さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年11月08日

誰も知らないうちにする楽しみ?! 「落葉」 金子みすゞ詩の世界43


2010.11.18 和泉川 落葉 桜


落ち葉の季節ですね。
街角にも住宅街にも
舞っては積もっています。
しかし
落ち葉をはくという習慣は
なくなってきたような気がします。
ここには、少し懐かしい
晩秋の情景が描かれています。



「 落  葉 」

お背戸にゃ落ち葉がいっぱいだ、
たあれも知らないそのうちに、
こっそり掃いておきましょか。
 
ひとりでしようと思ったら、
ひとりで嬉しくなって来た。
 
さらりと一掃(ひとは)き掃いたとき、
表に楽隊やって来た。
 
あとで、あとでと駆け出して、
通りの角までついてった。
 
そして、帰ってみた時にゃ、
誰か、きれいに掃いていた、
落葉、のこらずすてていた。



金子みすゞ
「さみしい王女」より



昔は、表を竹箒などで掃いている人を見かけましたが、そういうことは情緒のあることだったのかもしれない、と思うほど見かけなくなりました。
きっと日本のどこかでは、まだこの時期、落ち葉を掃除する風流な人がいてくれることでしょう。

子どもにとって、落ち葉を掃くということは、楽しくて、しかもいいことをしたとほめられる、一石二鳥のことなのではないでしょうか。
たくさん集まった落ち葉は宝の山に見えるのかもしれません。

誰も知られないうちに、そっと掃いておこうと思ったのに、先を越されてしまい、落ち葉は影もなく、処分されてしまった後でした。
楽しみを取られてしまった、というかのような、少し残念げな少女の顔が浮かぶような、余韻の残る詩です。

昔はテレビもゲームもありません。
楽隊がやってきて、飛び出していく。なんかのどかですね。

お背戸というのは、裏口や裏門のことをいうのだそうです。

最近は裏口のある家は少なくなりましたね。
私の子どもの頃の家や、実家には勝手口というものがありましたが、最近の関東の家を見ると、それすらないですね。(大きな家にはあるのでしょうが。)

玄関がいいものも悪いものも出入りする場所になっています。
昔は、裏の家には、裏を通って裏門からいけましたが、家は裏側に見えていても、表通りに出て、この道は袋小路だから、ぐるっと回ってそこからしか入れない、一方通行の吹きどまりの家が多いようです。
よい福だけを招く玄関と、悪いものを排出する裏門とあった方が、風水的にもきっといいのではないでしょうか。

また、外で遊ぶ子どもたちの声もあまり聞こえません。子どもの声は、私はうるさくてストレスになるほど聞かせてもらっていますが、子どもが楽しそうに遊んでいる声というのは、私たちの心を癒したりもすると思います。

家の中は温かく快適ですが、土地も狭く、住宅地も袋小路だらけ。悪い気がたまっていそうな昨今の住宅事情ですね。また少子化で、浄化してくれそうな子どもの笑い声も少ないような気がします。

話がわき道にそれました。
いずれにしても、秋深い頃の、情景の浮かんでくるような一編ですね。

狭い家に住んでいても、このような詩を通して気分転換をして、心は広々と、ゆったりして、まだ終わらない秋を楽しみたいですね。
私も、誰も知らないうちに、何かいいことを探してやってみようかな…。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:落葉 桜
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


posted by kuri-ma at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 金子みすゞの詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする