さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年03月06日

「世界がもしも100人の村だったら」再び?! + 《中東・インドのニュース》

70億の人類を、数えやすく顔を覚えられそうな「100人の村」に凝縮させたとしたら…。この分かりやすく、インパクトのある内容を、再びお伝えします◇

2013.03.01 和泉川 ウメにメジロ


もしこのメッセージを読むことができるなら、
あなたはこの瞬間 
2倍の祝福を受けるでしょう。










悪事万里を走ると言われるように、悪い噂や風評ばかりが先行しやすい世の中ではありますが、よい情報、心温まるエピソードや言葉も、確実に人から人へ伝わっていきます。
そのよい例がこの「100人の村」ではないでしょうか。

「100人の村」の内容を聞いたとき、一番驚くのは、大学教育を受け、コンピューターを持てるのは、100人のうち、たった一人であり、どれだけ貧しい人たちが大多数かという事実です。

遠い地球の反対側にいる人というと、気持ちがいきません。
忘れてしまいそうな、隣人、同じ100人の村の住人にはこんな人がいるという目で見てみる。まず知るところから、関心や愛情も、なんとかしていこうという意識も生まれてくるのではないでしょうか…。
では、どうぞ。



もし 現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで、
全世界を人口100人の村に縮小するとしたらどうなるでしょう。

その村には・・・・
57人のアジア人
21人のヨーロッパ人
14人の南北アメリカ人
8人のアフリカ人がいます。

52人が女性で
48人が男性です。

70人が有色人種で
30人が白人

70人がキリスト教徒以外の人たちで
30人がキリスト教徒

6人が全世界の富の59パーセントを所有し、
その6人ともがアメリカ国籍

80人は標準以下の居住環境に住み
70人は文字が読めません
50人は栄養失調で苦しみ
ひとりが瀕死の状態にあり、
ひとりは今、生まれようとしています
ひとり (そう、たったひとり) は
大学の教育を受け
そして ひとりだけがコンピューターを所有しています

もしこのように縮小された全体図から
わたしたちの世界を見るなら、
相手をあるがままに受け容れること、 
自分と違う人を理解すること
 そして そういう事実を知るための教育が
いかに必要かは火を見るより明らかです。

次のような視点からもじっくり考えてみましょう。

もしあなたが今朝、目覚めた時、
健康だなと感じることが出来たなら・・・
あなたは今週生き残ることのできないであろう
100万人の人たちより恵まれています

もしあなたが戦いの危険や、
投獄される孤独や、獄門の苦悩、あるいは餓えの悲痛を
一度も経験したことがないのなら・・・・・
世界の5億人の人たちより恵まれています

もしあなたがしつこく苦しめられることや、
逮捕、拷問または死の恐怖を感じることなしに
教会のミサに行くことが出来るなら・・・・
世界の30億の人たちより恵まれています

もし冷蔵庫に食料があり、
着る服があり、頭の上には屋根があり、
寝る場所があるなら・・・・
あなたはこの世界の75パーセントの人々より裕福で

もし銀行に預金があり、
お財布にもお金があり、
家のどこかに小銭の入ったいれ物があるなら・・・・・
 あなたはこの世界の中で
最も裕福な上位8パーセントのうちの一人です


もしあなたの両親がともに健在で、
そして二人がまだ一緒なら・・・・・
それはとても稀なこと

もしこのメッセージを読むことができるなら、
あなたはこの瞬間 
2倍の祝福を受けるでしょう。
 なぜならあなたのことを思って
これを伝えている誰かがいて、
その上、あなたは
全く文字の読めない世界中の20億の人々より
ずっと恵まれているからです

昔の人がこういいました。
わが身から出づるものは
いずれわが身に戻り来る、と。

お金に執着することなく 
喜んで働きましょう
かつて一度も傷ついたことがないかのごとく 
人を愛しましょう
誰も見ていないかのごとく 
自由に踊りましょう
誰も聞いていないかのごとく 
のびやかに歌いましょう
あたかもここが地上の天国であるかのように 
生きていきましょう

このメッセージを人に伝えてください、
そしてその人の一日を照らしてください。


アメリカの友人からのメッセージ
3.2001 訳 なかのひろみ



このメッセージは、もともと出来上がった今のような状態ではありませんでした。その原型は、メドウス(Donella Meadows)さんという女性が発表した「1000人の村」ではないかと言われています。

それがどこで今の状態になったのかはわかりません。チェーンメールとして、世界に広がっていったものです。過去の記事を参照してください。*

尚、一般に広く広がっているこのメッセージの中に、ふさわしくないと思われる部分がありますので、私の良心に照らし合わせ、故意に削除して紹介しています。ご了承ください。

知ることから、人類愛や世界平和は始まると思うので、このブログでは残虐な事件も取りあげてきました。
今日も中東やインドのニュースを上に添付しています。
今回は重複する内容でもありますので、中東のカテゴリーに入れておきましたが、「100人の村」に関しては一つのカテゴリーにしていますので、よければご覧ください。*

今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ウメにメジロ
by (C)ひでわくさん
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

*kuri-maの参考記事
  100人の村/マザー・テレサ」のカテゴリーから過去5つの記事などが見れます
   
あらためて、世界がもしも100人の村だったら?!



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東・イスラム圏、インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする