さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年02月25日

風がどこへ行こうとしてるか 俺は知りたい?!。。。『Freeze Moon』 ♪尾崎豊の求めていたもの24


110203873.jpg


今日はアップテンポの曲、「Freeze Moon」をご紹介します。
いつのライブかわかりませんが、下に附けた動画のMCも書き起こしてみました。
この曲を歌う時、尾崎豊ははじけるというか、グタグタになるようです。また、吼えたり、上に登ったり…、茶目っ気を発揮しているようにも見えます。
本当はずっと走り続けていきたかったんだ、と、思うのです。



「 Freeze Moon 」


キャデラック・メイン・アベニューでは
今ウブなあの娘の
hip bang で 俺達はメロメロになる
そして腹ペコをかかえた俺達は
バーガー・ショップに駆けこんで
ポテトをコーラで流しこむ
みんないい気持ちになりたくて
何度も息を止めてみるけど
そのたび 金網にへばりついては 転げ落ち
いつでもさみしい思いをしている

俺は風を感じる
風を求めて wow oh
風がどこへ行こうとしてるか 俺は知りたい
胸をはるんだ

今夜は朝が来るまで 走り続けているから
君はエンジンの音の中で 眠ればいい

oh oh… 翼をひろげ
oh oh… 風を求めて
俺達の真夜中の翼は ボロボロになっちまう
どうしようもなく また街に戯れる
俺達の終りなき dance

フェンスに腰かけ ビクビクしていた
あの頃と似たような顔つきで
みんなだまりこくっちまう
彼女は今夜も ドラッグにいかれて
昔みたいな ドラッグ・クィーンになろうとしている
もうガラスをひっかく音は 聞こえないけれど
今でもストリートには
ガラスの破片が星のようにちらばっている

それはまるで まるであの頃の俺達の夢みたいに

みんな風を感じる
風を求めて wow oh
風がどこへ行こうとしてるか
みんな知りたくないかい
胸をはるんだ

まだ まだ 何か足りないなら
通りに出て 夜を買えばいい
誰も“どうして?”なんて聞かないから

oh oh… 翼をひろげ
oh oh… 風を求めて
俺達の真夜中の翼は ボロボロになっちまう
どうしようもなく また街に戯れる
俺達の終りなき dance

夜はいつでも 凍りついていて
置きっぱなしのバイクにまたがると
昔みたいな気持になっちまう
ボンネットに寝転んだやつらは
この街で一番さみしい 星をみつけ
誰にもわからないような 一人言をつぶやいている

いったいなんだったんだ こんな暮し
こんなリズム いったいなんだったんだ
きっと 何もかもがちがう
何もかもがちがう
何もかもがちがう

oh oh… 翼をひろげ
oh oh… 風を求めて


尾崎 豊





   《 M C 》

(「誰にもわからないような 一人言をつぶやいている」
の後から)

今夜こうしてみんなと一緒に 
夜を分かち合えたことを本当に嬉しく思います。
どうもありがとう。(深い礼)

俺はこのツアーに関わる全てのスタッフや、
PAや照明やローディーやメンバーに
全てに誇りを持ってこのツアーを回っている。
そして、今夜こうして、ここに集まってくれたみんなを、
俺の仲間、クラクションと呼んでいいかい?


♪いったいなんだったんだ こんな暮し
こんなリズム いったいなんだったんだ
きっと 何もかもがちがう
何もかもがちがう
何もかもがちがう
oh oh… 翼をひろげ
oh oh… 風を求めて
(リフレイン)

(夜の街で風が吹くたび、俺たちはタバコをふかし、
最後の一本を吸い終えると帰るためにさえ足りなくなっちまう…)

一体何ができる?!

なぁみんな、夢はあるかい?
夢を追い続けていくことができるかい?
けして、けして自分に負けたりしないかい?
うまく言うことなんかできやしない。
ただ今夜こうして、夢見たみたいに、
俺は生きてゆきたい。
だからもっと早く、もっともっと輝くまで、
俺たちは走り続けてゆかなければ。
バーイ!
(投げキス。手を挙げ、退場。)
(曲の終了とともに、会場から、尾崎コール)



夜明けの月。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:夜明けの月。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

ハーグ条約に加盟するとどうなるの?! 国際離婚家庭には逆風? 【追加添付】「日本人妻を持つ外国人夫族の悩み」(必笑)


もうちょっと!!


子供は
両親が家で話すことを
街でしゃべる

ユダヤ教典





以前、アメリカ人との国際結婚で離婚した日本女性と、その娘さんが引き離されたニュースを取り扱いました。↓

 大岡裁きにならず?! 返還を喜ぶ父と「ママを助けに行く」と応じた9歳娘、国際離婚の果てに

こういう例もあるのですが、やはり条約に加盟するのが、先進国としても当然の倣いなのかもしれません。
どちらにしても、離婚してかわいそうなのは子供です。親も大変な思いは当然しなければなりません。。。

幸せになるために結婚したはずなのに、幸せになるためには犠牲や苦労がつきもの、だということでしょうか。
結婚を維持しながら苦労するのか、離婚して子供とも別れて苦労するのか。。。ということですね。


*☆* ハーグ条約とは *☆*

 ハーグ条約は国際結婚が破綻した場合の子どもの取り扱いを定めたルールです。1980年にオランダのハーグで開かれた国際私法会議で調印され、83年に発効しました。昨年末時点で89カ国が加盟しています。

 基本になるのは離婚裁判の管轄権に関する決まりです。日本の刑事訴訟法や民事訴訟法を読むと、北海道の人が沖縄の人を東京で車ではねた場合、業務上過失傷害罪や損害賠償の裁判はどこですればよいのかが書いてあるのと似ています。

 問題は国境を越えると親族法の条文がかなり違うことです。どこの国の法律で裁くのかが子どもの親権争いを左右する場合が多々あります。親権を1人が持つ国と両親いずれもが持つ国があったりします。だからハーグ条約で生活を営んでいた国に父母と子どもをいったん戻し、そこで裁判をすると定めたわけです。




そういえば、面白かったと思い出して、紹介します。
国際離婚となる前に──
日本人奥さんを米国人の夫が見ると、こんな悲哀があるんですね(笑)。お互いの理解も必要なのでしょう。

《 日本人妻を持つ外国人夫族の悩み 》


・ロマンチックな気分で妻に触ろうとすると、うっとおしいと言われる

・食卓に妙なおかずが並ぶ。(納豆、あじのたたき、大根やきんぴらごぼう等)

・自分のベッドが欲しいと言う。(布団ひとり一枚感覚?)

・言葉できちんと説明して欲しいと言うと、疲れると言われる。(以心伝心って何?)

・毎日、おかずが醤油味ばかり。(違うメニューだと言うが、基本的に全て 
 醤油味じゃないか)

・玄関で忘れ物して、一生懸命爪先歩きで家の中に入ってるのに靴を脱げと怒る (なぜだ?)
  でも、はだしで外に出ると怒る。(もう理解不能)

・食事中に炭酸飲料が飲めるのは、ピザかマクドナルドの時だけ

・ジョークを言ったつもりなのに、真に受けたらしく、ものすごく嫌な顔をされた

・乾燥機のふわふわ感が好きなのに、節約と言って乾燥機を使ってくれない

・タオルの使い用途にこだわりがありすぎる

・自動スプリングクラーの水はもったいないと言っておいて、毎日お風呂に入る。

・ベットを神聖の場所かの如く、パジャマ以外の洋服でタッチするのを毛嫌いする

・お腹は冷えると痛くなると本気で信じて、真夏でもお腹にタオルケットをかけて寝る彼女

・子供達と日本語で会話してる時は僕(ニホンゴワカリマセン)だけ仲間外れ

・里帰りで一ヶ月も一人ぼっち(楽しいのは最初の3日だけ)

・ご飯粒を茶碗に残すとブツブツ言われる

・揚げ油の温度を菜箸の泡でチェックだって?温度計を使おうよ!

・アイラブユーと向こうからいってくれない

・最近、英語力が衰えてる(毎回聞き返される)

・怒ると日本語になる

・時々、日本に帰りたいと騒ぎ出す

・1ヶ月の帰国をするので出費が増える

・その一時帰国の際にはなぜか来るなといわれる

・手を繋ぎたがらない

・寒いと騒いでACの設定温度を上げるくせに、布団から足が飛び出している

・日本の若い男子に嵌っている(ジャニーズとかいうらしい)

・出張から帰宅 ハグ、キス無しってどんな?子供以下の待遇

・土足厳禁と謳いスリッパを提供しているのは良いが
 自分サイズに出会った事無し!

・日本語の意味を尋ねると、「英語では説明出来ない」とは・・・どういう事?

・ちょっと触れてみたいだけなのに『犯罪者』みたいに きっ!と睨まないで

・傘ささないから毛が抜けただの、海草を食べないからハゲただのなじられる

・何かと日本の親戚に高額なキャッシュのプレゼントをする

・自分はラーメン・ソーメン大好きなくせにクラフトディナーを目の敵にする

・客が来るともてなしすぎ、料理作りすぎ

・二言目には「甘すぎ」と言う

・服や靴下に穴があると大騒ぎをしてすぐに着替えさせる

・部屋の灯りが暗い、と年中悲しむ

・靴のまま家に上がると道路にはどんなばい菌が落ちているか言えと言われる

・とんでもなく巨大なたんぱく質の塊を食う(豆腐)

・手を洗えとうるさい

・味噌汁の味がおかしいというと逆切れされる(いいお味噌がないから
 仕方ないとか言って)

・たまにはいい洋服を買ったら?と言うと、「いい服なんてどこにも
 売ってないじゃないか」 と怒られる。

・身体にいいからと納豆を朝食に食べるのだけは、やめてほしい。

・人が来るとどうしていつもより食事の品数が多いのか。

・なんとなく、家族より実家が大事そうな気がするのは、気のせいか・・・。

・君には性欲があるのか?

・ディッシュウォッシャーがあるのに、なんでコップやお皿をやたら使うと怒るのか?

・こっちの国や文化、習慣には文句を言うくせに、日本を少しでも批判をすると、
 なぜムキになって反論するのか?

・なんで、何でも効率のいい方法ばっかり考えるのか?(時間の節約とか
 段取りばかり考えてる)

・ポテトが主食だということを理解しない

・こどもの寝かしつけに添い寝をする

・食器洗浄機にいれるのに、入れる前にやたらきれいにするのはなぜ?

・ご飯を 数粒残しただけで『目がつぶれる!』と怒られる。
 なんでこんなに極端に怒られるわけ?

・太るのを気にしているくせに、子供の残したものを口に運んでいる。
 止めときゃいいのに

・たった一口残しただけで、どうしてそれくらい食べられないんだ!と
 文句を言われる

・溜めた熱いお湯と凄い量のぶくぶく洗剤で洗ったのに、洗剤を流して!と
 怒られる。僕の国ではぶくぶく洗剤の泡をパッパと切るだけで終わりで、
 今まで問題なく生きてきたのに。

・気持ち良くブクブク泡風呂に入って、そのままバスタオルで拭いて
 あがろうとしたら泡をシャワーで流してでろ!!と激怒。うっかり忘れると、
 寝室で聞き耳を立てて聞いているので、シャワー! と怒られる。

・バスタオル、バスローブを何回も週に何回も洗おうとする。僕はちょっと
 柔らなくなったタオルの方が好きなのに。

・日本から わざわざ バスタオルを買って帰る。吸収率が違うだとー?! 

・大きな買い物袋を玄関のカギを開けるときに地面に置いたら、すごく嫌な顔。
 それをせっかくそのまま台所に持っていったら もっと怒った!手伝ったのに

・毎日のように「愛してる」キス、ハグをして僕の気持ちを伝えてるのに
「うっとおしい!」と目が怒ってます

・それならばと思って、しばらく控えたあと心をこめて「愛してる」と言ったとこ
  ろ冷たい目で「何を企んでる?(What do you want?)」と聞かれた。
 何も企んでません・・・・。

・会社から電話しても、「僕だけど、元・・。」「元気!」

・「今日は、どんなことがあ・?」「特に何もない!」最後まで聞いてくれません・・・・

・そして、すぐに「じゃねっ」プーップーップーッ・・ああ、まだ話し終わってません

・日本に帰ると塩さえ買ってきます。僕の国にも塩はあります
「味が全然違うんだ!」と言いますが、塩は塩です

・靴下やTシャツが古くなっても「ユニ〇ロ」で買うから・・と言って、
 僕の国では買わせてくれません

・子供と一緒にアクション映画を見ると「バイオレント!」と怒るくせに、
 幼児と一緒に仮面ライダーを見てます。それはいいの?

・彼女の家では、お父さんが残飯整理係になってましたがいつの間にか
 僕もそのお役目を果たしていることに最近気がつきました
(「ああ、もうこれ食べられないよ。」「あ、じゃあ、お父さんにあげなさい。」
「なんか、これあんまりおいしくないなあ。」「あ、じゃあ、お父さんにあげなさい。」
 オトウサン、カワイソウデス・・・と思ってたのですが・・・。
 妻「〇〇ちゃん(僕です)、もう食べられないから、あげていい?」僕「OK・・(ア   ッ!)」)

・僕のワイフはアジア人ですと言わずジャパニーズだといえと言われる

・ソファーで紅茶をのみマフィンを食べ、アイシングがついた指について
「その指を舐めるの?それともソファーでふくつもり?」と聞かれる。

・Hの前に必ず30分肩こりやレッグマッサージをさせられる。Hがしたいならまず奉仕しなさいといわれる

・妻の要望で日本食レストランに食べにやって来たのに「この寿司はおいしい」とか「この牛丼はうまい!」とか言うと「知ったようなこと言わないでよ、
 こんな日本食の味で満足するなんてかわいそうな人」と何故かなじられる

・たまに夜シャワーを浴びないでベッドに入り、翌朝妻にバレると激怒され
 昨日洗ったばかりのシーツが洗濯機へ放り込まれる。

・アメリカ人の友人家族と集まる時は何も言わないのに、日本人の家族と
 集まる時はいろいろ口止めされたり、誰々さんに何を言うななど事前に指示が多い

・ 妻はいつも何かにつけて、アメリカってこれでも先進国なの?
 とぶつぶつ文句を言う。やっぱり日本は先進国の中の先進国よね〜と言う

そのくせ、やっぱりオバマ大統領は、すごいわね。さすがだわ。すてきだわ。
とベタ褒め。

以上。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:もうちょっと!!
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います





◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

深刻な環境汚染、「がん村」存在認める?! サイバー攻撃の嵐!! 《中国、中国、中国のニュースとサイバー攻撃》


2010.12.17 和泉川 キバナコスモス


大切な人たちが、
手の届かないところにいる時、
いつも祈りでハグします。
















中国の大気汚染は深刻ですが、その影響を日本だとはいえ多少なりともこうむることは避けられません。空気は一つの空の中で国境も何も関係なく広がっていきますから、来るなといっても、やってきます。
困ったものです。

日本にも、多くの中国の方々がおられます。その勢力は、なんかすごい。
働かなくなった日本人に替わって、よい働き手として、重宝されているのでしょう。
いくら一人っ子政策で人口は抑えられているといっても、莫大な人口を抱えていますから、狭い日本に大挙して来られたら、すぐに日本平定されてしまうことでしょうね。

思うに、中国が、もっと国力があった昔に、日本を攻めて来なかったのは、ラッキーでした。元寇というのがありましたが、元は今で言うモンゴルを中心とした王朝でした。
日本が朝鮮などを何回か攻めていますが、日本は長らく攻め込まれることのない、守られた国だったんですね。そう思います。

しかし、今の中国は、日本を奪う気はありありです。
危機管理の徹底したアメリカに対してすら、いくつものサイバー攻撃を仕掛けているくらい、したたかで手段は選んでないようです。
ですから、のほほんとした日本に対しては、どれほどありとあらゆる攻撃をしているでしょうか。

非を一切認めませんが、平然と領海侵犯し、そうしつつも確実にいろいろ探っているのでしょう。
内から外から、お金を使い、人を使い、心理作戦を入念に織り込んだ様々な方法。

たとえば、尖閣諸島については、竹島と違い、日本の領土であるのは明白であるのに、まるで宣言すれば自分のものになる、とでも言うように、しゃあしゃあと言っていますね。
そういうのを、横取りというのです。
ブータンの領土も、地図を書き換えて、中国領にしてしまいましたし、日本についても同様でしょう。

国際社会でも、ヒンシュクを買い、ずるいヤツ、油断がならないと、みんなから思われているのに、どこ吹く風ですから、なかなかその動きを阻止できません。

こういう相手だと、まずよく知るしかありません。そして、相手が悪いとか言っていても、その悪いヤツが、観念して心を入れ替えるということは、今の段階ではほぼ難しいので、よく研究して、対処するしかないのではないですか。

害虫駆除の方法もいろいろあり、方法により弊害、リスクもつきものですが、彼らをよく知り、自衛することがいいと思います。いろんな方法で、知恵を使い、こちらが飴と鞭を使い分けられるくらいになれば、問題はないと思うのですが。

どうも、「こんなことするなんて信じられない」と呆然とするだけで、なんらの有効な手だてもない、というのが現状なのではないですか。
中国を知る、その思想から、文化まで、よい点も問題点もすべて…。知らな過ぎですね。

その点、中国は日本をよく研究しているはずです。

今日は中国についてボロクソに言っているようですが、そうして私が結論として言いたいのは、中国をやっつけろ、ボコボコにしろ、ということではありません。
中国の悪いところも受け入れ、懐柔されろというわけでもありません。

中国と日本はどちらが正しいのでしょうか。
正しい者がいつかは勝つのです。
特に最近の世界は、本物しか実績を出せない時代となってきました。一時的に、結果を出すことがあったとしても、真っ当にやっていない場合はいつかしっぺ返しがきます。

ズルばかりしていて、それで済みはしません。が、わたしたちが仕返しする必要などありません。確実に彼らはしたことに対して、罰を受けるようになっています。運勢を失っていきます。ボロは出るし、メッキは剥がれるのです。

いい加減な張りぼてばかり作っていたら、雨漏りがするし、今起こっている大気汚染の問題も、出しているものが悪いから当然汚れ、それによって確実に健康被害が出るのです。

もちろん、近隣の国もその影響を受けないわけではないのですが、なんやかや言っている前に、自分が正しいことをしていく、しかありません。
昨日の聖徳太子も言っているように、公明正大にいくしかないのです。やったことの結果が返ってくるとしたら、そうするしかありません。

中国や、そのほか問題だらけの地球上の国々。ひとつとして問題のない国は存在しません。中国も問題だらけです。それをいい気味だとはいえません。メチャクチャなことをしたり、他を傷つけたり奪ったりしたなら、当然報いを受けることになるでしょう。

そうならないように、これ以上過ちを犯さないように、中国のために祈ります。
日本も真っ当な国のようでいて、過ちだらけでしょう。日本の美徳を活かせるように、心から祈ります。

こつこつと出来ることを繰り返すだけです。

2010.12.07 和泉川 キバナコスモス


冒頭の言葉は
kuri-maの拙訳です。。。


大切な人たちが、
手の届かないところにいる時、
いつも祈りでハグします。
When my arms can’t reach people who are close to my heart,
I always hug them with my prayers.

I'm glad the sky is painted blueさんの
フェイスブックより


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:上 キバナコスモス
下 キバナコスモス
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら