さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年12月21日

泣ける?! 鉄拳パラパラ漫画の描く壮絶人生「Follow Me」×MUSE、「弱い虫」×馬場俊英


温かな日でしたが。


よわいってなんだろう。
強いってなんだろう。
立派な人にならなくていい。
尊敬される人になれなくていい。
かっこ悪くても、
大切なものを抱きしめていたい。


馬場俊英

*☆*








今年、話題となった鉄拳さんのパラパラ漫画を取り上げる、第2弾です。

「振り子」で大ブレイクし、それがMUSEの公式MVともなりましたが、また新たに「Follow Me」という曲も公式MVとなったとのこと。

これは、寂しい人生に絶望した女性の半生を描きながら、同じように人生を嘆いていた男性と出会い、幸福な家庭を築いていくというハッピーエンドの物語です。

最初から胎児(赤ちゃん)が描かれているので、何かなぁと思っていたのですが、どうやら生まれ来る子供が将来の両親を導いていくというストーリーのようです。
あるいは、生まれてくる子どもの中で、親の命(人生)が息づいている、ということかもしれません。

最後に、亡くなったお母さんの写真と、今の家族の写真を重ねて、不幸のうちに亡くなったお母さんとも、幸せ家族の絆で結ばれているというかのように終わるのが素敵です。

*☆*

トップに付けたのは、鉄拳お得意の泣けるシリーズで、飲酒運転撲滅のために作成されたものです。もろ、泣けます。

先回と今日、紹介する以外にも、あちこちで活躍されています。
ドラゼミのCMにもなっていました。
DVDも出たようですね。

引く手あまたの鉄拳さんですが、一時は止めようと思ったということです。
確かに、一つの作品を作り上げるのは大変な労力ですから、気持ちがないとできないですね。
「振り子」などで認められるようになり、今は意欲をもって作品作りをされていることでしょう。

私としては、「泣ける」ものだけではなく、楽しくほのぼのした作品も、きっと作れる方だと思うので、今後さらに期待したいです。

*☆*


さて、今日もうひとつ紹介したいのが、いじめを描いた「弱い虫」という作品です。賛否両論のある作品で、私もちょっとエグすぎるなあとは思ったのですが、実際の冤罪事件を描いたということで、納得です。
力量ありますね。

また、コラボした馬場俊英さんの歌も、メッセージ性のあるもので、良いと思いました。下に歌詞を載せます。
動画の最後にあった、日本語・英語・韓国語・中国語でメッセージが、この記事の冒頭で紹介したものです。




「 弱い虫 」


雨にも負けず 風にも負けないで
欲はなく 決して怒らないで
褒められたって けなされたって
いつでも静かに 笑っている
ああ そういう人に ならなくていい
ああ なれなくていい
遠い街から 君の手紙
あんなこと こんなこと 毎日の出来事
「楽しい」と君が繰り返すたびに
本当は楽しくないんじゃないかと心配になる
ああ 暗闇の中に
君の淋しさ ぼんやりと浮かんでる
ああ 浮かんでいる
街角では 野良犬たちが 野良猫たちをイジメている
野良猫たちは ネズミをイジメて
ネズミたちは 虫たちをイジメてる
ああ 虫ケラたちは
何も言わず這いつくばって生きている
ああ そうさ生きている
誰より不幸で 誰より幸せか
下心がバレないよう びくびくしながら
誰かになるために 心を捨てるなよ
死にたくなるほど 自分を責めるなよ
ああ 街灯に群がる
人間たちの歌が聴こえてくる
ああ 聴こえてくる
ああ 上を向いて歩いても
涙あふれてきたならば
そうさ 僕に向かって 叫んで欲しい
弱虫でも かまわない 君よ優しい人になれ
泣き虫でも べつにかまわない
君よ素直な人になれ
ああ 誰かを困らせてまで
強くなる必要などあるものか
ああ あるものか
ビルの上から 街を眺めてごらん
しょせん僕らは 虫じゃないか
風に煽られて 雨に打たれて
ときどき涙ぐみながら歩けばいい
ああ 涙があふれたら 僕に向かって叫んでくれ
ああ 叫んでくれ




馬場俊英



今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:温かな日でしたが。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 泣ける?! 鉄拳パラパラ漫画に見る人生と生死、そしてあの世… ♪Muse公式MVになった「振り子」

  


posted by kuri-ma at 10:24| Comment(1) | TrackBack(0) | ♪歌の心(音楽と歌詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする