さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年02月04日

節分に豆まきで無病息災?! その根拠とは!  


9555482節分草 by なつ.jpg
節分草◇


豆まきとは…

「魔の目」に豆をぶつけ、
「魔滅*(まめ)」に通じる。

*魔を滅する(厄払い)





昨日は、節分でした。豆まきが庶民に定着したのは、室町時代からのようです。
「鬼は外、福は内」が一般的ですが、地方によっては、「鬼は内」となったりするところもあるとか。
ちょっと節分について調べてみました。

節分の由来

節分とは本来、「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日を指し、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に、1年に4回あったものでした。ところが、日本では立春は1年のはじまりとして、とくに尊ばれたため、次第に節分といえば春の節分のみを指すようになっていったようです。

立春を1年のはじまりである新年と考えれば、節分は大晦日(おおみそか)にあたります。平安時代の宮中では、大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行われていました。室町時代以降は豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し、民間にも定着していきました。

豆まきの由来
  
 節分には豆をまきますが、これは中国の習俗が伝わったものとされています。豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。

豆まきは一般的に、一家の主人あるいは「年男」(その年の干支生まれの人)が豆をまくものとされていますが、家庭によっては家族全員で、というところも多いようです。家族は自分の数え年の数だけ豆を食べると病気にならず健康でいられると言われています。

 ただ、豆まきに使う豆は炒った豆でなくてはなりません。なぜなら、生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いからです。「炒る」は「射る」にも通じ、また、鬼や大豆は陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)の「金」にあたり、この「金」の作用を滅するといわれる「火」で大豆を炒ることで、鬼を封じ込めるという意味があります。そして最後は、豆を人間が食べてしまうことにより、鬼を退治した、ということになるわけです。


年の数だけ豆を食べると、無病息災で過ごせると言われていますね。

我が家でも、子どもたちは鬼に扮して盛り上がり、豆も大好きでよく食べます。数え年の数を数えて食べてから、それでは足りずに、年の2、3倍は食べていたでしょうか。
炒った大豆はおいしいですし、栄養価も高いですから、よくかんで食べれば、確かに健康にいいでしょう。

大豆というのは、日本人にとって、とても馴染み深いし、日本人の健康に役立ってきたと思います。
枝豆が大豆になり、大豆が黒豆になるんだよ、と子どもたちと昨日話していましたが、豆腐や納豆などの大豆製品、そして醤油も大豆から作られていることを考えると、本当にいろんな場面で、毎日なくてはならない存在が大豆だったわけですね。

節分では炒った大豆を厄除けに使いますが、食べても病気を追い出す健康な体を作ってくれる、いろんな意味で「福は内、鬼は外」の節分であると感じます。

喜んで鬼になり、ノリノリだった子どもたちの様子を見ていたら、こうやってずっと親から子へ、続いていくに違いない、とも思います。
元々は中国から伝わったとはいえ、日本でしか節分をこのように祝うところはありません。日本人に愛される行事として、ずっと残ってほしいですね。

今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:節分草
by なつさん
「写真素材 フォトライブラリー」からダウンロードしました
無断転用はご容赦願います



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら