さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年11月02日

〜「幸福感」を感じるための手引き〜 気が散ってばかりだと不幸になる?!《ニュース幸福の研究》


2012.11.01 和泉川 シャクチリソバ 朝日


今この瞬間に
あなたが無常の喜びを感じていないとしたら、
理由は一つしかない。
自分が持っていないもののことを考えているからだ。
喜びを感じられるものは、
全てあなたの手の中にあるというのに。


アントニー・デ・メロ





不幸だから、気が散るのではなく、気が散るから不幸だと感じるとの研究結果のようですよ。↑

ヨガや禅などで、集中するのはいいといわれますが、思い悩むことがあると集中が難しいものです。瞑想は心を平安にしますが、気が散ってばかりだと、瞑想になりませんよね。

言葉を変えれば、集中して何かをしているときには、幸福感を感じやすい、ということでしょう。いかに余分なことを考えずに、純粋にその時間を楽しめるか、ということですね。

このニュースは、「さまよう心(wandering mind)は不幸な心である 」という「サイエンス」に発表された論文についての記事です。
「サイエンス」では、wandering mindを、さまよう心と言っていますが、直訳過ぎてわかりにくいです。この場合、当てもない、横道に逸れたような思いのことを言っているかと思います。
「気が散っていること」、このAFPの訳の方が適切ですね。

幸福度が最も高かった行為は「セックス」「スポーツエクササイズ」「おしゃべり」で、幸福度が最も低かった行為は「自宅でパソコンを使う」「休息」「仕事」だった。


この研究結果でも、集中して体を動かす行為がいいようですね。
打ち込むものがある時、たとえ心配事があっても忘れられたり、充実感や達成感を感じることもあるでしょう。

心配事がない時でも、気が散る人はいるかと思うのですが、目標を持つことでかなり集中できるのではないでしょうか。

同じ体を動かすことでも、セックスやスポーツは幸福感を感じるのに対し、仕事はそうでないのは、気持ちの持ち方でしょう。集中できず、早く終わらないかなぁと思っている時は、幸福感を感じるわけがありません。
仕事にも目標ややりがいを持って取り組む時は、幸福感を感じるのでは?

いかに、人事ではなく、自分を主体にするか。自分が進んでやることは、集中できるし、充実し幸福感につながるでしょう。

余計なことは考えない。
マイナス的なことを考えている、あるいはこの論文にある「さまよう心」を持つだけでも、不幸な思いにつながるというのですから。

「おしゃべり」の時間は幸福感を感じる3番目の要素になっていますね。
これについては、こちらの記事をどうぞ。↓


それでは、物事に集中して、気が散らないためにどうしたらいいのでしょうか。
私流の方法を混ぜながら、まとめてみます。

・今やるべきことをはっきりさせること。
 目的を持つ。

・自分の生きがいや目的以外のこと、たとえば仕事でも、
 そのなかにやりがいや目的を見出してしまう。
 できれば、楽しんでしまう。

・そして何事も、自分から目的や動機を持って物事に当たること。
 いやいやするのではなく。

・挨拶をしよう。
 そしてそこから会話に発展すればなおいい。
 人との会話は自分にもプラスになるから、ラッキーと考える。

・お祈りや瞑想で、気持ちを集中させるのもいい。

・集中できないほど大変な時は、人に話してしまう。

・それもパス、という時は、体を動かしてみる。

・休養は気分転換になるくらいに、適度にメリハリをつけて。

・できれば一人でなく、誰かと楽しむ。
 大切な人との会話やスキンシップは、何よりの慰労になる。

・どうせなら、人のためになることをする。

・言うまでもなく、プラス思考で。



これが私の「気が散らず、幸福感を感じる」ための手引きです。
いかがでしょうか。

とりとめのない私のおしゃべりにお付き合いくださって、ありがとうございます。

「パソコンを使う」のは幸福度のランキングが低いですが、私は楽しいけどなぁ。目的を持ってPCを使うのは楽しいのかもしれません。
なんとなくのネットサーフィンで訪問してくださった方も、これを読んで気合が入いってくだされば嬉しいです。
また、下にその他の、幸福にまつわる研究結果のニュースを掲載しましたので、参考にしてください。


今日もいい一日を!

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村
写真は:シャクチリソバ 朝日 posted by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

今日の記事はこちらの記事を再編集しました

参照サイエンス      英語→こちら
   論文のサイエンスでの原題は“A Wandering Mind Is an Unhappy Mind”
   by Matthew A. Killingsworth and Daniel T. Gilbert
 

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2774216/6430101
太極拳は関節炎の痛みを柔らげる、米研究


http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2698018/5358490
幸せな人ほど心臓病になりにくい、医学データで初めて確認


http://www.afpbb.com/article/economy/2754328/6163691
お金で「幸せ」買えます、ただし年収630万円まで 米研究