべて抹殺し、無政府状態にするのです。
国家、社会、家族を解体する?!うまいことをいいますが、革命でしょうか。壊すということではないでしょうか。

それに対し、許(きょう)さんも話していました。

共産主義思想というのは、
マルクスが机上でかいた理論にすぎない。
マルチビジネスのようなものだ。
コミュニズムではダメなんだと
もう世界的に分かっていることだ。
日本のように自由に教育を受ける国なのに、
世界的にダメと言われていることを受け入れる。
ものを考えることを放棄しているのではないか。

一般の参加者の指摘でも、

戦後、政界、経済界、マスコミ、教師
すべて左翼的な人が入ってきた。
「国家の品格」などでそれは明らかにされている。 


人間は物?!


共産主義を分かりやすい特色で言い表したのが、「唯物思想」だ、ということです。
つまり、人間は物、物質にすぎない、という考えです。
精神や、心は大切ではない、ということになります。

人間はしょせん一つの物であるから、自然の一部。
自然界が弱肉強食で成り立つように、社会も闘争で発展する。

共産主義国家が昔ながらの農業を理想とし、革命を正当化し、自由意見や、宗教や他の思想を制限し、迫害するのは、そういう考えからです。
人間の「心」よりも、動物と同じ、〔労働する猿である〕人間の「肉体」の方を貴重視するということになります。

人間はただの物質ですから、思想に合わなければ、強制収容所に送り、重労働させる、あるいは大量に粛清してもいい、ということになるのでしょう。

共産主義も、一つの考え、思想なのに、思想の元となっている「心」を否定するのですから、なんだかそこから矛盾しているというか、ずいぶん独りよがりな思想である、といえるのではないでしょうか。


共産主義が破壊するもの

共産主義が奪うものは何でしょうか。
たくさんありますが、三つあげてみます。
一つは歴史や伝統・文化、二つ目は家庭です。そして、3つ目に心(精神)。

松下圭一氏の言葉で明らかなように、共産主義というのは、家庭を破壊し、社会、国に革命を起こしていくことをよしとしています。
ですから、愛国心、道徳、倫理、宗教、秩序、忠誠心などを否定していくことになります。
既存の考え方、秩序も壊そうとしますから、目上の人を敬ったり、親を大切にしたり、伝統的なものを受け継いだり、そういう当たり前のことも無価値なものとしていきます。

日本は自由主義の国なんだから、大丈夫と思っているでしょうが、この日本や欧米などには違う形でコミュニズムが入り込んでいます。


共産主義が生み出す「無責任」


「自由」には責任が伴うものなのであって、無責任になれば、それは自由気ままな自分勝手に過ぎないのですが、「自由」「個性の尊重」を逆手にとって、家庭や社会の絆を奪うものがあります。
一人一人が責任を持って、家庭の一員として、社会の一員としてその役目を果たすのが健全な自由主義の国のはずなのですが、権利ばかりを主張し、自分勝手をするのは、自由のはき違えにすぎません。

また、家庭をバラバラにする個人主義、無関心、無感動、無責任とは、実は共産主義の変形だと思うのです。大きく影響を受けているのでしょう。同じ空気を感じます。

日本の政府もそうですが、マスコミにはこの「無責任」の空気がみなぎっています。
3年半前、左派の政党をマスコミも祭り上げながら、国民が与党としてしまったのです。
これこそ後の祭りというわけで、自分たちが祭り上げていたことなどなかったかのように、民主党が降りるまで与党批判をしていました。マスコミには「責任」を取るという姿勢が欠如しているような気がします。

無責任、というのは尊敬できる大人の態度ではないということです。未成熟で子どもであると言われても仕方がありません。そして、共産主義に影のように付いているのも、「無責任」だと私は思っています。


個人主義と恋愛にご用心?!

個人主義を進めるものは、すべて日本人のもっていた良さを奪い、強さを解体し、絆を弱めるものです。

日本人が勉強しなくなり、楽しいことに興じてばかりいるようになったことは、本当に憂えることだと思うのです。
ギャンブル、酒、女とその次に麻薬、それくらいたいしたことではない、と思うようになってはいないでしょうか。

子どもも勉強を強制されません。テレビにゲーム、人をバカ(無能)にしていくものばかりです。
本を読まなくなりました。本の中にも、よくないものも多いのに、ゲームとは何も生みません。一生懸命勉強する時間を、ゲームに費やしています。

また、究極的な個人主義は、恋愛至高主義かなぁと思います。私のような恋愛ドラマ好きで、恋愛小説を書いているような立場の人がいうのはなんですが、「恋愛」という中に不倫や性愛が絡んでいるのが、怖いのです。
このことは、ちょっと簡単なテーマではありませんが、何かの思想を注入する一番簡単な方法は男女関係です。
スパイ映画でも、美女が男性に接近してうまく引き込むではないですか。
今の誰とでも肉体関係を持つというような、若者の性の解放というものも、日本を弱くしているものの一つです。

こういうものは、共産主義とは関係ないように一見見えます。自由主義国家で蔓延しているものですが、これは物質主義であって変形した共産主義ともいえるのではないでしょうか。

戦後日本の教育、マスコミ、政界…様々なところに、コミュニストが入り込みしっかり土壌を作ってきたのです。
私たちはそういう教育を受け、テレビに毒され、週刊誌に躍らされてきました。


政治においても、安倍政権となって何もかも万全かというと、もちろんそうではありません。
従来の自民党政権では、政策も保守的ではなく、むしろ左派の手法を使ってきたといいます。そして、とうとう政権を奪われてしまった魔の3年間で、相当な多くの穴のあいた内容を埋め直さなければなりません。
アベノミクスは、崖っプチに立っている日本のもうこれしかないという策だと思います。

今でも、私たちは知らない間に、共産主義には一見見えない、新タイプのウィルスに無防備に犯され続けている、と考えた方がよいのではないでしょうか。

「心」を失くすこと、個人を主張するあまり、温かい家庭や社会を壊していくこと、こういうことは、私たちの豊かで美しい日本を汚し、私たち一人ひとりの持っている個性や可能性というものを、逆に壊し損(そこ)なっていくものだと思うのです。

永田町の記者の間で言われていたジョークは笑えるけれども、笑ってはいられないジョークです。民主政権は偉業(?)を成し遂げ、退散してはくれましたが、とはいえ、いつでも同じような危機は私たちの周りにも潜んでいます。

私たちの国は、私たちが責任をもって、前途多難に見える状況も笑顔で吹き飛ばしていきましょう。
未来は希望です。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:Go to the sky.
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

*民主政権は3年間でしたが、すでに、1年で言われていた言葉だそうです。

今日の記事は、以前に紹介したものを、現在の状況に直し、
更に共産主義について書き加え編集しました↓
 共産主義は日本の土壌に入り込んでしまった?!「戦争反対」から「個性の尊重」まで、これも左派思想?


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


2013年06月23日

映画も好評!! 「本当に大切なことは目に見えない」?! 『奇跡のリンゴ』の木村秋則さんの言葉  ・・・★富士山、世界遺産決定!!


蜜入り りんご


自然には何一つ無駄なものはない。
私は自然が喜ぶように
お世話をしているだけです。


木村秋則
(リンゴが教えてくれたこと)より






予告編◇


今月8日から、映画「奇跡のリンゴ」が上映されています。
阿部サダヲ、菅野美穂が夫婦役を演じ、好評なようです。

そこで、奇跡のリンゴの木村秋則さんを、今一度紹介したいと思います。

木村秋則さんは、世界で初めての画期的な自然栽培のみによるリンゴの開発を成功させた方です。
そこに到るまで、9年もの歳月がかかり、一度は自殺しようと思いつめたほどでした。その時に不思議なものの導きで、答えを得たといいます。

もともと不思議な体験を多くされた人で、講演会場で、大きな光を伴って現れて、会場の人たちを驚かせたり、龍に会ったり…、と嘘みたいな信じがたいお話をもつ、不思議の実体験者のような方のようです。

こんな記事を見つけました。木村さんが「良寛和尚の言葉で」として、ハイキングウォーキングに言った言葉です。

「真っ直ぐなものは真っ直ぐ使う。曲がったものは曲がったなりに使う。努力はしなくちゃいけないけど、下手なら、下手なのがあなた方にとっては芸になる」


「13歳からの道徳教科書」という本にも取り上げられていましたが、いくつかの著書から、木村さんの言葉を拾ってみました。



結局、私は死に損ねたのです。
これほど追い詰められなければ
答えが見えないとは、
なんと自然は残酷だろう、
と当時は感じました。
しかし、今では
そこまでジタバタ頑張ったご褒美に、
自然が少しだけ答えを見せてくれたのかな
とも思っています。


(「自然栽培ひとすじ」により)


隠れている真実を追究する者だけが、
ものごとを成し遂げられるのです。
その過程で味わう桁外れの失敗、
噛みしめた挫折の量が成功のもとです。
見ることのできない地下部との格闘で
かいた汗は、
裏切ることなく地上部に現れてきます。




作物がうまく育たないとき、
それを土のせいにはしません。
ずっと前からそこに存在している土のほうが、
突然来た作物を嫌がっている、
わたしはそう考えます。


(「すべては宇宙の采配」より)





リンゴが実をつけてくれるようになったのは、
「本当に大切なことは目に見えない」
と気づいたときです。
それまでの私は、
普段、目に見えている部分ばかりに
気を取られ、
「本当に大切なところ」を
まったく見ていませんでした。
そして、自分の力でリンゴを実らせるのだと
勘違いしていました。
しかし、それは大きな間違いでした。
人間にできることは、ほんの少し。
自然の大きなつながりのなかで、
たくさんの生命が助け合った結果、
リンゴが実るのです。
「目に見えないもの」の大切さに気づいたとき、
私はようやくそのことを
理解することができました。

目に見えないものを見ることは、
人間は何でも知っているという
傲慢な考え方をやめて謙虚になること。
地球に生きているたくさんの存在に思いをはせ、
想像をめぐらすこと。
そして、
目に見えないものを見ようと努力することです。
そんな目に見えないものを見る力が、
奇跡を起こす力になると思うからです。


(「奇跡を起こす 見えないものを見る力」より)



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:蜜入り りんご
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います
http://kuri-ma.seesaa.net/article/316606047.html

  


「富士山、世界文化遺産への登録決定」
いよいよ現実となりました。
これからも富士山を愛し、誇って
美しさを維持させたいですね。^^
日本一の山は、今や世界も認めるものとなりました。



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


2013年06月22日

《感動エピ》彼があきらめなかった理由は?! 奴隷解放の人、リンカーンの不屈の人生!! ★52歳母、高校生娘の身代わり受験!!


2013.06.21 和泉川 ムラサキシキブ


しっかり心に決めれば、
それだけで目的は半分達成されたも同然である。
きっと成功してみせる、
と決心することが、何よりも重要だ。


エイブラハム・リンカーン



「心に響く小さな物語」今日は、この人のエピソードです。


彼は片田舎の丸太小屋で生まれた。
学校は貧しさのために断続せざるを得なかった。
彼が正規の教育を受けたのは、
合計しても一年に満たない。

20代になって事業を起こす。
だが、失敗した。
その上、恋人の死という悲運に見舞われ、
自身は神経衰弱を患う。

その中でも彼は独学し続けた。
そして27歳の時、弁護士の資格を獲得する。

労働に明け暮れた経験。
弁護士活動で得た見聞。
それが止みがたい夢と激しい志を育み、
彼を政治へ駆り立てた。
だが、なだらかな道ではなかった。

30代では下院議員選挙に2度、
40代でも上院議員選挙に2度、
落選した。

47歳の時、
副大統領選に立候補したが、
これも落選した。

しかし、彼は逃げなかった。
夢と志が逃げることを許さなかった。

そして大統領の座を射止めたのは51歳の時だった。

彼は南北戦争を戦い抜き、
奴隷解放という新しい歴史を切り開いた。

彼の名はアメリカ第16代大統領
エイブラハム・リンカーンである。

 藤尾英昭=文
「心に響く小さな5つの物語U」 第4話 歴史創新より



リンカーンは幼少期から、奴隷制度に反対する厳格な宗派の教会に通っていました。特に母親は敬虔なクリスチャンだったようです。

エイブラハム・リンカーンのエイブラハムは、聖書の義人アブラハムの英語読みです。インディアンの襲撃で亡くなったという祖父の名前を受け継いだのだそうです。

貧乏な生活、苦労と失敗の連続でした。

そんな中、幼少期に母が何かあるたびに、「一緒に祈ろう」と言ってくれたことが、彼のその後の人生を助けたといいます。
そうやって祈ると悪魔のささやきが聞こえます。
「お前は何をやってもできない。今までもそうだったじゃないか。あきらめたほうがいい」
それでも更に祈ると、「お前にはもう1度立ち直る力がある」と背後に神を感じて、何度もあきらめそうになる瞬間を乗り越えていったといいます。

リンカーンの不幸というのは、上のエピソードでも足りないくらいです。
まず、9歳で実の母が亡くなります。2歳上の姉も彼が19歳の時に亡くなります。
結婚後も、4人の息子のうち3人までが成人せずに死亡しています。

このように不幸が重なるとは、先日紹介した三浦綾子さんの言葉ではありませんが、神様がこの人なら乗り越えられると見込んだからかもしれません。

彼は奴隷解放で有名です。脚色があるかもしれませんが、若い頃に奴隷市場を目撃して衝撃を受け、奴隷解放のために政治家になったのだという逸話もあります。

リンカーンは56歳で暗殺され、生涯を閉じましたが、成したことは多かったのではないでしょうか。(56歳はスティーブ・ジョブズの没年齢と同じですね。)

彼の直系は今では残っていません。
血筋としては母の実家のハンクス家はずっと続いていて、俳優のトム・ハンクスはその一人だそうです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ムラサキシキブ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



こういう母親もいるんですね。
ばれないと思ったのでしょうか。
娘は5年間も大学に進学することはできないとか。



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら