さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年05月19日

大切な人が自殺しないための3つめの提案?!  〜「祈り」のすすめ〜 ★お国言葉で励ます「自殺防止アプリ」★映画「自殺者1万人を救う戦い」etc.《自殺ニュース》


2013.05.13 追分市民の森






警官が拳銃で自殺したと見られる事件で関心が高まったのか、自殺に関する私の過去の記事も多くの人が訪問してくださっています。
先日「大切な人が自殺しないための2つの提案」をしました。

1. あなたが大切だ、
つまり生きていてほしい、と伝えること。

2. 死んだらどうなるか、
自殺したらどうなるかを知らせること。


家族の愛情と生死についての知識、これは自殺を抑える大きな要因になることでしょう。

もう一つ付け加えるなら、環境を整えるということです。
つまり、自殺しにくい環境にする、ということです。

具体的には、一人にしない、ということです。
精神的に寄り添う人、いつも相談できる人がいれば、自殺にはなりませんし、一緒に誰かと笑っていれば、自殺しようという気もなくなります。
いざというときにも、一人にならなければ、自殺を図ることもできません。

その環境を誰が作るのか、ということですが、それは、私でしょう、ということになるかと思います。
まず、家族のために愛情を与え、知識を与え、家族が触れ合う環境を作る。
国が悪いから、政府が、社会が、会社が、誰それが彼を自殺に追い込んだ、というかもしれませんが、そういうことではなく、私自身が責任をもっていくしかないのでしょう。

日本の自殺を減らそうと取り組んでいる自費制作のドキュメンタリー映画があります。
この映画「自殺者1万人を救う戦い」のラストのメッセージです。

私たちを救うのは政府の責任じゃない。
私たちはただ責任転嫁しているだけだ。
誰かの命を救うために必要なのは、話をじっくり聞く、ただそれだけのこともある。
自殺との戦争の敵を探しているのなら、鏡をのぞき込んでみればいい…。


誰かのせいにして、自殺するとしても、自殺は自殺です、その人にとっても、遺族にとっても不幸にしかなりません。

結局、自殺に人が追い込まれるのは「孤独」ゆえです。
また、日本には自殺に対する美徳があり、死んで責任を取ることを潔いととらえる傾向があるということです。

監督であるアイルランド人のレネ・ダイグナンさんは、こう語っています。
「自殺を考えている人を特別な人たちだと思ってはいけません。
私たちはみな当事者です。
ですから、私はこの問題を社会問題として、オープンに話せるようにしたいのです。」

「日本でまず取り組むべきことは、自殺の問題について話し始めることです。
自殺問題について他の国との違いは、日本では自殺のことについて議論があまりされていない点です。
映画で一番訴えたかったのは、時間をとって問題を抱えている人の話に耳を傾けようということです。」


自殺の名所で、死のうとしている人に声を掛けて、悩みを聞いてあげる人のことが、この映画でも紹介されているということ。

思い詰めて死のうと考えても、こういう人たちの働きかけで、救うこともできるのです。
たった一人の人が話を聞いてくれただけで、救われることがある…。

大切な家族なら、なお更です。


そのために、私が今日提案するのは「祈り」です。

自殺を防ぐための環境作り、と簡単にいいますが、日々の積み重ねでしょう。
一に愛情、二に躾、家族の会話にスキンシップ…こんなことも、一日できたからいいというわけではありません。

だから、毎日のように、「愛している」「あなたが大切」「大好き」という愛情を伝え、また相手の心を受け止めていけるのがいいのでしょう。

分かっていてもできない、どのように愛情をかけたらいいか分からない、そんな場合は、挨拶と、「ありがとう」と感謝の言葉を伝えたり、簡単な言葉がけから。
うざいと思われても、朝の見送りをしてあげるとか、ただ傍にいてあげるだけでもいいのです。

簡単ではない環境作り、それを助けるのが「祈り」です。

家族の環境について危険なもの、悪いものに対しては、防御・殺菌効果があります。
反対に、よいものについては、更にパワーアップ効果があるのが、「祈り」です。

家族や大切な人のためによく祈ってあげてください。
心をこめて祈ることは、家族を守ることになります。口で言っても伝わらないようなことも、祈りにこめるといいのです。

祈っている土台があると、愛情も伝わりやすいのです。
祈りは底をついていた愛のパワーを充電してくれるようです。

家族を守りたいからといって、始終ついて回るわけにはいかないのですが、祈りが、目に見えないバリヤーのようになって、悪いものから家族を守ると考えたらいいでしょうか。
何かの時にお守りをもたせてあげたりしますが、それは、思いがこもっているから、効果があるのです。

自殺という悲劇を避けるために
1. 子どもや家族、大切な人に、あなたが大切だ、つまり生きていてほしい、と伝えること
2. たとえ死んでも、見えない心(魂)は残るということを知らせること
3. ひとりにしない(精神的に寄り添う。触れ合いの多い環境にする)


そのためにも、祈りましょう、ということです。

私たちの家庭が、社会がそうなっていったら、いいですね。
そうして、何より私自身が、愛情と生命力の溢れる人になって、自殺できないパワーを発散していければ、と思います。
今日も充電して、スタートしましょう。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:追分市民の森
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います




◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


2013年05月18日

《感動エピ》マザー・テレサの胸をふるわせた、行き倒れ女性の最期の言葉?! 「Thank you」 ★ベッカムの写真集etc.関連ニュース


2013.05.16 和泉川 デロスペルマ・クーペリー


貧しい人々が一番求めているのは、
哀れみではなく、愛なのです。


マザー・テレサ



マザー・テレサは様々な活動をしましたが、「死を待つ人々の家」というホスピスを開き、「あなたは、この世にのぞまれて生まれてきた大切な人」だと語りかけ続けました。
幸せな最期を迎えてほしいという思いで誠心誠意世話をし、多くの人を送り出してきました。

今でもマザーの遺業を継ぐ人たちは、彼女の生前どおり活動を続けています。

そんなマザー・テレサも、偉大な人だったとはいえ、ひとりの生身の人間ですから、多くの人から、感動や力を得ていました。それが原動力となり、更に次の活動の活力となっていたのでしょう。

愛を与えることによって、消耗する、というのではなく、逆に相手から返ってくる愛が大きかったりするんですね。

マザー・テレサも感動したというエピソードを2つお伝えしましたが、今日は3つめです。



『人間を偉大にできるもの』


ある晩、マザー・テレサは路上から 非常に容体の悪い女性を救い出し、世話をしました。
その女性は、今にも死にそうなほど衰弱しているようでした。 マザーは、心をこめてその女性の体をふき、 スープを飲ませ、あたためてあげました。

そして、ほほえみながら、
「つらかったでしょう。もう安心していいのですよ」
と何度も語りかけました。 しかし、その女性はずっと無言のままでした。

言葉を発するのも苦しいほど体が弱っていたのです。 しかし、時間がたつにつれ、体の衰弱とは逆に、 その顔には美しいほほえみが輝いてきたといいます。

彼女は臨終の間際、マザーの手を取り、 たった一言を、最後の力を振りしぼるように言ったのです。
「Thank you(ありがとう)」

そのまま、彼女は静かに目を閉じました。

彼女の亡き骸のかたわらで、 マザーは胸をふるわせ自問せざるを得ませんでした。

「もし、私が彼女の立場だったら、何と言っていたのだろうか」
おなかがすいています。死にそうです。 寒いんです。体のあちこちが痛いんです。
自分ならそう言っただろうとマザーは謙虚に考えます。 けれども、その女性は、自分の不幸を呪うこともなく、 不平不満を口にもしませんでした。
それどころか、ほほえみを浮かべ、 感謝にあふれる言葉を残して旅立ったのです。

マザーは後に語りました。
「そのように死ぬことができる人間の偉大さに立ち会えたことは、  
とてもすばらしいことでした」

自分の不運をすべて呪ってもいいような人が、 最期の瀬戸際に力を振り絞って残して逝ったものは感謝の言葉でした。

それは人間の偉大さの表れだとマザーは感じ入ります。 人間の心は、こんなにも偉大で美しいのです。

ところで私たちは、人間の心を偉大で美しいものにするものを 忘れるわけにはいきません。
なぜ、あの女性はその偉大さを感謝の言葉に託して表すことができたのでしょうか。 それは感謝できる人が、すぐ傍らにいてくれたからではないでしょうか。

孤独で貧しいあの女性は、マザーに愛され見守られて死ぬことができたからこそ、 人を最期まで愛することができました。
人は愛されてこそ、人を愛することができます。 人間を偉大にできるのは、誰かの惜しみない愛ではないでしょうか。

中井俊已著『マザー・テレサ 愛の花束』PHP研究所

いい話の広場 より転載


今日の記事の内容とは
特別関係ありませんが、
ベッカム関連ニュースなどを
下に添付しました


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:デロスペルマ・クーペリー
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います











◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 100人の村/マザー・テレサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

子宮頸がんワクチン続行?! やめるのは、今でしょう!! 増え続ける副反応報告!


山紫陽花〜鮮やか♪ (1)






子宮頸がんワクチンについての、ニュースが再び上がってきました。
厚生科学審議会で、ワクチン接種を継続するという結果となったとのこと。
今回の内容は各誌が報道していますが、副反応の詳細を調査することが決まったようです。

産経では、重い副反応は106件としていますが、毎日では861件となっています。

子宮頸がんワクチンの副反応は09年12月の販売開始から昨年末まで計約340万人(推計)が接種して1926人。このうち重い障害が残るなど重篤なものは861人に上る。副反応との因果関係は不明とする報告もあるが、重篤の報告数はインフルエンザワクチンの約40倍とされる。重篤な症例も海外の発生頻度に比べ多いという。


また、ワクチン接種とは無関係としていますが、死亡例も2件あるとのこと。

傍聴席につめかけていたという「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」の人たちが、騒ぐのも無理ないと思うのです。彼らはこれまでに、ワクチン中止の嘆願書を出したり、学校での副反応調査を要望したりという動きをしています。



私なりにこの子宮頸がんワクチンの問題をまとめ、意見を述べさせて頂きます。

1 副反応が多く、重篤になることも。
2 このワクチンで、子宮頸がんに掛からないわけではない。
3 子宮頸がんの原因対策を無視している。


今、ようやく騒がれ始めたのは、1の副反応についてのみだと思います。

2のワクチンでの予防率が、かなり低いものであり、副反応のリスクを負っても子宮頸がんに掛かる危険性はあるということも、あまり知られていません。
(効果は製薬会社によれば60%から希望的にみて70〜80%。ちなみにコンドームでも70%の予防率がのぞめます。)

それよりも、見落としがちなのが、子宮頸がんのそもそもの原因です。
性行為がなければ起こることがない病気だというのは、よく分かっていることです。

子宮頸がんの発生も、死亡率も若年層を中心としてとても高くなっています。年間で亡くなるのが2700人にも登るということです。

感染からがんになるまでには数年から10数年かかるということ。つまり、若い頃からの奔放なセックスが原因の一つとも言われています。
不特定多数、また初交が低年齢になるほどリスクが高くなるということです。

そういうことが分かっていながら、ワクチンで手っ取り早く対策を、と大金を投じて国が対策したことです。

何かがおかしいです。
かかるかもしれない恐ろしい病気を防ぐために、健康な少女に、副反応で一生を棒にふるかもしれない危険なワクチンを、打てというのです。

わかりやすくいえば、ワクチンというのは毒でしかありません。実際に製薬会社の説明書にも「劇薬」と表示されています。

何にでもリスクはあるものだ、とは言いますが、年間2700人の死者を出す病気を防ぐために、2年余りで2000件に近い副反応が確認されている、痛い注射をする方がいいのでしょうか。

なお、副反応については、未報告の事例がとても多い、ということです。今後しっかりとした調査が行われれば、もっと増えるのは確実だと思います。

子宮頸がんで苦しんだり、若くて亡くなっていく人は、依然として後を絶ちません。
怖い病気のことをよくよく知らせて、原因も知らせて、自重させるのがいいと私は思います。セックスのリスクは妊娠だけではありません。死につながる病気にかかるリスクがある、ということです。

教育現場でも、家庭でも、もともと青少年の性の問題は、妊娠や性感染症も含めてシビヤな問題でした。それを、ワクチンで解決してしまおうということは、そもそも無理があった、ということです。

コンドームの方がまだ無害な予防策です。
ただし、これも問題を棚上げしただけ。

若い人たちに言いたいことは、セックスというものをもっと大切にしてほしい、ということです。簡単にするものではないです。

一回一回の行為が魂に刻まれます。
一番大切な人ととの、幸せの未来のために取っておいてほしい。そして、それは今、ではないでしょう。

幸せな未来はきっと来ます。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:山紫陽花〜鮮やか♪ (1)
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 子宮頸がんワクチンで、娘さんに、重度の副反応! *私は泣いています。本当に 【拡散してください】
 「中学入学お祝いワクチン」は毒だった?! 危険、子宮頸がんワクチンで全国の少女たちに被害!!
 やはり危険!! 子宮頸がんワクチンで長期通学不能に!・・・副反応1千人超?!
 子宮頸がん、早期発見に検診を ワクチンは打たないで! 〜中畑監督夫人の訃報を受けて2〜
 コワい子宮頸がん、もっと怖いワクチン?! 摂取はちょっと待って!! 〜中畑監督夫人の訃報を受けて〜
 やはり危険?! 子宮頸がんワクチンで567人が失神、817件の副作用報告(厚労省)
 「摂取はちょっと待って!」子宮頸がんワクチンで副作用、日本でも死亡例が?!
 まず純潔、それがダメなら定期検診、子宮頸がん ワクチンは論外?!
 純潔な乙女は検診の必要なし?!子宮頸がんの「コロンブスの卵」


   子宮頸がんワクチンについては、カテゴリーを設けていますので、そちらからもどうぞ



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 子宮頸がん ワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする