さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年04月02日

新法王と全世界の「聖金曜日」&復活祭?! 《イースター関連ニュース2》


2013.04.01 和泉川 オオマツユキソウ


どれだけの血が流されたのか!
政治的な解決策が見つかるまでに、
どれだけの苦しみが必要だというのか?


ローマ法王フランチェスコ1世
(復活祭でシリア問題に触れて)











復活祭は、キリストが死後3日目に復活したことにちなむ行事ですが、カトリックの復活祭関連行事は4日間にわたるのだとか。
2日目に「聖金曜日の儀式」がありますが、これはイエス・キリスト最期の数時間を再現するもので、今年は29日に行われました。
なんだか、お彼岸のお中日を連相させますね(笑)。

コロッセオはかつてキリスト教徒らが殉教した場所ですが、そこで毎年、法王主催の「聖金曜日」の儀式がされてきたようです。
また、世界各地でカトリックの行事が行われているということ。

イエス・キリストの十字架につけられる場面を再現するというのは、グロテスクですが、それだけ、クリスチャン、特にカトリック信者たちにとって、十字架というのは意味があるのでしょう。
日本ではあまり宗教関連の報道はされませんから、こういうことがあるのも、海外のメディアを通じてしかわかりませんね。

そしてイースターの当日は、カトリックでは、今年は31日でした。
法王は、復活祭のミサでシリヤの内戦で苦しむ人たちの政治的解決についてや、朝鮮半島についても、「不和を乗り越え、和解の精神が育つことを」祈ると呼びかけたということです。

復活祭(イースター)というと、イースターエッグや、イースターバニーなどで、日本でもかなりお馴染みにはなってきましたが、なぜ、卵やうさぎなのか、という疑問は、私の過去の記事からどうぞ。↓

復活祭はユダヤ教の「過ぎ越しの祭り(ペサハ)」とドッキングして伝わったことから、正教会では「パスハ」と呼ぶことの方が多いとか。
一方、カトリックで呼ばれてきたイースター(英語読み)は、ゲルマン民族の春の祭りと一緒になったのではないかとも言われていて、春の女神「エオストレ」が語源となっているようです。

古くから、カトリックと東方正教会の2大勢力が復活祭を巡っても対立していました。今でも、相容れないで、別々の日付で行っています。
正教では、今年は5月5日に行われます。(ちなみに2014年は、両方同じ4月20日)


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:オオマツユキソウ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 ローマ法王、史上初の少年院での「洗足式」?! 《イースター関連ニュース》
 イースターって?!なぜエッグとバニー?! +関東は桜満開!
 春分のお祝い「ノールーズ」から「イースター」まで?!春祭りいろいろ**♪
 クリスマスはイエス・キリストの誕生日ではない?!
 Happyなの?!ハロウィンって何でしょう??




◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら