さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年12月02日

失くしたものは、失くしたもの?! 「白い帽子」金子みすゞ詩の世界44


2012.11.28 安曇野 大王わさび農場 エナガ


不器っちょな鳥さんへ◇

毛糸の帽子がほしい季節になってきました。
あったかくて、一度かぶり始めたら、
手放せなくなる帽子です。
そんな、愛着ある帽子を失くしてしまったら…




「 白い帽子 」


白い帽子、
あったかい帽子、
惜しい帽子。
 
でも、もういいの、
失くしたものは、
失くしたものよ。
 
けれど、帽子よ、
お願いだから、
溝やなんぞに落ちないで、
どこぞの、高い木の枝に、
ちょいとしなよくかかってね、
私みたいに、不器っちょで、
よう巣をかけぬかわいそな鳥の、
あったかい、いい巣になっておやり。
 
白い帽子、
毛糸の帽子。


金子みすゞ


ちょっと詩のリズム的には、もたつき観がある詩なんですが、
それも素朴に感じるといいましょうか。
この詩の中の少女の、あるいはみすゞの心がきれいなので、
この詩の温かみというのに繋がって、
味わいのあるものになっていると思うのです。

お気に入りの、失くすには惜しい、白い毛糸の帽子を失くしてしまって、
「失くしたものは失くしたものよ」と割り切ろうとするのですが、
どうせなら、溝なんかに落ちないで、
かわいそうな鳥の巣になってあげて、と願うという、
とても、かわいらしい、いじらしい思い…。

私みたいに不器用で、自分で巣も上手に作れないかわいそうな小鳥に、
せめて温かい巣を提供してあげてほしい。
そうだと想像すれば、失くしたことも諦めがつくのに…。

彼女は、不器っちょで、自分で何もできない、
そんなちっぽけな存在と感じていたのでしょうか。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:安曇野 大王わさび農場 エナガ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


posted by kuri-ma at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 金子みすゞの詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする