さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年04月07日

米ワシントン「日米友好の桜」もうすぐ満開! ★ 新連ドラ「あまちゃん」の「じぇじぇじぇ」前線、早くも上京中?!

ワシントン桜、見頃のニュースも追加

散ればこそ・・・


花も美しい
月も美しい
それに気づく
心が美しい


禅の格言







今日の相田みつをさんの日めくりカレンダーの言葉は、

「あなたのこころが 
きれいだから 
なんでもきれいに 
見えるんだなぁ」
でした。

冒頭の言葉は、ある本*では「禅の格言」として紹介されているということですから、足立大進老師としていたサイトもありますが、もとの元があるのかもしれません。
二つとも、なんとなく通じあったような言葉だと思い、紹介してみました。


話は変わりますが、我が家の子どもたちが、今度の連ドラ「あまちゃん」にはまっています。平日は録画しておいて、四人そろってから見るのです。
前の「純と愛」の途中から見るようには、なっていたのですが、この「あまちゃん」は面白いのだそうです。
高校生役のヒロインが爽やかでかわいいく、親近感が沸くからかもしれません。

それは家の子たちだけではないようで、先週始まったばかりの作品ですが、7年ぶりに20%を越える高視聴率だということ。やはり若い子たちの反応って、すごく早いです。

そのドラマの影響で、巷でも流行りつつあるのが「じぇじぇじぇ」という言葉です。
東北・北三陸の方言で、驚いた時に、「じぇ!」もっと驚いたら「じぇじぇ!!」、すごく驚いたら「じぇじぇじぇ!!!」となるわけです。
我が家ではもうすでに流行っています。
都内では電車の中で、女子高生たちが「じぇじぇじぇ」と言い合って笑っていたとか…。
きっと流行語大賞を狙っているのではないでしょうか。

また、鉄拳のアニメーションも「北三陸鉄道」の紹介などで、登場しているようです。

東北の春はまだこれからでしょうが、「あまちゃん」と共に、じわじわやってきそうですね。


ワシントンの桜といえば、日本が贈ったものであり、最初の年の桜は失敗したので、再度贈呈し直して、今に到っているということです。去年、100年を迎えました。

昨年取り上げた記事もありますので、よろしかったらどうぞ。↓
もうひとつ、桜にまつわる言葉をご紹介して終わります。


おしなべて、事を成す人は、
必ず時の来るを待つ。
あせらずあわてず、静かに時の来るを待つ。
時を待つ心は、春を待つ桜の姿といえよう。
だが何もせずに待つことは
僥倖**(ぎょうこう)を待つに等しい。
静かに春を待つ桜は、
一瞬の休みもなく力をたくわえている。
たくわえられた力がなければ、
時が来ても成就しないであろう。


松下幸之助
**僥倖とは
思い掛けない幸運
奇跡のこと



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:散ればこそ・・・
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

*ある本とは、こちら↓
   


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら



posted by kuri-ma at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする