さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年03月07日

よいことをするのは心臓によい?! 修学旅行生に感謝の手紙! また伊達直人、バッドマン登場?!etc.


冬のチューリップ。










バッドマンは、ジョークだったようですが、また伊達直人が、子どもたちへのメッセージ付きのランドセルの寄付をしていったとのこと。

何より爽やかだなと思ったのは、新幹線の清掃を担当した女性から、ある中学の修学旅行生たちに感謝の手紙が届いたというエピソードです。Yahooニュースにもなっていました。

手紙は便箋2枚、掲載された手紙の一枚目から文章を起こしてみました。


突然の手紙で失礼します。
私は新幹線メンテナンス東海で東海道新幹線の
清掃をしている作業員です。
本日、貴校にご利用いただいた車両の掃除を
担当したものです。
車両に入り、まずゴミの回収をします。
通路、座席の…にゴミがひとつもなく
大変驚きました。
貴校の普段の教育、並びに引率教員の方の
行き届いた指導を、生徒の皆さまがよく理解され、
大変きれいにご利用いただき、感激しました。
掃除をしながら、貴校の事は全く知り得ない私ですが、
おそらく生徒の皆さまが、素晴らしい学園生活を
送っておられるだろうこと。そして校長先生をはじめ
諸先生方の行き届いた学生の皆さんに対する思いを
深く感じながら、楽しく清掃をさせて頂きました。
ひと言お礼を申し上げたく、筆を取りました。


 生徒らは東京駅で降車する際、用意したごみ袋にごみを入れ、椅子は元に戻すとともに、ヘッドカバーを張り直し、床に落ちたお菓子などのごみを拾った。ごみ袋はまとめて車両の出入り口脇に集めた。

 同校ではあいさつなど5項目の達成目標を設定し、指導している。ただ、大里校長は「車両のごみを持ち帰る指導はしていない」と話す。

それに対する、生徒のコメントがよいと思いました。
 修学旅行の実行委員長を務めた斉藤望さん(14)は「思い出に残るイベントにするため、マナーを守ることを目標にした。車両のごみは実行委が率先して片付け、周囲の生徒らも協力してくれた。自分たちで実行したことに感謝され、最高の思い出になった」と喜んでいる。



整理
整頓清掃清潔、この、4Sプラス(しつけ)で、5Sと呼ばれる価値観が、海外でも評価されていますね。
(私は「しつけ」と大雑把にいうよりは、その前に「姿勢」というのがよい気がします。)

4Sがしっかりできるということは、道徳的な躾もしっかりできているし、ついてくるようになっているのでしょう。

日本では小中学校で、児童・生徒に掃除をさせます。私たちの子どもの頃から、それは当たり前のように繰り返されてきました。海外では、清掃員が学校も掃除するのです。
どこだったかの国で、日本の学校の掃除について知り、取り入れ始めたということも聞きました。

日本人は公園などの公共場所でも、自分のゴミを持ち帰る人が多いのではないでしょうか。
これは特に欧米人などは、考えてもみないことです。映画館でも、足元にポップコーンをバラバラこぼしても、平気です。

大きな会社であっても、日本では清掃員を雇わず、社員が掃除をする会社も多いです。そういう会社ほど、きれいだし、整理整頓が行き届き、マナーもいいのではないでしょうか。

学校での毎日の掃除が、子どもたちの心をまっすぐに、きれいに育てるのかもしれません。
そして、授業や給食の始まりと終わりの挨拶、これもいいですね。また、小学校では、今も給食当番があって、給食着を着て、子ども達が配膳をします。

そういう毎日の中で、子どもたちが育っていく。算数や国語よりも、こういう生活の中で学ぶことが、生きた勉強だなあと思います。

また、上に添付したニュースにあるように、ボランティアで、心臓も心の健康も改善されたという研究結果が出ています。心臓だけでなく、他の健康効果もあるということです。
つまり、ボランティアなどにより、よいことをしていくと、心が健康に保たれ、それが身体の健康にもつながるということだと思います。

ボランティアや寄付などはちょっと勇気がいりますが、身近な清掃、ちょっとしたゴミ拾いなどから、始めてみれば無理がないかもしれません。
挨拶も、人に気持ちのいいものを伝えるものの一つですね。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:冬のチューリップ。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら