さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年11月18日

どうしようもなく寂しくなったら、駆けつけてあげるから… ♪「いつか」ゆず


十和田・奥入瀬16


今年は雪が降るのかな?

降り積もった 真っ白な雪は
全ての事を 包み込んで行くだろう… 




ちょうど、季節の歌かなと思い紹介します。

「少しずつ風が冷たくなってきたから、風邪を引きやすいあなたのことが気になります…」

こんな優しい言葉を言ってほしかった、と思うようなグッとくる言葉が続きます。ただの浮ついた愛の言葉ではなく、心が温かくなる言葉です。

「いつか又どうしょうもなく寂しくなったその時は、何処にいても何をしてても、駆けつけてあげるから…」

実際、少しずつ風が冷たくなってきたこの頃ですから、こんな温かい言葉は胸の奥にまで染み込むようです。

温かい言葉を言えるのはどうしてかというと、温かい気持ちがあるからでしょう。温かい気持ちというのは、もともとあるのかもしれませんが、寒さや寂しさを身に沁みて感じるから、そんな体験があるから、きっとできるのでしょう。

冷たい風が吹いてきて、私にも温かい言葉を掛けてほしいなぁなんて、思うかもしれません。
そういう時は、ゆずのこの歌をきいて・・・、それから、自分自身の方から一言、温かい言葉を言うのがいいかなぁと思うのです。

大切な人には、せめて温かい言葉をかけてあげれるでしょう。
そうやって、温かい仲間や温かい家族が増えていけば、一つのストーブでも、温かさは分け合えるのでしょう。



ゆず&小田和正



「 い つ か 」


少しずつ街の 風も冷たくなってきたから
風邪をひきやすい あなたの事が気になります
冬の匂いが 僕を通り抜け始めると
溢れる程 切なくて逢いたくて…

傷つきながらもがきながら
僕達は明日という日を 夢見て生きていく

いつか又どうしょうもなく 寂しくなったその時は
何処にいても何をしてても 駆けつけてあげるから
ありふれてる言葉なんて 捨て去ってしまおう
何も要らないあなたがいる それだけが僕の全て

今年は雪が降るのかな?
びしょ濡れになって はしゃいだあの日
降り積もった 真っ白な雪は
全ての事を 包み込んで行くだろう…

戸惑いながらつまづきながら
僕達は昨日という日を かみしめて歩いて行く

いつか又どうしょうもなく 寂しくなったその時は
何処にいても何をしてても 駆けつけてあげるから
ありふれている言葉なんて 捨て去ってしまおう
何も要らないあなたがいる それだけが僕の全て

Wo,ho−ho−ho−
大事なことをごまかしながら 誰も目をつぶり
一人ぼっちになりそうになっても 
もう大丈夫だから

いつか又大きな波が あなたを連れ去ろうとしても
全ての力使い果たし 守ってあげるから
時間は過ぎ人は流れ 何もかも見えなくなっても
ここに居るすぐ傍に それだけが僕の全て

不安を抱き 悲しみに打たれ
信じる事に 挫けそうになっても
あなたを想い唄い続けて行く 
それだけが僕の全て


ゆず(北川悠仁)



今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:十和田・奥入瀬16
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


ラベル:いつか ゆず
posted by kuri-ma at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪歌の心(音楽と歌詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする