さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年04月28日

「おかげさま」をお守りに?! 「人の心に光を灯す」 心に響く感動エピソード!


藤滝。


おかげさまを
お守りに
生きていく




今日は「おかげさま」ということをテーマにしてみます。
先日、フェイスブックを通して知った動画をまず紹介します。




これはおそらく、コマーシャルフィルムかなぁとおもいますが、ちょっとかけた親切が伝染するように、人から人へ、伝えられていくというものです。
ようするに皆が順々に「恩送り」をしていく、というストーリーです。

言葉がないのですが、よく分かり、子どもに教えたら何度も見ていました。最後のオチが、子どもなりに気分がよかったようです。

これは出来すぎた話なのかもしれません。しかし、普段から人に親切にすることが身についていたら、親切が回りまわって、自分にも返ってくることでしょう。

人から受けた親切の感動を、その人には返せないけれど、他の人に親切にすることで、返していく「恩送り」。
そういうことをよくしている人は、「おかげさま」というものにも、自然に通じやすい生活をすでにされていることでしょう。



「おかげさま」という言葉はいいですね。
自分がこうしていられるのも、すべていろんな人のおかげさま、具体的には見えなかったとしても、陰に隠れて見えない人の労力や祈りがあって、私たちの生活は成り立っている。
「いただきます」という言葉に、いろんな人への思いを込めるのにも似ています。

それは、無形の神様や亡くなった大切な人たちが守ってくださっている、という感謝の思いにも通じるでしょう。

「心に響く小さな5つの物語」という「知致」出版社というところから出ている本があります。
いろんなブログやSNSなどでも紹介され続けている感動的なエピソードが書かれています。

今日はその中の一つのエピソードを紹介しようと思ったのですが、ググってみると、この本とほとんど同じものをみつけました。
どちらがネタ元なのか、両方に書かれていないのでわかりませんが、ですます調であるのと導入がわずかに違うだけですが、こちらを選ばせて頂きました。


「人の心に光を灯す」


今朝は聞くともなしに聞いていたラジオから流れてきた人の心に光を灯すというお話をさせて頂きます。
A子さんの生家は代々の農家です。もの心つく前に母親は亡くなりました。でも、寂しくはありませんでした。父親にたいそう可愛いがられて育てられたからです。
父親は働き者でした。また、村の為にも尽くしました。行事や共同作業には骨身を惜しまず、事があると、まとめ役に走り回っていました。そんな父親をA子さんは尊敬していました。
しかし、A子さんが高校三年生の十二月のある朝、悲劇が起きました。父親の運転するトラクターが、居眠り運転のトレーラーと衝突したのです。
病院に駆けつけたA子さんへの父親の最期の言葉です。
「これからは、お前一人になる。いいか、これからは『おかげさま、おかげさま』と、心の中で唱えて生きてゆけ。そうすれば、必ずみんなが助けてくれる。『おかげさま』をお守りにして生きてゆけ。」と言い残しました。
父からもらった「おかげさま」のお守りは、彼女を裏切りませんでした。親切にしてくれる村人に、A子さんはいつも「おかげさま」と心の中で手を合わせました。A子さんのそんな姿に、村人はどこまでも優しく接しました。その優しさが彼女を助け、支えてくれました。
父親の最期の言葉が、A子さんの心に光を灯し、その光が村人の心の光となり、更に、照り返してA子さんの生きる力になったのではないでしょうか。

岡山県威徳(いとく)寺住職 
長田暁一(おさだぎょういつ) 


P1020400.jpg
片岡鶴太郎さんの挿し絵が
いい味を出してます
「心に響く小さな5つの物語」より



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:藤滝。
by (C)芥川千景(沈没寸前)さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います





◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら