さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年03月01日

ローマ法王退位、15万がお別れ! 12億のカトリック?! 知っておこうキリスト教の教派(…プロテスタント、正教って?)


窓辺。


あなたがたの愛とご支持に感謝します。
キリストを人生の中心に置くことで、
皆さまが常に喜びの中にありますように。


ローマ法王ベネディクト16世
最後のつぶやき















ローマ法王ベネディクト16世が2月末で退位しました。最後の謁見には15万人が、最後の日曜礼拝には10万人が集まったとのことです。

ローマ旅行が急増したというのも、当然のことですね。
ローマ行き航空券の予約のドイツ語サイトで60%増となったというのは、ベネディクト16世がドイツ出身だからでしょうか。

バチカンというのは、ローマの中にある、ほんの一角に過ぎず、世界一小さな国ですが、いまだにこれだけの人が一度に動くほどの、影響力があるのです。
あの広いサンペエトロ広場が人で埋め尽くされるのですから。。。

ちなみに教皇と法王の違いですが、日本のカトリック教会内では「教皇」に統一しようということになっていて、一般には呼びかけてはいるものの、なかなかそうならないというのが現状のようです。
「ローマ法王庁大使館」の名前が日本では登録上変えられない限り、ローマ法王庁、ローマ法王でいいような気がするのですが、慣れないですが、あえて「教皇」と呼んだ方がいいのでしょうか。。。

さて、ローマ法王(教皇)は、世界で12億人いるカトリックのトップということになります。
日本では少数派のキリスト教ですが、世界では大きな勢力があります。キリスト教といったら、カトリックひとつではないですよね。

日本人はキリスト教というと、どれも一緒のようで、ちんぷんかんぷんになってしまいますので、そこのところを分かりやすく説明してみましょう。



キリスト教は、大きくはカトリックとプロテスタント、正教に分かれています。
もともとキリスト教がおこったのは、イスラエルでした。中東ですね。
お釈迦様がインドで生まれたにも関わらず、仏教は中国で盛んになったように、キリスト教は、ヨーロッパ全土に広がりました。

ヨーロッパといっても広いですから、古くは、ローマを中心とするカトリックと、ギリシャやロシアで盛んとなった東方正教会の2大勢力に分かれていたということです。

日本語ではなぜか、ギリシャ正教、ロシア正教などと、国ごとに分けて呼ぶようですが、東方正教会(正教)とは、英語ではオーソドックスといいます。

キリスト教を2分し、張り合ったカトリックとオーソドックス(正教)ですが、その後、正教の国々はイスラム教徒の侵略を受けることが多く、カトリックほどの勢力を伸ばせませんでした。ロシアや東欧諸国も含め、共産圏下でもかろうじて残ってきたという感じでしょうか。カトリックを凌ぐ勢いは、今はないようです。

そして、プロテスタントと言えば、16世紀以降、ドイツ、イギリスなどで宗教改革として興ったものですね。

その後、カトリック、プロテスタントともにアメリカ、アフリカに移住、布教をし、今ではヨーロッパとともに多くの信者がいます。

カトリックが10億とか12億人とか言われるのに対し、プロテスタントは一宗派ではないので数えにくいのですが、3、4億と言われています。正教は2億ぐらいでしょうか。
(キリスト教人口は、33億とか30億とか言われているのに、数字が合わないですが…。プロテスタントにも入らない、宗派もあるようですし、20億から30億といえるでしょうか。)

それぞれの中で諸宗派はあるのですが、やはりカトリックが圧倒的に大きい、ということになるでしょうか。
だからこんな風に、世界中が沸くような騒ぎになるんですね。



ベネディクト16世は退位しましたが、「名誉法王」となられましたね。
呼びかけの際は引き続き「ベネディクト16世聖下」というそうで、どうも普通のおじいちゃんには生涯なれそうにはないですね。しかし、お疲れ様です。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:窓辺。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

参照:
 カトリック?プロテスタント?知らないと困る!?キリスト教の教派
  世界一わかりやすいニュース解説ブログ :分かりやすくお気に入りのブログです


kuri-maの参考記事
 普通のおじいちゃんに戻りたい?! ローマ法王退位にまつわる波紋・・・!


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら