さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年10月19日

神の霊感のシャワーに打たれた詩?! 「秋の祈」高村光太郎 +【世界の秋の写真とニュース】


秋に祈る…
すると、
大切なものが、光のように
降り注いでくる…。
秋のシャワーを浴びよう◇

信州の空♪


魂いななき
清浄の水こころに流れ
こころ眼をあけ
童子となる




高校の時、教科書に載ったこの詩に触れて、好きになりました。
とても難しい詩なのですが、なんだか、秋晴れの空の下、大きな声で朗読したくなるような(実際は絶対しないのですが)爽やかな詩、そういう印象で、空は喨々と空に鳴り…というリズムや音感も好きでした。

秋のすがすがしい空と空気に触れて、若い魂が踊るような感動を表現したものか、と感じていました。

今、改めて読んでみると、彼は秋の空や自然を通して、神様に会ったのだろうと思います。神か、何か見えないけれど偉大な存在に。

祈る言葉もなく、ただ空を仰いでいた。
本当は、言葉は必要ないのでしょう。強烈なインスピレーションですね。

「よろこびとさびしさとおそろしさとに跪(ひざまず)く」という表現の中にあるように、彼は根底に罪悪感のようなものを持っていて、だから喜びと共に、畏れも感じています。また寂しさも感じています。

人はみな、どこか心の底に、本当の自分でいないことの後ろめたさや、やりきれなさを持っています。このままではいけないのに、という思いもあります。
また、誰もわかってはくれない、そんな孤独感もあります。

この詩には、そんな畏れや孤独からも、解き放たれるような、開放的なものを感じます。
言葉もなく祈る中で、無言の答えがあったのでしょうか。

秋の澄み切った空を見上げながら、光や空気、自然の様子を感じながら、滝にでも打たれたかのように、霊感に満たされる。これは神様の精神に触れた、貴重な体験をつづった詩だと思います。
(読みやすいように現代かなになおし、振り仮名を振ってみました。)




「 秋の祈(いのり)


秋は喨々(りょうりょう)と空に鳴り
空は水色、鳥が飛び
魂いななき
清浄の水こころに流れ
こころ眼をあけ
童子となる

多端粉雑の過去は眼の前に横たわり
血脈をわれに送る
秋の日を浴びてわれは静かにありとある此(これ)を見る
地中の営みをみずから祝福し
わが一生の道程を胸せまって思いながめ
奮然としていのる
いのる言葉を知らず
涙いでて
光にうたれ
木の葉の散りしくを見
獣のキキとして奔(はし)るを見
飛ぶ雲と風に吹かれるを庭前の草とを見
かくの如き因果歴々の律を見て
こころは強い恩愛を感じ
又止みがたい責めを思い
堪えがたく
よろこびとさびしさとおそろしさとに跪(ひざまず)
いのる言葉を知らず
ただわれは空を仰いでいのる
空は水色
秋は喨々と空に鳴る


高村光太郎
「道程」より



尚、冒頭に抜き出した部分、「魂いななき」というのは、私的に、秀逸だと思う部分です。
すでに「秋」と「空」という言葉を出した後なので、「天高く 馬肥ゆる秋」という言葉を連想させ、秋晴れが目にどうしても浮かんできてしまうのです。

秋という季節が、深く味わいがあるものの、一言でいって、気持ちがいいのと同じで、やはり、気持ちのいい詩です。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:信州の空♪
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

【kuri-maの高村光太郎関連記事】
 東京に空がない?!「あどけない話」高村光太郎 智恵子抄より
 東京には空がなく、僕の前に道はない、…秋の祈りとは?!
  ↑ ここでも「秋の祈」を紹介しています
 私の前に道はない、後ろには道ができる?!








posted by kuri-ma at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の本棚 文学の香り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする