さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年09月25日

「傷つけた人々へ」?! ♪尾崎豊の求めていたもの18


153085605akemi.jpg


この胸に今刻もう
君の涙の美しさにありがとうと




この歌のアレンジはとても爽やかで、尾崎豊さんの歌い方も、伸びやかで爽やかなので、さらっと聴けてしまうのです。
最後に耳に残る「ありがとうと」という言葉が、まるで自分に言ってくれている言葉のように心地いいのです。

長い間、え、なぜこれが「傷つけた人々へ」なの?と不思議でした。
曲の印象とタイトルが私の中でひとつになっていなくて。

彼の心地よい歌声にだまされてしまいやすいのですが、よく聞くとこれはとてもシビヤな、悲痛な、大切なものを失ってしまう予感や、傷つけたことへの後悔に溢れています。
もしかしたら、もう取り返しがつかないかもしれないという怖れを、抱きながら、震えるような心でいるのです。
こんなにも、孤独な人だったんだな、と改めて感じました。

「時の流れに心は変ってしまうから
そして いったい何が
大切な事だったのかすら忘れさられてしまう」

「刹那に追われながら 傷つく事恐れる僕は
あの日見つけたはずの真実とはまるで逆へと
歩いてしまう」

こんなもどかしさを感じながら、彼女ゆえに、きっと
正しく生きていこうと決めたのでしょう。
やっぱり、爽やかな曲といえるでしょうか。



「 傷つけた人々へ 」


どれだけ言葉費し 君に話したろう
どんな言葉でも言いつくせなかった事の答も
ひとつしかないはずと
時の流れに心は変ってしまうから
そして いったい何が
大切な事だったのかすら忘れさられてしまう
刹那に追われながら 傷つく事恐れる僕は
あの日見つけたはずの真実とはまるで逆へと
歩いてしまう
僕をにらむ君の瞳の光は
忘れかけてた真心教えてくれた
この胸に今刻もう 君の涙の美しさにありがとうと

センチメンタルな気持じゃ悔んでばかりだよ
僕はなんてまぬけな男だったろう
君にはもう許されることもない

僕の幾つもの思いが指のすきまから
すべり落ちてゆくよ
僕が傷つけてしまった君の涙の様に
使い古しの台詞 また口にしておどける僕は
今度こそは 本当に ひとりぼっちになってしまうよ
何も言わないで
僕をにらむ君の瞳の光は
忘れかけてた真心 教えてくれた
この胸に今刻もう 君の涙の美しさにありがとうと

愛という言葉はなくても
ひとりで生きてく訳じゃない
小さなプライドなんかで 傷つけあってもきっと君に
優しさ戻るだろう
僕をにらむ君の瞳の光は
忘れかけてた真心教えてくれた
この胸に今刻もう 君の涙の美しさにありがとうと


尾崎 豊




今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:パープルの空
by (C)akemiさん
タイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


posted by kuri-ma at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする