さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年04月18日

成仏を心配するのはルール違反?! 「お別れの作法」その2 《霊界ってあるんでしょうか》番外編4


背後霊。


あの世とこの世は
常につながっています


矢作直樹
(東大医学部教授)







ボストンマラソンでの惨事は、なんともやりきれないものがあります。犠牲者のために手を合わせた人は多かったと思います。

あのような、死に似つかわしくない場所とタイミングに、突然起こったことですから、亡くなった方は、何が起こっているかよく理解できないかもしれません。
地縛霊や浮遊霊と言われる霊は、こういう予期しない死によってなってしまうことも多いとか。

また、サッチャー氏の葬儀が盛大に行われたそうですが、盛大であれ、なんであれ、死者はやはりしっかり心をこめて送ってあげたいですね。

私たちはいつか死を迎えます。また、大切な人をあの世に送ることもあります。

昔の人は、村八分になっている人ですら、お葬式の時には、皆で手伝いに行き、式に参列しました。
現代でも簡略化されたとはいえ、人が亡くなったとなれば、何をおいても駆けつけます。


そんなお別れを迎える前に、送る側も、行く側も心構えや、やるべきことがある、と説いているのが、昨日から紹介している矢作直樹さんの言葉です。

ダイヤモンド社の書籍オンラインの第2回が掲載されていました。
5ページにわたる内容ですが、見出しを書き出してみますと、7項目あります。
やりたいことをやり、感謝も忘れずに
最期をどう迎えたいか、の意思表明が家族の迷いを消す
あの世での幸せのコツは「執着」を手放すこと
時間を共有し、話を聞く
祈りの力の強さを知る
喪失感を一人で抱え込まないこと
成仏を心配するのはルール違反


私たちが死を迎える準備として、「身辺整理」をしたらよいと勧められているのですが、その手始めとして、「いらない物リスト」や「死ぬまで必要な物リスト」を作ったらいいということでした。

「いらないもの」と、「絶対に必要なもの」、この二つに分けるということでしょうか。
いらないものは、捨てるか、誰かに譲るか、しまうかしなければなりません。そのためにも、まず自分自身を整理する必要はありますね。

若い人は、これからの人生をよりよく生きるために、送る人がいる場合は、よりよく送ってあげれるように、そして自らがよい逝き方をするために…。

そんな身辺整理が必要なのですが、誰しもが「執着」との戦いがおこるといいます。

生きていると、誰しも多くの「執着」を持ちます。執着はあの世に還るまでに少しずつ捨てないと、あの世でうまく生活するのが難しくなります。
この世への執着が強いと、いわゆる未浄化霊(浮遊霊)として残存する可能性が高まるともいわれます。


悔いが残らないように、本当に私自身がやるべきことをやっていく。
それも正しくやっていく。
そして、感謝の言葉を言い残さないように、気がついたときに言っておく。


そして、亡くなられた方に対する姿勢は、「成仏を心配するのはルール違反」とあります。え、ルール違反とまで言わなくても…とも思ったのですが、実際そうかもしれません。

あの世とこの世は常につながっており、それこそ亡くなった人のことを考えた瞬間、あの世の当人へとつながります。
冥福を祈る、こういうことがあったと楽しげに語りかける、そういうことならいいと感じますが、心配することで余計な心配をかけてしまうのです。

ちなみに、故人を思い出すのは時々でいいそうです。思い出し方も重要で、涙を伴う思い出し方ではないことが大切です。これも母の死後、交霊で母本人から聞いた情報です。
要するに、幸せに生きている、というメッセージが、時々向こうに伝わることが大切というわけです。私もそうしています。
「こっちは元気だよ。そっちも楽しいんじゃない? 私がそっちに行った時はよろしくね」
時々、そんなメッセージを送っています。


亡くなったことは、なかなか受け入れがたいし、また悲しみや、寂しい生活は何ともしようがありません。大切な人を失った人にそれを強要できませんが…、こんな風に考えられたら楽になるな、と思いました。

亡くなった人、というのは、遠く離れた国に行っていて会えない、そんな状態と近いかもしれません。電話くらい通じてもいいのに、と思いますが、ほとんど音信不通の別世界に行っているのです。
遠くに離れていて、連絡できないわけです。
遠くに離れた身内を、会えないからとただ悲しんでいても仕方がありません。そして、それぞれの世界で、元気に生きていくのがいいのではないでしょうか。

ご冥福を祈りつつ…。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:背後霊。 被写体は「かたくり」
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 「あの世」と「この世」をつなぐ「お別れの作法」とは?《霊界ってあるんでしょうか》番外編3
 米で反響を呼ぶ、エリート神経外科医の見た死後の世界 《霊界ってあるんでしょうか》番外編2
 天国からの「お迎え」後、安らかな死を迎える人たちが40%越?! 《霊界ってあるんでしょうか〜番外編》





◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら