さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年11月21日

正直者は馬鹿をみない?! 現金7300万円の忘れ物を返却したタクシー運転手 《置き忘れニュース》集めました


57180370_v1353455809.jpg












7300万相当の大金の忘れ物を、正直に届けたという、シンガポールのタクシー運転手。善良そうな顔をされています。
「置き忘れ」で、AFPニュース内で検索すると、過去いろいろなニュースが、掛かってきました。なかなか興味深いので、こんな機会はないかと思い、まとめて紹介します。

この世には本当に「馬鹿正直」という人もいますね。本当に善良な人もいるのです。
人が困るだろうな、ということができない、そんな根っからの正直者というのでしょうか。

聞いた話です。
ある人が、あまりに辛いことがあり、死にたいと思い詰めたのだそうです。
そして、死に場所を探すのですが、電車へ飛び込めば、迷惑をかける、高いビルから飛び降りようともしましたが、通行人を巻き添えにしたくありませんでした。
結局、「死のう」と決意を固めているのに、死ぬことができなかったそうです。
きっと、家族のことを思い出したのかもしれません。自分が死んだらどれほど悲しむだろうか、そう思えば、思いやり深い人は、死を選ぶことはできないんですね。

トップにあげたタクシー運転手の爽やかな顔を見ると、正直に生きると、顔に表れるな、と思うのです。
公明正大に生き、いい事をしたなぁ、という時には、その顔が輝くのです。

3番目のニュースの、タイの運転手はどうかというと、報酬を得たくて正直者を演じた、といいますか、自分の損得を計りにしている気がしますね。

また、iPadをネコババした客室乗務員が、お縄になったように、最近はノートpcなども、アプリで捜索できるようです。
悪いことはできないですね。

「誰も見ていなくても、お天道さまは見ている」と、私のお祖父ちゃんなどはそう言っていましたが、それは真実です。
そういう、儒教的な倫理観というのは、正直に生きる手助けになってきたと思います。

そう思って、小さい頃から生活してきた人は、人目ではなく、天の目を気にしますから、誰も見ていなかったとしても、良心に従うのが癖になっているんですね。不正直なことができないのです。

たまたまよいことをしたのではなく、普段からしていることを当たり前のようにしていく中で、今回の運転手さんのように、大きな謝礼をもらうことになったんですね。
お礼がもらえるから、返したわけではない、ということがミソです。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:イチョウ落ち葉
by じゅんじゅんさん
タイトルクリックで写真のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


posted by kuri-ma at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

残虐な事件をなくすために2 「少年を見た」娘、母親が酸かけ死亡、5歳女児に性的暴行etc. 《アフガン&パキスタンのニュース》

新カテゴリーを作りました。
「中東・イスラム圏、インド」でまとめました。
よろしければ見てください。

冬めく日に・・・








先日もパキスタンのニュースを紹介しました。地元の有力者の娘の拉致・レイプ事件に関与した父親が、代償に9歳の娘を差し出すようにという村の議会の決定に合意していたというものです。

かたや、少年を見ていた、というだけで15歳の娘に酸を掛け死亡させた母親もいます。これは、中東などで多い名誉殺人の、一例で、両親は彼女を2日間放置し死に至らせたばかりか、「娘はこういう風に死ぬ運命だったのです」と言っています。

キリスト教少女の冒涜事件というのは、ちょっと毛色が違いますが、容疑者は「ここからキリスト教徒を追い出すにはこうするしかなかった」と語っています。イスラム教を絶対視するがゆえの確信犯ですね。

女性蔑視により、暴力(レイプも含む)はまるで当然というかのような社会。女性の人権などは考えることもないのでしょう。
米国でもレイプ事件がとても多いのですが、イスラム圏とはまた少し感じが違う気がします。(米女性の強姦被害は5人に1人?!
基本的な女性への人権が守られないことが多いのでしょう。
コンゴでも、大量に起こっており、憂慮すべきことです。 こちら
最近のニュースを見てみる時に、その中でもさらに、アフガンとパキの残虐さは、酷いとか惨いとかの極みのような気がします。

名誉殺人とは、結婚前の男女が性関係を持った、また、結婚後であれば、不倫を犯したということであれば、家族・親族に不名誉になると考え、彼らを殺害するのです。それは、レイプされた女性も同様です。
不倫で即公開処刑、というニュースも以前紹介しました。(この場合はタリバンが絡んでいたので、また特殊ですが…。)

ではイスラム圏の人たちは、性的に潔癖で品行的なのかといえばそうではありません。
そのくせ、自分と敵対する関係にある家族の女性には、暴行を加えてもいいと考えているように見えます。
また、売春婦というのも、もちろん存在します。
一夫多妻制であり、男性は精力旺盛にも見えます。もともと、1人の奥さんだけを愛するというのではありませんし、女性を戦利品のように物のようにとらえているところがあるのでしょうか。

それにしても、少年を見ただけで、というのはすごいことですね。
娘をかわいいと思わないのか。。。

母親が酸を掛けたということ、そしてそれを当然と思っていることが、なんとも言えません。
自分が正しいと思う気持ちというのは、時に恐ろしいですね。
自分の娘を自ら殺すことになるのですから…。

これは、イスラム教が間違っているとか、言うつもりはありません。ムスリムには、それはそれで、いい内容があるはずです。
ただし、それで他の人を傷つけたり、おとしめたり、ということは行き過ぎであること、その人の狭い心が招いていることだ、といえると思いますね。

女性の恨みが深く濃く、何世代にも渡って沁み込んでいるので、簡単ではないと思います。
しかし、アフガン、パキにもそういう暴力なしに、家族仲良く生きている人たちもいることでしょう。
そして、自分が苦しみを受けたとしても、子どもを守ろうとする、お母さんもいることでしょう。

心痛い暴力、特に性的暴行がなくなることを、心から祈ります。
具体的に祈ることは、きっと効果がありますので、何もできないけれど、祈っていきたいと思うのです。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:冬めく日に・・・
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maのアフガン・パキ、中東関連記事
 残虐な事件をなくすためには?! 売春拒否で斬首された嫁、アフガン、人権擁護訴え頭打たれた少女、パキ
 不倫で即公開処刑?!《アフガンのニュース》+相田みつをの言葉「苔のつぶやき」
 アフガンの女性たち〜強姦され逆に姦通罪で服役「加害者と結婚するしかない」、トイレに5ヶ月監禁15歳妻など
 タリバン夫に鼻と耳を削がれたアフガン女性?!話題の写真が大賞に
 母の日に寄せて☆「姑が感涙する嫁の言葉」、母親に最も適した国(母親指標)?!「男の国」アフガンで大統領目指す女性etc.
 シリア死亡の山本美香さん、なぜ戦地に赴き続けたのか?! ←「大学での学位目指した妻の指を夫が切断、バングラデシュ」やシリヤのニュースも掲載

 
posted by kuri-ma at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東・イスラム圏、インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

黄金色なのに銀杏?! 紅葉まっさかりの写真集 東京・ドイツより


晩秋の風景・昭和記念公園 "イチョウ並木" 。


どの一片(ひとひら)の落葉も、
舞い落ちながら
宇宙の最大の法則の一つを満たす。


リルケ







黄金色に輝く銀杏の葉、晩秋の風物詩ですね。

以前から、なぜにイチョウは「銀杏」と書くのか、不思議に思っていました。銀色ではなく、どちらかというと金なのに、なぜ銀杏なのか・・・。

調べてみたのですが、どうもよくわかりません。

中国では「銀杏(ぎんあん)」という言葉があり、これがイチョウの実、ぎんなんの語源となったことは間違いなさそうです。
イチョウを銀杏と書くのは、中国語から来たということなのでしょう。

日本語でイチョウと呼ぶのは、中国語で「アヒルの足」という意味である、鴨脚 (イアチァオ)の転訛であるとする通説もあります。これはイチョウの葉がアヒルの足のようであることから出た言葉だということ。

しかし、私の疑問であるなぜ「銀」なのか、その理由はわからないんですね。
やはり今年も不思議に思いつつ、銀杏の季節を迎えてきました。

AFPのニュースは都内のどこかの記述はありませんが、銀杏並木の美しい写真が複数掲載されています。
子どもたちの笑顔もいいですね。行楽日和、よい日曜日を過ごされたことでしょう。

(1週遅れですが、11月といえば七五三の写真ニュースも下に添付しました。)
ドイツからは、ハノーバーの森と、Schluch湖の写真です。

もみじの紅葉も素晴らしいですし、銀杏の黄金色も素晴らしいですよね。

どうして、秋になると葉が紅葉するのか、とても不思議なことです。
これも自然からの大きなプレゼントでしょうか。
人間以外には、この紅葉に感動する存在もないでしょうから、神様の計らいとも思えますね。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:晩秋の風景・昭和記念公園 "イチョウ並木" 。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います




posted by kuri-ma at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の国々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする