さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年03月19日

信じることから全てが始まる?! 人の道の根本は「信じる」こと! 聖徳太子の十七条憲法(9)


2013.03.08 和泉川 コウバイ


信じることは、人の道の根本です。
善と悪、成功と失敗は
「信」があるかないかで決まる。
信じ合っていれば、なんでもできる。
信じられなければ、何事もうまくいかない。


聖徳太子
(十七条憲法9条)



 

九に曰く、信はこれ義(ぎ)の本(もと)なり。事毎(ことごと)に信あれ。それ善悪成敗(ぜんあくせいばい)はかならず信にあり。群臣(ぐんしん)ともに信あるときは、何事か成らざらん。群臣信なきときは、万事(ばんじ)ことごとく敗れん。

 【現代語訳】信(真心、誠実)は人の道の根本である。何事にも信がなければいけない。善とか悪とか、成功とか失敗とかの成否は、すべて信のあるなしにかかっている。群臣ともに信があるならば、どんなことも達成できるだろう。群臣に信がないなら、どんなこともことごとく失敗するだろう。

 この九条では「信」の重要性を訴えている。

 儒教では親子、夫婦、君臣などの間で守らなければならない道として、「仁」「義」「礼」「智」「信」の五常を説く。聖徳太子も十七条の憲法では、四条で「礼」、六条で「仁」、この九条で「義」「信」、十四条で「智」と五常こそ、役人としての道筋と記している。なかでも「信」がすべての根本であるとしている。


この9条の中にこう書かれています。「信は義の本である」
信じることは、「義」(正義、道義)つまり「人の道」の根本になるということです。

以下、9条を分かりやすい言葉で、噛み砕いてみますと、こうなります。

信じることは、人の道の根本です。
善と悪、成功と失敗は
「信」があるかないかで決まります。
信じ合っていれば、なんでもできます。
信じられなければ、何事もうまくいきません。


「信」という言葉は実に深い意味があります。
信じるという言葉から出る熟語も、様々あります。「信頼」「確信」「自信」「信仰」「信用」…。

信じることはすべての根本、つまり、信じることから全てが始まるんですね。
「信」の字を中央におけば、自信も確信も生まれ、信頼も信用も、そして信仰や信心も生まれるのではないでしょうか。

正しく生きるためには、まず信じるところから始めるしかありません。
そして、自分だけの「信」ではなく、人と人が信じ合うときに、「絆」というものや未来に発展していく信頼関係、いろんな力が生まれてくるのではないかと思うのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:コウバイ
菜の花に紅梅の花びらが…
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います




◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖徳太子 十七条の憲法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする