さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年06月30日

本格的な夏を迎える前に?! 「夏越祭り」《金子みすゞ詩の世界》 ★あやめ祭りの「嫁入り舟」


菖蒲と新緑




6月30日といえば、一年の半分が過ぎる晦日ということになります。

夏の間の無病息災を祈る節目のお祭り、夏越(なごし)祭りは、本来、陰暦の6月30日に行われていました。



「 夏越(なごし)まつり 」


ぽっかりと
ふうせん、
瓦斯(ガス)の灯が映るよ。

影燈籠(かげどうろう)
人どおり、
氷屋の聲(こえ)が泌(し)みるよ。

しらじらと
天の川、
夏越祭の夜更けよ。

辻を曲れば
ふうせん、
星ぞらに暗いよ。


金子 みすゞ
「さみしい王女」より




先日、夏至(げし)祭りの話をしました。夏至は陽暦の6月21日頃かと思いますが、京都の上賀茂神社はその昔は、陰暦の6月30日に行われていました。
時期的に夏至と重なり夏至祭りと一緒になったりしているのだと思われます。

陰暦でいえば、6月30日を過ぎれば、もう盛夏です。現在では各地の夏越祭りは7月末頃にやることが多いようです。

上にあやめ祭りのニュースを載せました。「嫁入り舟」というくらいですから、もともとは花嫁が乗ったのでしょう。これは、新郎新婦そろってのパフォーマンス的なものになっていますが、あやめをバックに絵になるからいいでしょう。

あやめは菖蒲とも書き、文目、綾目とも書きますね。
菖蒲は尚武・勝負に通じるとして、端午の節句につきものです。
これも陰暦なので季節がずれ込んでいる感がありますね。本来は今の6月頃で、ちょうどよいですから、きっと花を添えることができたでしょう。
(ちなみに、菖蒲湯の菖蒲と、花の菖蒲(あやめ、しょうぶ)は全く別物だということですが。)

一年の半分を大切な切れ目とすれば、6月30日に夏越祭りをするというのが、季節にもピッタリの気がするのですが、日本の数々の伝統行事からすれば、チグハグ感が拭えません。

月遅れにするなど、行事や地域により、対応がまちまちなんですね。
陰暦は陽暦にすると年により大きく違うからか、8月の終わりごろに夏越祭りをやる地域もあるようです。

お正月、お盆などの大切な行事ですら、アジアの他の国々では陰暦のまま祝っていますが、日本だけは陽暦に切り替えてしまっています。なんとなくすっきりはしないですが、仕方がないのでしょうか。

とはいえ、大晦日に大掃除をして、新年を迎えるように、6月の晦日の今日も、いろいろ整理をして、夏を迎える準備をするのがよいかもしれません。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:菖蒲と新緑
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


2013年06月29日

欠点だと思ったほくろが強運の印だった?! 「一流の顔」より 《なんで運勢が見えるのか・観相篇1》


蝶の夏♪


香水は臭い香りを一滴混ぜると、
他の香りを引き立てて
素晴らしく良い香りができる
良い香りばかりを集めても
いい香りはできない




見えない運勢が、人の体に印として表れることがある、それが手相や観相というものです。
手相の話は2回くらいしましたが、今日は観相にまつわるエピソードを紹介します。

人の顔というものは、隠しようもないその人の運勢が表れるものだといいますが、TV白黒時代よりNHKのアート美粧部に在籍し、10万人の素顔を見てきたという岡野宏さんの著書から取ったものです。



「一流の顔」


「俺のこのさー、下がった目はどうにかならないすかー」
 中村雅俊さんが部屋に入ってきた。
 ジャージ姿で入ってきた雅俊さんは、顔に似合わず低音のかっこいい声をしている。
 「どれ、どれ。」
 私は鏡越しに雅俊さんの顔を見た。
 なかなかいい顔をしている。
 確かに下がっているが人懐っこく愛嬌があっていい目だった。
 もし、中村雅俊さんの目が二枚目風の凛々しい目だったら彼はここまで人気が出なかったろう。
 私は、雅俊さんに話しかけた。
 「雅俊さんの周りには、人が集まってきますよね。初対面の人でも雅俊さんには親しそうに話しかけてるでしょう。」
 「そうだね。」
 「それって、垂れ目のせいですよ。温かそうで、優しそうな顔に見えますからね。」
 「そうなの。」
 「雅俊さんが役者としてここまでこれたのは、その目のおかげかもわかりませんよ。」

 顔の中で人と大きく違う部分を欠点と感じる人は多い。
 私に言わせれば人より大きいとか小さいとか、上がりすぎ下がりすぎは欠点ではなく個性である。
 人と違えば違うほどその人の「売り」になる大切な場所だ。

 渥美清さんも若いときは、あの額の大きなホクロをとろうかとるまいか悩んでいた。
 今となっては、あのホクロは渥美さんの宝である。

 ある女優が「きっとあなたのホクロを取ったらもっときれいよね。」と言われ続けていた。
 その女優は悩んだ末ホクロを取ったのだが、そのとたん仕事が減ってしまった。

 逆に、吉永小百合さんが「夢千代日記」に出演されていたときは、ファンデーションを塗った後に、わざとホクロを付けていた。

 ホクロやアザやソバカスというのは意外とよいアクセントになるのだ。

 山野美容芸術短期大学の副学長で化粧品化学を担当されている内堀教授に面白い話を教えていただいた。
 「香水は臭い香りを一滴混ぜると、他の香りを引き立てて素晴らしく良い香りができるんです。良い香りばかり集めても良い香りは出来ないんですよ。」

 人の魅力も同じだ。
 全てに完璧な人よりも、どこか人と違い外れているものがある方が全体の魅力は増して見える。
 欠点と思いこんで変えてしまうのはもったいない。
 自分を助けてくれているものは、実は欠点と思っている部分なのかもしれない。
 欠点を隠す前に、その良さを探ってみてはいかがだろうか。
「一流の顔」 岡野宏著 幻冬舎
(メルマガ 「人の心に灯をともす」 No1166より)


岡野氏は、1940年、東京生まれ。
TV白黒時代よりNHKのアート美粧部に在籍し、歴代総理から馬の顔まで約10万人のメークを行なってきた。
アンパンマンの作者、やなせたかしさんはこう語る
「人間は欠点のない人を好きになりませんよ。」
弱い所があるから強い部分が引き立つし、短所や欠点があるから長所やいいところも生きてくる。
無表情で無感動の感情を決して表さない人より、悲しいときや、面白いとき、嬉しいときに、大いに泣き、笑い、楽しむという、喜怒哀楽の激しい人の方が数万倍魅力的だ。
「欠点は個性」
もう一度自分の欠点を見直し、そこに感謝する必要があるかもしれない。
----------------------------------


もともと、メルマガで紹介されたものが広く伝わって、いろいろな人が紹介しているのですが、今日は「1分で感動」からの転載です。
後半部分はそのサイトの運営者、吉永圭祐さんが書かれているものだと思います。

欠点にしか見えないほくろや、垂れ目などが、人に好印象を与えたり、運勢を良くしたりするという分かりやすいお話だと思い、紹介しました。
また、「見えない運勢がなぜ見えるのか」というお話をしていきたいと思います。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:蝶の夏♪
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 手相は統計学?! 神が置いた印?! マイケル・ジョーダンの手相とは… なんで運勢が見えるのか(2)
 「最近生命線が短くなったようなのです?!」なんで運勢が見えるのか(1)


 


「大迫力!露店ぎりぎりを列車が通る、タイ・メークロン市場」



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | なんで運勢が見えるのか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

「雨の日には雨の中を 風の日には風の中を」 何をやっても思うようにならない時に、根は育つ?! 《相田みつをの言葉》      ★赤の食器は食欲抑える?!


梅雨は嫌だね。


何をやっても思うようにならない時
上にのびられない時に
根は育つんだから


相田みつを



今年は入梅(つゆいり)が早かった分、早く明けるかというとそうではないようで、長い梅雨になりそうです。
うっとおしい梅雨空、「雨の日には雨の中を」の検索数が増えるのも、季節柄だと納得します。
いつか紹介したときは、秋でしたが、今回は季節が違うということで、もう一度取り上げることにしました。

冒頭にあげた言葉は、「雨の日には雨の中を」の最後の部分です。

八方ふさがりの四面楚歌。何もかもうまくいかない。上に伸びたくても伸びることができない、そういう時に根が育つのだ、と。
それを、「いのちの根」が育つと表現されています。
相田さんがよくされる表現ですが、人から見えない心の部分をいうのでしょうね。

aida4.jpg



「 雨の日には雨の中を
風の日には風の中を 」


暖かい春の陽ざしを
ポカポカと背中に受けて
平らな道をのんびりと歩いてゆく
──
そんな調子のいい時ばかりではないんだな
あっちへぶつかり
こッちへぶつかり
やることなすこと
みんな失敗の連続で
どうにもこうにも
動きのとれぬことだってあるさ、
当にしていた
友達や仲間にまで
そッポをむかれてさ
どっちをむいても
文字通り八方ふさがり
──
四面楚歌ッてやつだな
それでも
わたしは自分の道を自分の足で
歩いてゆこう
自分で選んだ道だもの
──

雨の日には雨の中を
風の日には風の中を

涙を流すときには
涙を流しながら
恥をさらしながら
口惜しいときには
「こんちくしょう!!」と
ひとり歯ぎしりを咬んでさ
黙って自分の道を歩きつづけよう
愚痴や弁解なんて
いくら言ったッて
何の役にも立たないもの
──
そしてその時にこそ
目に見えないいのちの根が
太く深く育つ時だから
何をやっても思うようにならない時
上にのびられない時に
根は育つんだから
──

雨の日には雨の中を
風の日には風の中を
──

相田 みつを

「自分の花を」より


「雨の日には雨の中を 風の日には風の中を…」とさらっと読むときれいな詩なのですが、これって簡単なことではありません。

どんな天候や逆風の時にも、頼れるものはなくても、自分の足で歩いていくという覚悟、これ、当たり前のようで当たり前にはできません。
そうするしかないから、と思っていても、力が沸いてこなかったりします。

「いのちの根」がたくましく育つのだ、と見えない未来を見据え、人様からは隠れている自分の心を正しくたくましくしていくこと、これは簡単ではありませんね。

目指しているものがブレやすい私たちです。
ちょっとの雨で流され、ちょっとの風で倒され、ちょっと日が照れば萎れてしまう、そんな根がない生き方をしていてはだめだなぁ、と思います。

太くたくましい根にしていきたいですね。

そして、そういう私たちの生き方は、子どもたちの命の糧になっていきます。
種芋のような立場でしょうか。
また、私たちの苦労は私たちの根を育てるだけでなく、よい土壌を作り、未来の子どもたち、未来の国や世界をよくしていくための肥やしにもなるのです。

未来を見据えるということは、自分勝手な自己中ではできません。その日の雨がしのげればいい、というような場当たり次第では、根無し草のようなもの。

私たちはいずれ命が尽きて、この世を去るときがきますが、「命の根」というのは、その時に初めてその深さ、太さが見えるのでしょう。命の根とは「魂」ともいえるのではないでしょうか。
見えないけれど、隠れているけれど、あるものは、ある。

今日、また雨が降っても、雨の中を、風が吹いたら風の中を、暑い日には汗を流しながら、自分の足だけでなく、電車や車も使いながらでも、歩いていく。
もう少し、私のために、家族のために、一歩を進みましょう。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:梅雨は嫌だね。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

http://kuri-ma.seesaa.net/article/296445795.html
何をやっても思うようにならない時…「雨の日には雨の中を 風の日には風の中を」相田みつをの言葉


「赤は食欲抑え、プラスチックスプーンは食べ物を高価に 英研究」



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 相田みつをの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする