さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年03月27日

あれから2年たちました! ★昆愛海ちゃんのその後?!★ 《被災地3枚つづりの写真、震災後、1年後、2年後》etc.


波 (2)


震災から2年。
あなたは知っていましたか?
バングラデシュの小さな村で、
1日たった200円の収入の中から
その半分を日本のために寄付していたことを。










「ままへ」という手紙を書いた昆愛海ちゃんが、この春小学校へ入学するという短いニュースがありました。

話題となったあの子が、健気に頑張っている姿を、多くの人が確認したいのでしょう。私の一年前の記事にも、せっせとアクセスしてくださっています。↓
震災後1年、あの子は今?!…昆愛海ちゃん

なにぶん、普通の子どもさんですから、情報量が少ないのですが、昨年「ケサランバサラン」というwebマガジンで、紹介されていたようです。
サンプルページから愛海ちゃんの記事の大半が見られます。
20130221091142.jpg


自転車に初めて補助輪なしで乗れた!取材は、2012年5月となっています。

「(愛海ちゃんは)震災前は、ぜんぜん人と話すことはなく、
お客さんが来ると隠れているほうが多かった。で、震災後は取材で話すようになったんです。
お客さんがきても私と話させない。なるべく、自分のほうに、って感じになるんです」(祖母の幸子さん)

愛海ちゃんは震災で母親が死亡、父親が行方不明で、孤児になった。
そのため、一時は取材が集中した。そのため、たくさんの人たちと接した。
それによって、社交的になったという面があるという。

取材で訪れる記者たちは、ちょうど両親くらいに見えるためもあるのではないか。



2年ぶりに発見された携帯電話が、遺族のもとに届けられました。その日送ったメールも確認できるということ。

 津波が到達する3分前の2011年3月11日午後3時22分、晃子さんは夫の利喜さん(54)に「大丈夫? 私たちは(市役所前の)館のおき(沖)公園に避難中」と知らせるメールを送信。同3時には次女有里さん(24)にも「大丈夫?」とだけ記したメールを送り、同21分には電話をかけた履歴も残されていた。
 携帯電話を受け取った晃子さんの父・金沢善郎さん(82)と母・雅子さん(78)は「この電話には娘の魂が残っている」と言い、電話を握りしめた。

高齢のご両親に遺品が渡ったということは、その日メールをしていたご主人や、娘さんはどうなったのか書かれてはいませんが…。


震災直後、一年後、そして今年の、被災地の同じ場所で撮った写真集(上記)。一本松や桜の写真も。
一年後に片付けられて、今年もほとんど変わらない場所もありますし、3枚とも変化の見られる場所もあります。それぞれの写真から、ドラマが感じられて、36枚(36箇所)全部見てしまいました。



冒頭にも載せましたが、フェイスブックで見つけた写真とメッセージを紹介します。

69832_328414133927914_1505724782_n.jpg

震災から2年。あなたは知っていましたか?バングラデシュの小さな村で、多くの人が1日たった200円の収入の中からその半分を日本のために寄付していたことを。"日本のために何かしたいけれど、私たちは貧しいから大きな力にはなれなくてごめんなさい"そう言ってくれる人たちがそこにいたことを。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:波 (2)
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います





◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする