さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年12月19日

20代女子の憧れ、専業主婦。。。本当の幸せのためには?!


午後の明るい日差しの中に。


夫婦生活は、
長い長い会話である


ニーチェ






「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」こういう考えは古い、と考えられているのかと思いきや、このほどの調査では過半数を超えました。
特に20代の間では、専業主婦志向が高まっているようです。

20121215-260660-1-N.jpg


 内閣府は15日、「男女共同参画社会に関する世論調査」結果を発表した。

 「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」と考える人が、2009年の前回調査に比べ、10・3ポイント増の51・6%となった。世代別では、20歳代が19・3ポイントの増加で、伸び率が最も高かった。1992年の調査から一貫して賛成派が減り、反対派が増え続けていた傾向が、今回初めて反転した。

 20歳代を男女別で見ると、「妻は家庭を守るべきだ」と考える男性は55・7%(前回比21・4ポイント増)、女性は43・7%(同15・9ポイント増)に上った。宮田加久子明治学院大教授(社会心理学)は、「長引く就職難や景気低迷で、若者たちは先行きに強い不安を抱き、家庭をよりどころにしようとしているのでは。東日本大震災の後、家庭を大事にする意識が強まったことも要因として考えられる」と分析する。
(2012年12月16日09時29分 読売新聞)


9月にExileのHIROさんとの結婚した上戸彩さんも、理想は山口百恵さんだとか。上戸さんは仕事は続けるものの、内助の功というものを理想とした、新しい形の結婚の理想を見せてくれているのかもしれません。

20代女子の憧れとなってきている専業主婦。今回の調査では、20代男子の方が更にポイントが高かったですね。
20代といえば、おそらくバブルがはじける前に誕生した世代でしょうか。親はバブル最盛期に恋愛、結婚を経ているのではないでしょうか。

ちょうど男女雇用機会均等法が出され、女性も社会にどんどん進出していきました。その中での理想と現実のギャップは激しく、もちろん、男性以上にバリバリ頑張っている人もいますが、その分、結婚生活は犠牲になったかもしれません。
女性が外で働くには、優しい社会ではありません。また、家庭のことは相変わらず、女性が責任を持たざるを得なく、多くの負担を抱えながら、無理を押して日々をこなしている多くの女性がいることでしょう。

そして、そんな中、一番寂しい思いをするのが、子どもたちです。家にお母さんがいてくれるのは、やはり安心だし、心が落ち着くのでしょう。
もしかしたら、「夫は外で働き、妻は家庭を守る」という昔は当たり前だった家庭に、そうでない子どもたちは、憧れて育ったのかもしれません。

仕事をしている母であったとしても、子どもとの絆は作ることができます。親が、一生懸命働いたり、尊敬すべき仕事をしているということは、子どもたちの誇りになりますし、その間、しっかり保育してくれる人さえいれば、毎朝、毎晩、しっかりスキンシップや声掛けをしていけばよいのです。
専業主婦でも素晴らしいお母さんは多いですが、ぐうたらでろくに世話もしない母親だったら、外に出ている方がマシということにもなりますよね。

私は思うのです。
専業主婦かそうでないかは、問題ありません。ただし、どちらであっても、夫を支え、子どもを教育するという役目は、放棄することができない、ということです。
そうでなければ、女性自身が幸せを感じられないからです。

専業主婦の方が時間にも余裕があって、より理想の妻、母となれるのではないか、と考えられる方もいるでしょうね。
しかし、女性の社会から求められる項目も増えてきました。
家事の充実で素晴らしさを発揮する専業主婦もおられるでしょうが、なにかしら社会的な活動をしている、あるいは、パートの仕事をしている人の方が、幸福度が高いのだそうです。
女性が幸せであることは、家庭の幸福にも繋がることでしょう。

どんな形でもいいけれど、自分自身の生きがいプラス、よい夫を持ち、子どもを立派に育てられてこそ、女性は幸福といえるでしょう。
それには、内助の功、そしてよきお母さんであることも、仕事を持っていても、持っていなくても必要なのではないでしょうか。やはり、女性はマルチプレーヤーでなければならないようです。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:午後の明るい日差しの中に。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います