さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年12月25日

♪ 今日の僕は運がいい?! 「街角の風の中」 ♪尾崎豊の求めていたもの22


162493742_v1355795919.jpg


どこかに向け 枯れそうな夢
「僕はここだよ」と叫ぶ
だけど見えない涙は
こぼれる場所を捜し出せない




今日は、12月25日、クリスマスではありますが、尾崎豊さんの月命日ということで、1曲紹介したいと思います。

それほど知られている曲ではないのですが、それもそのはず、この曲は、当初アルバムの中にも入らなかったものです。
彼の死後、『街路樹+2』(2007年盤)に、「太陽の破片」と共に初めて組み込まれました。
最初に紹介されたのは、「核(CORE)」のカップリング曲(レコード時代ならB面に当たる曲)としてです。それなのに、なぜにアルバムに入らなかったのか疑問ですね。

「街路樹」は、尾崎自身もレコード会社を変わったところのアルバムで、「失敗作」と言っていたとも聞きますから、思うように作れなかったのかもしれません。
「作りたくないアルバムを作らされた」とも言っているということです。
私から見れば、というよりは、覚せい剤で捕まったりした時期でもあったので、彼自身が葛藤していたのが一番の問題だったのではないかと思います。
「作らされた」などという、こういう責任転嫁の言葉は、聞き苦しいですね。レコード会社の問題はもちろんあったとはいえです。
アーティストのこだわりというのもあるでしょうが。。。

この曲は、別れの曲であり、「孤独」を感じる曲ではありますが、あまり重くなくて、ぱっと聞いたときには、爽やかな曲だと感じるはずです。

「風に吹かれているよ」は「風に吹かれて」を連想しますね。彼の理想的な姿勢なのかもしれません。
やはり、サビの部分で「風に吹かれて」と歌う「遠い空」という曲もあります。→ 風に吹かれて 信じて見つめた「遠い空」?! ♪尾崎豊の求めていたもの16

また、これは、私がたまたま思い出しただけなのですが、「よりそい歩く恋人達」の部分は、浜田省吾さんの「片想い」のフレーズと同じです。
彼にとっても、尊敬するアーティストでしたし、以前のレコード会社CBSソニーの須藤晃さんが同時期に担当していたという関係でもありました。

どこかに向け 枯れそうな夢
「僕はここだよ」と叫ぶ
だけど見えない涙は
こぼれる場所を捜し出せない

彼はいまだに風に吹かれているのでしょうか。暗い中を彷徨っていなければいいのですが。

雨の中のライブの動画が見つかりましたので、添付します。





「 街角の風の中 」


街角には 人影もなく 失くした勇気捜して
優しさ無くす僕には ポケットの中に温もりもない
使い古された言葉でも
ちょっと気を利かせてみると
口ごもるよりはましな 歌も探し出せるさ

風に吹かれているよ 他には何もなくて
君が心閉ざした 街並に包まれたまま

ねぇ 今日の僕は運がいい
それぞれにあるわけの中
たった一言でも君に 傷つかずにいるなんて

どこかに向け 枯れそうな夢「僕はここだよ」と叫ぶ
だけど見えない涙は こぼれる場所を捜し出せない
よりそい歩く恋人達 人混みや影にのまれて
二人の道の終りが 僕には見えぬふりしよう

風が色を付けてく 恋を言葉に変えて
愛を守るというの 約束を自由に抱いて

(ねぇ 今日の僕は運がいい
それぞれにあるわけの中
たった一言でも君に 傷つかずにいるなんて)

ねぇ あれからどうしているの きっと君は生活に
奪われてゆく愛より 幸せになっただろう


(♪口笛)

(Woo)

尾崎 豊
()内は上の動画のライブでの演奏


冬空


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:冬空
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


posted by kuri-ma at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする