さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年10月31日

ハロウィンはどこの国のもの?! 世界を制覇する米国型ハロウィン【2012年版ハロウィーンニュース】2


混雑する窓。


我々は霊的な経験をしている人間ではない。
人間的な経験をしている霊なのである。


ティルハード・D・チャーディン











「ハロウィンって日本にもあるの?」という今日の子供の質問でした。

最近の風潮を見れば、ハロウィン=仮装 という感じになっています。
川崎には10万人の見物人が集まったということですが、仮装している人を見てみると、コスプレ好きの若者たちの格好(かっこう)の披露の場ですね。

ハロウィンが何なのかということは先日あげたこちらの記事をお読みください。→ Happyなの?!ハロウィンって何でしょう??【2012年版ハロウィーンニュース】

前の記事でお伝えしたように、ハロウィンはもともとアイルランドなど、ケルト地方の収穫のお祭りで、かぼちゃではなくりんごを使うことが多かったようです。
その日はケルトでは大晦日のようなもので、先祖の霊や、精霊などが異界(霊界)の境界線を越え、やってくると信じられていました。
恐ろしい精霊、悪霊を追い払うための扮装が、アメリカに行き、現代の仮装になったようですね。

子供たちがトリック・オア・トリートと言ってお菓子をもらいながら家々を回るというのは、やはり米国で盛んになったものですね。歴史の浅いアメリカにとっては、もはや伝統行事といってもいいのではないでしょうか。

ここ10年ほど前から、すっかり日本にも定着した感のあるハロウィンですが、ようするにお化けのお祭りのようなもの、楽しいイベントという感じですね。
まあ10月の風物詩、といえるのではないでしょうか。私的には、グロテスクなものは、やめてほしいですが…。

今日のタイトルの答えは、ハロウィンは、もともとアイルランドやスコットランド(英国の一部)のケルト民族のお祭りでした。それがヨーロッパに部分的に広がっていました。

しかし、現代のハロウィンの発祥というのは、アメリカなのではないか、と思うのです。
アメリカの文化に定着した、アメリカ版ハロウィンが、今ヨーロッパにも、全世界にも伝わっているというのが、本当のところ、私たちが認識するハロウィンなのではないでしょうか。

今晩は、異界(霊界)から、精霊が自由に出入りするということですから、やはり、ジャック・オー・ランタンでも置いて、魔よけをした方がいいのでしょうか。

私は、静かな瞑想とお祈りの時間が持てればいいな、と考えていますが、我が家の怪物クンたちがおとなしく休んでくれたら、またその前に私が疲れ果てなければ、よい時間となるかと思います。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:混雑する窓。
by (C)芥川千景(貼り逃げ御免)さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


posted by kuri-ma at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

落ち葉のカルタを山風が拾う?!「落ち葉のカルタ」 金子みすゞ詩の世界5 +【世界の秋のニュース2012】


11月も目前になって、深まりを見せてくる秋。
趣きある季節がやってきました。
晩秋の山を金子みすゞが描くと、
このようになります。
黄金色になった山々を思い浮かべながら
味わってみましょう◇

2010.10.28 蔦温泉 菅沼



「 落タ 」


山路に散ったカルタは
なんの札。
金と赤との落葉の札に、
虫くい流の筆のあと。

山路に散ったカルタは
誰が読む。
黒い小鳥が黒い尾はねて、
ちちッ、ちちッ、と啼いている。

山路に散ったカルタは
誰がとる。
むべ山ならぬこの山かぜが、
さっと一度にさらってく。


金子 みすゞ



これはそのまま童謡になっていてもおかしくない詩ですね。

落ち葉のカルタに、虫くい流の筆で書かれた文字、
チチッと鳴く小鳥がカルタの読み手で、乱暴な山風が、取り手。

秋の山の風景が、みすゞの手に掛かると、こんな風に色を変えたようになるのです。
赤や黄色の落ち葉の一枚、一枚が、意味のあるカードに変わります。

「むべ 山風」というと、百人一首のこの歌を思い浮かべます。

吹くからに 秋の草木の しをるれば 
むべ山風を あらしといふらむ


 
文屋康秀
 

吹いた途端に、秋の草木を萎えさせるのを見れば
山風を「あらし」=「荒らし」「嵐」というのはもっともなこと。

こんな意味ですが、みすゞもこの山風を、乱暴者の風、あるいは、茶目っ気のあるいたずら者というような感覚で書いたものでしょう。
ちょっと有名な、「山風」。
時折吹く強い風も、秋ならではの風流というところでしょうか。

山で、落ち葉を拾ったり、踏みしめたり、また山風も体感してみたくなりました。
紅葉もこれからですね。


今日もいい一日を!

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:蔦温泉 菅沼
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

この記事は、こちらを再編集しました






posted by kuri-ma at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 金子みすゞの詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

男女の脳の違いを夫婦関係に活かそう?! 女性は同時に複数の仕事をこなし、男性は一点集中型


ローズな窓辺。






一度にいろんな仕事をこなす能力は、女性の方が優れている、という調査結果ですが、これって、周知のことではなかったんですね。(私の中では、そうだったのですが。)

もちろん男性の中にも、「マルチタスク」に優れた能力がある人も、いるでしょう。個人差がありますし。しかし、なぜ、女性が、というと、これは脳のしくみからして、男女に違いがあるからだといいます。


私も周囲の男性を観察しながら、特に夫を通して、気づいたことがあります。

たとえば、夫がボーっとただPCでネットサーフィンか何かをしていたり、プロ野球などを見ている時に、何か話しかけたとします。
まず、簡単に私の声に気づいてはくれません。何か訊いても生返事ばかりです。それでも、何かを話して私が伝えたつもりになっていると、後で「全然聞いていない」ということが多いのです。

最初は、男性の特性を知りませんから、「私の話に関心がないから、忘れたんだ」とか思って気を悪くしたり、信じられない思いになったりしたのですが、これは、男性に悪気があるのでも、健忘症なのでもないと、わかってきました。

私たち女性は、たとえばテレビやラジオを見聞きしながら、家事をこなします。
こどもの食事の時には許しませんが、私は、一人の昼食の時には、もっぱらテレビを見ながらします。部屋干の洗濯物をつるしたり、渇いたらたたんだり、ということも恒例のこと。キッチンにもあれば、料理しながらも見れるのに、と思ったりします。

飲食は、映画館でもすることだし、カウチポテトも当たり前のことですが、家事をしながら、というのは、それもラジオならまだしもテレビを見ながらは、不可能だ、と男性は言います。

しかし、男性にとっては、一回につきひとつの動作、というのが基本です。きっとマルチタスクに優れた男性というのは、切り替えが上手なのでしょう。

テレビをかけたままで、長電話し、テレビドラマの筋がわかる、というのは、男性から見たら、神業でしょうが、女性には可能です。個人差はあるでしょうが。
だから、テレビを見ている時に何か言われたこと、また、家庭の中で起こっていることは、大体において理解できています。

男性がテレビを見ている時には、子供たちがすぐ横でしていた会話の内容をほとんど把握できませんが、女性には聞こえる限りわかったりします。また、女性は視野も広いので、背中に目があるようにわかることもあるようです。

また、おしゃべり好きは個人差があるものの、たとえば、女性のグループのおしゃべりだと同じ空間内で、複数のトピックスがあっても、平気で会話が続いてしまったりします。
男性が複数いたらそうはならず、一つの議題について、人が順番に話をする。ようするに会議調の会話が主流だといいます。


なぜこんな違いがあるのかというと、脳の働きの違いにあるようです。

男性は右脳だけに言語領域が集中しているのに対し、女性には左右両方にあり、また左脳と右脳を連結する脳梁という部分が大きいのだそうです。
だから、女性は複数の作業を同時にできるのであり、男性は一度にひとつずつしかできないのだといいます。

また、男性は何かと右脳優位なので、今目に入るもの、また直感的なもので判断し、即決したいタイプですが、女性は左脳優位なので、いろんな過去の事例やデータなどを瞬時に駆使することができます。
これらは、男性が女性に劣るということではなく、違いのせいなんですね。得意分野が違うのです。

男性というのは、女性と違って、ひとつの物事に対する集中度が違うのです。また、視野は女性より狭いのですが、遠くを見る点では優れています。
家庭の中のことは女性が長け、狩猟は男性が得意というのは、それもあるでしょう。また女性は聴覚において優れていますが、音の方向を聞き分けることはできないですし。

このように、男女の違いがわかると、夫、妻のことも更に理解できるのではないでしょうか。


上に上げたニュースの調査では、作業記憶と空間認識能力を調べて、女性の方が、1度に複数のことを並行して処理する能力において優れているという結果を出しました。
この調査で新たにわかったのは、その能力には月経周期との関連が深く、つまり月経期間は、空間認識能力が落ちてしまい、結果としてマルチタスク能力も低下してしまうのだそうです(なぁるほど)。


また、二つ目の記事、家事分担と離婚との関係は、?の内容でもありますね。
推察してみると、つまり、男性に家事を手伝ってもらいつつ、家事の主導権は女性が持つ方が、家庭の幸せにつながるのかもしれません。

女性は、社会で充実して歩んだらそれがストレス発散となり、家庭でのこともできてしまう部分もあるかと思います。家事でまた気持ちを切り替え、つまりストレスを解消し、また仕事に向かえる、というように相乗効果を生む場合もあるでしょう。
一方、男性は家庭では憩いを求める部分もありますし。家事をしながら憩うというのは、ちょっと高度技術かもしれません。

気がついたら、同時に帰宅しても女性だけが家事をしている、という場合もありますね。それを不満に感じないように、男性側がサポートしていけば、円満な家庭につながると思います。

こうやって、男女の違いを理解しあうのも、思いやりやスキンシップにプラスになると思うのです。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ローズな窓辺。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います