さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年03月16日

太古の日本人は勤勉ではなかった?! 朝は早く出仕し、遅く帰りなさい! 聖徳太子の十七条の憲法(8)


街の灯りがとても綺麗ねヨコハマ、と梅がつぶやく。


早くまいり、おそくさがれよ。
公事はいとまなし。
終日(ひねもす)にても尽しがたし。


聖徳太子









第8条

 ■官吏は早くに出仕し 遅くに退出すべし

 八に曰く、群卿百寮(ぐんけいひゃくりょう)、早く朝(まい)り晏(おそ)く退(さが)れよ。公事はいとまなし、終日(ひねもす)にても尽(つく)しがたし。是を以て、遅く朝れば急に逮(およ)ばず。早く退れば必ず事(こと)尽さず。

 【現代語訳】すべての官吏たちは、朝早くから出仕し、遅くに退出しなさい。国家を運営する公務はいとまがないものだ。一日中務めても、すべて終えてしまうことが難しい。このため朝遅れて出勤したのでは緊急の用に間に合わないし、早く退出したのでは必ず仕事を残してしまう。


今更ながら、昔の官吏は、出仕時間も決まっていなかったのかと、驚きます。
これまでの条でも、役得で賄賂は取るわ、上司にはこび、部下はいびり、好きな者をコネで採用し、好き勝手をしていたことが暴露されていましたが、好きな時間に来て、顔だけ出して帰るような、そんなことが許されたのでしょうか。
実際、その当時、官職はあっても、サイドビジネスではありませんが、別の仕事をもつ役人も多かったようです。

基本的なことを太子は述べたのでしょうが、今まで官職に甘んじてきた人たちにとっては、手痛い言葉ばかりだったことでしょうね。

こうして見ていくと、聖徳太子の頃の乱れた様子と、今の日本の状況はなんだかよく似通っているような気がします。人間も大して成長していないようです。

そういえば、個人差はありますが、今でも日本のお役所の業務は、なんだか雅というか、まったりしていますね。勤勉ではないとは言いませんが。


AFPのニュースを上に添付しましたが、精神的ストレスを理由に会社を病欠し、オーストラリアを旅行していたイギリス人夫婦が、サメから子供たちを守るため、退治したところ、動画がUPされ一躍英雄扱いとなり、帰宅したところ、二人への解雇通知が届いていたということ。

この夫婦も、病気と偽った(?)のもいけなかったでしょうが、本当に必要とされるなら、解雇されることもなかったことでしょう。
彼らの仕事ぶりは分からないのですが、外では認められたとしても、近い関係の人や、職場で認められることはより難しいですね。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:街の灯りがとても綺麗ねヨコハマ、と梅がつぶやく。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います





◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖徳太子 十七条の憲法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

ブルガリアの春はいつ来るのか?! 抗議の焼身自殺4人目! 《ブルガリアのニュース》


想い


向こう(神様)は空の上、
こっちは地上だけど、
俺にだって奇跡を起こすことができる。


ストイチコフ
(94年W杯準決勝進出の立役者)



















何かとブルガリアが、荒れています。
今年になってからのニュースを集めてみました。

ちなみに元五輪選手のメダル返上はレスリング競技除外への抗議を表わすものだといいます。ブルガリアもレスリングの強い国なのです。

ブルガリア首都ソフィアの大統領府近くで13日、男性(51)がガソリンをかぶって焼身自殺を図った。内務省によると、事件が起きたのは午後1時35分(日本時間午後8時35分)ごろ。男性は体に25%のやけどを負い重体という。

 欧州連合(EU)加盟国の中で最も貧しいブルガリアでは2月以降、貧困と汚職に対する国民の怒りが高まっており、2月20日に政権が退陣に追い込まれた。こうした中、抗議の表明として焼身自殺を図る事例が相次ぎ、既に3人が死亡している。

 13日には暫定政権が発足したが、世論調査によると5月12日に予定される総選挙後も議会は分裂する公算が大きいとみられている。


トップのニュースの写真はバルナという都市のもの。ストイチコフが活躍した当時、私もブルガリア、バルナにも住んでいました。おそらくあの辺りではと推察できる場所です。

寒い冬ももうすぐ終わります。
共産主義時代の貧しいながらも同等に与えてもらえる制度は完全に崩壊しました。ブルガリア人が、何かのおこぼれをもらおうとするのではなく、一人ひとりが責任をもって、この最低の状況を乗り越えていってほしいと思うのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:想い
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


2013年03月14日

新ローマ法王、フランチェスコ1世誕生! 由来となった聖フランチェスコって?!


2013.03.06 ブラフ18番館 薔薇


わたしをあなたの平和の道具として
お使いください。
憎しみのあるところに 愛を、
いさかいのあるところにゆるしを、
分裂のあるところに一致を…


「平和のための祈り」

137530901_624_v1363216005.jpg









ローマ法王が決まりました。
前回もベネディクト16世の次点だったそうで、カトリック信者の多い南米で、初めての法王となります。
名乗ることとなるフランチェスコ1世は、(アッシジの)聖フランチェスコにちなんだものだとか。

NHK
フランチェスコ1世は、日本時間午前4時半ごろ、バチカンのサンピエトロ大聖堂のバルコニーに姿を見せ、集まった数万人の人々を前に手を振ったあと、「世界全体の友情と愛と信頼のために祈りをささげ、実りある旅を続けることができることを期待したいと思います」と述べました。

ベルゴリオ枢機卿とは

新しいローマ法王に選ばれたホルヘ・ベルゴリオ枢機卿は、アルゼンチンの首都ブエノスアイレス出身の76歳。中南米出身の法王が誕生するのは初めてです。
ベルゴリオ枢機卿は聖職者としてのほとんどの期間をアルゼンチンで過ごし、1997年にブエノスアイレスの大司教に就任したあと、2001年に枢機卿に任命されました。
前回のコンクラーベでも有力な候補として名前が挙がり、前の法王のベネディクト16世の次に多くの票を獲得したとも伝えられています。
人工中絶や同性愛などには反対の立場を示しているものの、最も保守的とされる南米のカトリック教会を穏健的な思想へと導いていると評価されてきました。

名前の由来

新しくローマ法王となったフランチェスコ1世の名前は、平和や摂理の象徴とされた12世紀の現在のイタリアの聖フランチェスコに由来します。
裕福な家に生まれた聖フランチェスコは、富を捨て修道会の1つフランシスコ会を創設したことで知られ、神から教会の再建を託されたとも伝えられています。
法王の名前は、コンクラーベで選出された枢機卿がみずから決めることになっており、今回フランチェスコを名前に選んだ背景には、さまざまなスキャンダルに揺れるカトリック教会に平和と静けさをもたらすことを望んだからではないか、という見方も出ています。


聖フランチェスコの生涯は『ブラザー・サン シスター・ムーン』『フランチェスコ』などに映画化されていますが、詳しくはこちらをどうぞ。


冒頭に載せた「フランシスコの平和の祈り」(↓に全文)は、フランチェスコの作ではないのだそうですが、そう広く信じられていますし、実際、彼の思想をよく反映したものとなっています。

おそらく聖フランシスコの肖像カードの裏に祈祷文が印刷されていたことがあり、そのような誤解が生じたのであろうということです。
ヨハネス・パウロ2世や、マザー・テレサ、サッチャー首相などが公式の場で引用したりしていることも、この誤解が一般常識のようになっていることを助長しているようです。

いずれにしても教派を超えて、愛されるようになったこの祈祷文は、今や、クリスチャンのみならず多くの人の心をも動かしているようです。
言葉には力がありますね。

新法王、フランチェスコ1世は、きっとこの祈りのような思いをもって、臨んでおられることでしょう。



「 平和のための祈り 」

わたしをあなたの平和の道具として
お使いください。
憎しみのあるところに 愛を、
いさかいのあるところにゆるしを、
分裂のあるところに一致を、
疑惑のあるところに信仰を、
誤っているところに真理を、
絶望のあるところに希望を、
闇に光を、
悲しみのあるところに
喜びをもたらすものとしてください。
慰められるよりは 慰めることを
理解されるよりは 理解することを、
愛されるよりは 愛することを、
わたしが、求めますように。
わたしたちは与えるから受け、
ゆるすから ゆるされ、
自分を捨てて死に、
永遠の命をいただくのですから。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:上 ブラフ18番館 薔薇
下 山手 ブラフ18番館 天使
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 ローマ法王退位、15万がお別れ! 12億のカトリック?! 知っておこうキリスト教の教派(…プロテスタント、正教って?)
 普通のおじいちゃんに戻りたい?! ローマ法王退位にまつわる波紋・・・!


  







◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら