さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年10月21日

故金正日の孫のインタビュー1 フィンランドで放映?!






金正日氏の孫、正男氏の息子さんのインタビューがTV放映されたとのこと。叔父である金正恩氏を、「独裁者」である、卒業後は「世界平和」に貢献したいと言っています。

17歳の彼が語る思いは真実なのかもしれません。

金正恩氏が独裁者なのは、明らかです。今更、彼が語るまでもありません。
彼の立場からすれば、北朝鮮の体制に対する、反逆以外の何ものでもないでしょう。あえて、宣言したということでしょうか。まさか北朝鮮側のパフォーマンスということでもないでしょうし…。

今は、自由な環境で、学生たちと自由に接することができるのでしょう。 *ただし、彼は北朝鮮本国からの支援で留学できているのではないでしょうか。
こんなことを言ってしまっていいのでしょうか。
言わせてしまってよかったのでしょうか。

北朝鮮の経済事情は切迫しています。だからといって、何を言っても許される状況になったとは思えません。
身の危険があるのではないでしょうか。彼の単独行動だとしたら、誰が彼を守れるのか、心配になってしまいました。老婆心でしょうか。

脱北者は命を懸けるのです。
彼は亡命を表明したのではないでしょう。命を懸ける決意があるのかどうかも、わかりませんが、インタビューに答える様子からは、真摯なものを感じて、記事にすることにしました。

英語と韓国語のものしかありませんが、わかる方は中身を検証してみてください。今朝は私もじっくり見てみたいと思います。英語版(ボスニア・ヘルツェゴビナ版)の一つ目だけ添付します。
とりあえず、記事をUPして、また、明日お話することにします。

*(今日の記事の内容は、私が金正男氏の状況などをよく知らなかったため、とんちんかんな感想を述べていますが、翌日の記事をお読みください)


英語のインタビュー1'35″より


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村