さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年05月25日

「人は幸せになるために生きている」?! 尾崎豊の天分を引き出したプロデューサー、須藤晃さんインタビュー 〈♪尾崎豊の求めていたもの〉


1076852夕暮れのすじ雲 - コピー.jpg


またも25日。毎月尾崎豊さんの月命日に、できるだけ記事をあげようとしてきました。
今日は趣向を変えて、彼の初期のプロデューサーであり、生涯にわたってよき理解者だった須藤晃さんのインタビューから、抜粋して掲載します。

昨年、没後20周年(21回忌)を迎えた後の、ものですね。その頃発見したと話題となった尾崎豊の創作ノート(50冊)の内容についても交えながらの内容です。


【結局、人って幸せになるために生きている】

Q.彼は何を追求していたんでしょうか?

「自分探し」ってよく言うじゃないですか。本当に分かりやすいんですけど、尾崎豊は「自分がいったい何なんだろう、いったい僕は何のために生まれてきたんだろう」と。

尾崎さんは、自分探しをしているなんてことは一度も言わなかったけれども、彼は作品を発表する段階になってから「自分って一体何だろう」と探し続けていたような気がしますね。

考えると嫌な気分になることっていっぱいあるじゃないですか、人間って。普通に友達と遊んでいればいいのに、一体俺たちはなんのために生まれたんだと言われたらしらけちゃいますよね。楽しんでいるのに。そんな感じの人なんですよね、尾崎豊って。常に一回本質に目を向けないと気が済まないというか。

Q.今回のノート、読み進めていくと、「諦念」のようなものも感じます。

大人ってものごとをどんどん諦めていくじゃないですか、妥協することで次に進めるじゃないですか。彼は常に諦めたり妥協したりするプロセスの途中にいるわけです。尾崎豊って、頑張ろう、夢を諦めないで、みたいなことは言わないんですね。もっと深いというか、「人は愛の前にひざまずく」みたいなことを言ってしまう。励まされるのではなくて、普通人間が考えると嫌だなということを考えさせられるというか。「人はなぜ生きているのだろう?」ということの裏返しって「どうせいつか死んでしまうだろう」ということですよね。

命に限りがあるのに人はなぜ一生懸命生きようとするんだろうということを尾崎豊が言うと、すごく虚しい気持ちになりますよね、普通に考えると。そういうことを考えずに生きていたいですよ、みんな。時折ひとりでいる時にそういうこと考えても、まあいいか、考えても仕方がないや、となるところを、考えなさいよ、と言う人だから。

本当の幸せってなんだろうって思う。でも尾崎さんといつも言っていたのは、「人って結局幸せになるために生きている」ということ。自分だけが幸せというのではなく。家族がいれば家族と幸せを共有したいし、仲間とも幸せを共有したい。でもひとりひとりの人間の価値観も違うし、人生観も違う。だから自分がまず自由でなければならないという。哲学家ですよね。「どう生きるべきか」ということを常に言い続けていた。アリストテレスやソクラテスが自分の著書を表す前にメモを書いていたら、こういうメモだったんだと思いますね。彼は自分の考えていることを表現するのに音楽というメディアを選びましたが、音楽じゃなくて彼がもし作家みたいなことやっていたら、とても難解なものだったし、ここまでいろんな人の共感を得たかどうかわからないですよね。でも哲学的な部分というのが人の心に入り込んでいって、尾崎豊への興味を支えていると思います。


【“反逆の歌”じゃない魅力】

Q.亡くなって20年経っても、若い人でファンになる人がいますね。

今の中学生や高校生に「尾崎豊を何で知りましたか?」と聞くと「インターネットの動画サイトで見た」「すごくかっこよかった」って言われるんですよ。音楽をやっていて、彼自身見た感じがかっこいいしね。あらゆる人が持っている尾崎豊というイメージが音楽とオーバーラップしていくので違和感がない。しかも深刻な感じを与える。決して軽いものじゃない。時折青春小説を読んだ時に「わー、心の中に入ってこられちゃった・・・」って、ふっとため息をつく。そういう感じに似ていると思います。だから尾崎豊の作品って忘れられないものになるんじゃないですか。

Q.ノートを読むと、「反抗」という印象をあまり受けない。とても内省的な印象です。

尾崎さんの作品というのは71曲分しかないけど、この作品になったものを読んでも彼は現実を現実として受け止めようとしていますからね。受け止めようって。受け止めるところからすべてスタートすると。

「卒業」みたいな歌があると、みんなプロテストソングだと言う。体制に対する、学校教育に対する、親の抑圧に対する、ティーンエイジャーのプロテストソングだと言う。そうではなくて、無力な自分に対する内省的な歌だととれます。でも実際は、自分もいつか親になり、いつかものを教える先生になる、でも必ず、どうなっても人間というのは何かの支配からは卒業することはできないんだって結論の歌なんですよね。高校を出る、中学を出る、嫌な先生がいる、明日テストがある・・・そういうところから卒業したら天国みたいな世界がある、という歌じゃないですからね。結局人間というのは、そこで生きていく限り、なにがしかの抑圧の中、誰かの支配の中で生きていくしかないんだと歌っていますから。全然プロテストソングじゃないですよね。





今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:夕暮れのすじ雲 by ahiさん
「写真素材 フォトライブラリー」からダウンロードしました
無断転用はご容赦願います



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

自分を活かし相手を生かす12の「言葉」?! 「お別れの作法」その3


177746267_624_v1369275048.jpg


言葉は相手を救い、
自分を救う


矢作直樹



たとえ悔い多き人生だったとしても、「終わりよければすべてよし」としていくために、「言葉」が大きな助けになるのだといいます。
言葉の掛け方一つで、自分も相手も幸せになることもある。
今までの人生が帳消しにならないまでも、よい締めくくりにしていきたいし、させてあげたいですね。

以前に紹介していた矢作直樹さんの「お別れの作法」、書籍紹介の連載記事が一つ残っていました。
【最終回】
「幸せなお別れ」を約束する言葉がある
ダイヤモンド社 書籍オンライン
言葉の使い方一つで、人間は自分と相手の生きる活力を増減させることができます。それが「言葉は言霊(ことだま)」と言われる所以です。
言葉は相手を救うこともあれば、自分自身を救うこともあります。
やがて訪れるお別れの時に心残りのないよう、幸せに感じられるよう、日頃から心がけておきたいものです。


その中で「幸せなお別れを約束する言葉」として、いくつか紹介されていました。
ちょうど予約待ちだったその本も図書館で借りることができましたので、本の中で紹介されているものも加えてお伝えします。

病床にある人や年配の方にだけでなく、どんな人にも大切な言葉だと思います。
自分を活かし相手を生かす12の「言葉」ともいえるかと思います。

「ありがとう」 深い感謝を伝え、意識と思考を変える
「助かります」 相互扶助に感謝し、他者の学びも助ける
「おかげさまで」 背景にある「大いなる存在」を知る
「大丈夫」 安心感・信頼感を持つきっかけ
「頼りになるね」「楽しそうだね」 「なのね法則」を上手に利用する
「やってみたら」 心残りを消す言葉
「ホッとする」 疲れを癒し、感謝を伝える
「それでいいんですよ」 人生のさまざまな学びに対する感謝
「いいね」「さすがですね」 生きる活力を増大させる
「何とかなる」 恐怖感やマイナスのイメージが手放せる
「またね」「またお会いしましょう」 「また」にかけられた3つの再会
「幸せでした」 人を素直にし、生きがい、やりがいを象徴する
「いただきます」 命を頂戴する意味を知る


私も相手も幸せにし、救う言葉。
いい言葉を掛けるのは、いつからでも遅くはない、まさしく今でしょう!


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:チューリップ
by じゅんじゅんさん
タイトルクリックで写真のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

矢作直樹(やはぎ・なおき)
東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授および医学部附属病院救急部・集中治療部部長。
1981年、金沢大学医学部卒業。その後、麻酔科を皮切りに救急・集中治療、外科、内科、手術部などを経験。1999年、東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および工学部精密機械工学科教授。2001年より現職。
2011年、初めての著書『人は死なない』(バジリコ)が7万部を超えるベストセラーとなり、話題となる。


kuri-maの参考記事
    今日の記事は内容に合わせ、カテゴリーを分けました。
      「お別れの作法」のその1その2はこちらから↓
 成仏を心配するのはルール違反?! 「お別れの作法」その2 《霊界ってあるんでしょうか》番外編4
 「あの世」と「この世」をつなぐ「お別れの作法」とは?《霊界ってあるんでしょうか》番外編3
 米で反響を呼ぶ、エリート神経外科医の見た死後の世界 《霊界ってあるんでしょうか》番外編2
 天国からの「お迎え」後、安らかな死を迎える人たちが40%越?! 《霊界ってあるんでしょうか〜番外編》








◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


2013年05月23日

《感動エピ》愛犬は天国に着きましたよ!・・・「神様からの手紙」?!  ★おじいちゃん選手も参加!体操フェスティバルetc.《ほのぼのニュース》


ネモフィラの海にポピー小島。


愛犬を亡くして悲しむ少女が神様に手紙を書くと…なんと返事が!!
感動のメッセージです。


以下は私の元に届いた一通のメールですが、伝えずにはいられないよい内容だと思い、紹介します。

-------------------------------------------------------------------------
私の家ではアビーという14歳になるメス犬を飼っていましたが、先月、病気で亡くなってしまいました。4歳の娘、メレディスはずっと泣いて、「どんなに寂しいか」を訴えていました。

そして、娘は、こんなことを言いました。
「神様に手紙を書いたら、アビーが天国に着いたとき、
神様はちゃんと『アビーだ』ってわかってくれるかな」

私は娘が話す言葉を書き留め、手紙をしたためました。

「神様、アビーがいなくなり、とても寂しいです。
どうか天国でアビーと遊んであげてください。
アビーはボール遊びと泳ぐのが好きです。
神様がアビーを見つけたとき、
すぐに私の犬だと分かるように、写真を送ります
本当にいなくて寂しいです。
愛をこめて メレディス」

手紙を封筒に入れ、娘と一緒に写ったアビーの写真を同封しました。封筒には「天国/神様」とあて名を書き、私たちの住所も書き添えました。
メレディスは天国に届くようにと、たくさんの切手を貼りました。
そしてその午後、娘の手で郵便局のポストに投函したのです。

手紙が届いたか心配する娘に、私は「きっと届いたよ」と励ましていました。

すると昨日、家の玄関前に金の紙で包まれた「メレディスへ」という小包が置かれていました。
娘が開けてみました。
中にはRogersの「ペットが死ぬ時」という本。
そして、そこには“神様からの手紙”が添えられていました。

「親愛なるメレディス。
アビーは無事天国につきました。
写真が入っていたので、すぐにアビーと分かりましたよ。
もうアビーは病気ではありません。
アビーの魂は、私と一緒に、君の心にずっといます。
アビーは君といるのが大好きでした。
天国では体を必要としないので、写真を入れておくポケットがありません。
だから、君がアビーを思い出せるように、この本と一緒に写真を返します。
素敵な手紙をありがとう。
それから、手紙を書くのを手伝ってくれたお母さんにお礼を言ってください。
とても素晴らしいお母さんですね。
私が特別に君のために選んだお母さんなのですから。
毎日祝福を送ります。そしていつでも君をとても愛しているということを、忘れないでください。
ところで、どこにいても、そこに愛があれば、私は簡単に見つけられるんですよ。
愛をこめて
神様より」

-------------------------------------------------------------------------
誰がその返事を書いたかは分かっていません。
しかし、米国郵便公社の配達できない手紙を扱う部署には、美しい魂があります。



9b2bf65c91389cbab764ba24b46c6888ca5475ee.jpg


この内容は「天国からの手紙」として、以前からいろんなところで紹介されているもので、私もフェイスブックで見つけました。
もともとは、アメリカのニュースサイトの記事の内容だということです。

米国の4歳の女の子が愛犬の死を受けて、神様に手紙を送ったという話が米ニュースサイトのニュースバインで紹介された。

このエピソードに感動した読者からは、
「少女とこの犬との愛情を超えるものはない」
「返事を書いた人がとても素晴らしい」
「記事を伝えてくれてありがとう。泣きながら読み返している」
など、賛辞の声が多々寄せられている。


これが、フェイスブックで見つけた内容に添えられた情報です。

このエピソードのそもそものニュースバインの記事が分かればいいのに、そう思っていたら、英文を載せているものを見つけました。
おそらくこれが元かと思いまして、分かりやすい文だったので、フェイスブックで回っているものを元に手直ししてみました。分からない箇所もあり、完璧ではありませんが。(どうか英語の分かる方、訳してみてください!)

きっとこの手紙のように、神様は、彼女をそして私たちを見守り、愛してくださっているに違いないと思うのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ネモフィラの海にポピー小島。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

《参考》
 A Letter from "God" / 神様からの手紙 ←英文はこちらから
 「天国からの手紙」←フェイスブック涙が止まらないさんのページより
 






◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら