さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年04月08日

★悠仁さま入学式! ★SNSで子どもの顔写真と名前を公表するのはバツ?! ★芝桜 


信州の空


みがかずば 玉もかがみも 
なにかせん
学びの道も かくこそありけれ


昭憲皇太后
(お茶の水女子大校歌)





悠仁さまが昨日入学式を迎えられたとのこと。皇室は学習院、という慣例のようなものを破るように、戦後初めて、他の学校に入られました。
「おめでとう!」の声に「ありがとうございます」と爽やかに応えておられる様子を見ても、普通の子より、断然しっかりされていると、思います。

やはり、麗しいプリンスがいるというのは、国民にとっては嬉しいことです。
天皇家のように長く、続いている国はないということを思うときに、私たちのご先祖様も代々崇めてきただろうし、また天皇家のおかげで、日本が日本らしくあるのかもしれないとも思い、貴重に感じています。

冒頭にあげたのは、お茶の水女子大の校歌ですが、付属小学校の校歌も同じで、石碑の前のお写真が印象深かったので、調べてみました。
当時の皇太后様が下賜された歌詞で、宮内庁が作曲したということ。日本で最初の校歌でもあるそうです。

「磨かなければ玉も鏡も輝かないように、学びの道も、きっとそのようであるでしょう」というような意味かと思います。


芝桜








AFPニュースからピックアップしてみました。
(リンクだけですが、過去のニュースも複数の写真があり、美しいですので、よろしかったらどうぞ。)
AFPは、フランスの新聞社ですが、ブログに貼りやすいことと、国際的なニュースも多いということで、よく利用しています。

この入学の写真も、他紙に比較しても、とてもきれいに掲載されていて、更に拡大も見られるのですが、皇室関係のニュースに関しては、ブログに貼れないようです。皇室への配慮でしょうか。



肖像権というのが取り沙汰されますし、実際、様々な問題もあるようです。(一般の家でも…やはり。)

今では簡単に写真を取れて、SNSなどに投稿するのも楽しいですね。
ただし、フェイスブックなどに、子どもの顔写真プラス実名で載せるというのは、気をつけた方がよいようです。写真に関しては、友達だけに公開、とか、ひと工夫すべきですね。
犯罪に巻き込まれるケースもあるということで。ぶっそうな世の中ですから…。

それに関する参考になるものをみつけました。
ちょっと身勝手な母に対する辛口な意見もおもしろく、別のサイドからも楽しめます。一部抜粋します。

防犯の専門家が言ってました。
子供は、知らない人について行ったらいけないことは知っている。
しかし、自分の名前を呼ぶ人のことを、親の知り合いだと思って、ついていってしまう可能性がある、と。
顔と名前を公表してたら、こうなる可能性、ありますよね。
だから、子供の持ち物に名前を書くときは、外から見えない場所に書きなさい、自転車や三輪車に名前や住所、電話番号など書いてはいけない、高価な服を着せない、女の子に、下着が見えるような短いスカートをはかせない。こういうことに注意しなさいとのことです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:信州の空
芝桜
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする