さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年11月30日

地獄の最下層に行く人たちとは?! 「地獄」1《 霊界ってあるんでしょうか10》


2012.11.28 安曇野 大王わさび農場 紅葉


アフガンでまた残虐な事件があったということで(下記)、関連の記事に訪問してくださり、今日もすでにアクセス数が多いのですが、昨日は一つの記事で3000近く、総訪問者数4894、アクセス数6896という桁外れの結果に驚いています。

今日は全然違うといいますか、このブログの本来の趣旨でもある、霊界についてのお話をします。

先回は、天国の話でした。今日は地獄のお話となるのですが、私たちの頭で地獄を考えてみたときに、先に取り上げたアフガンの事件などは、まるで地獄を連想してしまいますね。
アフガニスタンでは女性の87%が身体的、性的、精神的な暴力を受けたり、強制的に結婚させられた経験があるということです。
暴力、それもアフガンなどで見られる暴力は、残虐を極めます。

事実、地獄というのは、暴力、盗み、レイプなどが日常茶飯事に行われている、無法地帯であり、お互いが加害者であり被害者であるという、恐ろしい世界です。
アフガンの残虐さもチョロイというほどの世界だといいます。

今日は地獄の1回目なので、地獄の全体像をお伝えしましょう。
地獄といっても、あまりに広大で深いのですが、多くの階層に分かれているといいます。
悪いことをした人が地獄に行くというのは、間違いのない話なのですが、その悪いことの種類やあくどさに応じて、いろんな地獄があります。
地下の駐車場が、何階にも分かれ、下に向かっていくように、数え切れないほどの多くの階層の地獄があるといいます。

さて、その最下層は、どんな悪人がいくところだと思いますか?
テロリストや、凶悪な事件を犯した殺人者でしょうか。何万人も粛清した独裁者たちでしょうか。
もちろんそのような人たちが行く地獄もあるでしょうが、最下層は更に特別なところだといいます。

一つは、何度か自殺の話で触れたことがある、「自殺者」たちの行く場所です。
そこは地獄の最下層、というよりは、地獄の底があるとしたら、そこから、また穴に落ち込んだような場所といいましょうか。地獄からも足を踏み外してしまったような、別格な世界です。
しかし、そこも地獄としか言いようがありませんから、地獄の一部ではあるのですが。

それでは、地獄の正規の最下層に行くような人たちは、生前どんな恐ろしい罪を犯したのでしょうか?
実は、この最下層、現代ではとても膨れ上がり、恐らくは、地獄は、ピラミッドのように底辺が広がっているのではないかと思われます。

人から物を奪う、地位名誉を傷つけ奪う、命を奪う…、様々な悪いことを人間は犯しますが、人から愛を奪ったり汚したりすることが、最も重い罪だといいます。
ああ、レイプ犯ね、確かに増えているよな、ではないのです。

実は、合意の上だったとしても、情欲に駆られて道を誤った場合は、アウトなのだそうです。モテルことが罪になるかもしれないわけです。
確かに、妻たちにとって、もっとも許せないし、傷つくのは夫の浮気です。人の愛情を裏切り、傷つけることは、これは大きな条件に引っかかるわけです。

また、地獄に行くような人は、たった1種類の罪を犯したというだけの人は稀で、複数の罪を犯していますから、地獄の階層が複雑にいり込んでいくのです。

奪うこと、傷つけること、汚すこと、殺すことが、私たちの霊界での評価に引っかかる条件となるようです。些細なことでも、地獄行きになるとも限りません。
そして、中でも情欲に関わることは大きな条件に引っ掛かり、最下層行き、となるかもしれないとなると、私たちももしかして、地獄行き候補のリストに名前が載っているかもしれません。

ですから、私たちは今、死ぬわけにはいきませんね。
この世でも、罪を犯したら、それを償い、更生する道があります。
今まで犯してきてしまったことは、ある意味シミのように取れないかもしれない汚点ではありますが、今からでも、それ以上に、挽回することは可能だということです。

本来、神様が霊界というものを準備したのは、人間が愛し愛されながら、その人の良さを発揮して、永遠に幸せに生きてほしいという、深い愛からです。
地獄に送るために、永遠の世界を作ったのではない、ということです。
神様は、確かに人間を地獄に落とされたかもしれませんが、その人間たちが自ら、作り出したのが地獄です。そしてその後も続々地獄に落とされた人たちが、自分の基準に合う所に集まり、生活しながら、様々な階級の地獄が生まれていったのです。

当面の私たちの目標は、自分の心を地獄にしないということでしょうか。いつも天国のような、愛情に満ちた心になるようにしていくのです。
そして悪いことを習慣化しないように、その都度失敗は雑巾でぬぐっておかなければなりませんね。
誰のせいでも、どんな環境のせいでもありません。感謝していくしかありません。

この世で、アフガンの少女・女性たちのような仕打ちを受けることがなくなりますように。この世の地獄よりも恐ろしいという地獄に、行く人がいなくなりますように。まずは1人でも、減りますように。

私も地獄に落ちたなら、自分では抜け出ることができません。地獄というのは、スポッと入ったら、そこから外に出ることができないのです。
ですから、悪いことはしない、近づかない。特に甘い罠には気をつけなければなりませんね。

笑顔で挨拶、プチお祈り。できることから始めましょう。

地獄の話は、まだまだ続きます。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:安曇野 大王わさび農場 紅葉
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

新カテゴリーを作りました。
「中東・イスラム圏、インド」でまとめました。
よろしければ見てください。