さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年09月20日

尖閣と、竹島問題の真実とは?! 韓国・中国はどう見ているのか(再)

中国における信じがたい
反日行動。。。
3日の記事を再度掲載します◇

2012.08.23 大和 泉の森 海上自衛隊 SH-60J 8265



9539860.jpg








尖閣諸島と、竹島という領土問題について、考えてみたいと思います。

対中国、対韓国で、喧々諤々(けんけんがくがく)の状況の昨今の領土問題。
これが大陸やそこに陸続きの半島となると、常にボーダーと接した生活をしているわけですけれど、島国である日本としては、海を接した問題になるので、ターゲットが絞られてきます。

さて、この尖閣諸島と竹島の問題というのは、実は別々の問題であると思います。



尖閣諸島に関しては、中国という相手が、侵略という見え見えの目的で、いちゃもんを付けてきています。
戦後のどさくさで、北方領土を侵したロシア(当時のソ連)と、同じ了見でしょう。
中国は当然、韓国や、東南アジアなど、あわゆくば我が物にしようと、侵略には方法を選びません。南に国境を接するブータンの国土を、勝手に自国の領土だと宣言して、地図も書き換えてしまったほどです。
韓国に対しては、硫黄島のことを中国領だと、やはり、いちゃもんをつけているようです。

尖閣諸島も、ようやく国が購入することになったということですが、もっと早く手を打つべきでしたよね。本当に。
しかし、尖閣はちゃんと確保しなければ、軍事的にも、資源的にも大切な場所ですから。



そして一方、韓国との竹島問題。

これについては、韓国側は、侵略目的ではないわけです。(おそらく今は。)
少なくとも、中国のように一方的ないちゃもんをつけているわけではなく、韓国が自国領だとする根拠もあります。

大統領が日本側に暴言を吐いたりということがありましたが、それに関しては大人気ない一人芝居だとは思いますが、すべての韓国人が日本と喧嘩をしようとは考えていないことでしょう。

現に産経新聞に掲載の記事では、尖閣諸島に関しては韓国人はおおむね日本に好意的な意見だと言います。

また、韓国内でも反日派もいるわけですが、北側や中国側のスパイや、思想的、あるいは金銭やポストなどの餌で中国側に組している人たちが、竹島問題が感情的になるように、たきつけていることは大いに考えられることでしょう。
一般的には、韓国人の日本への感情は友好的になっていると思われます。
ただし、こと竹島に関しては、日本にいろいろ思っている韓国人が多いことは確かです。

そもそも、日本が竹島を日本領としたのは、1905年で、日韓条約を結び、朝鮮をほぼ支配下に置いた頃でした。そしてその後、日韓併合は1910年ですから35年間ですが、実質は40年間近くの間、太平洋戦争が終わるまで日本は朝鮮を植民地下に置きました。
ですから、日本の終戦記念日は、韓国での独立(解放)記念日だということです。国で一番のお祝いの日です。

日本では竹島といいますが、韓国では独島といい、「独島はわが領土」という歌もあるのだということです。
昔から日本からも漁に行っていて、朝鮮と日本がいわば、共有してきたといえます。

日本はサンフランシスコ条約などの法的なものを盾として、竹島は日本領であることは明らか、としてきました。

人も住むことのできない島ではありますが、韓国としては、自国領だという意識がとても強いようです。
朝鮮側は、日本が朝鮮の支配下に置く中で、一方的に自分のものとしたと、主張するわけです。
一旦、戦後マッカーサーによって、竹島が日本の領土から離れたこともあり、1952年、李承晩大統領が、軍事的に実効支配してしまいました。

さて、竹島(独島)の日本・韓国領からの距離はというと、日本からは約157キロ、韓国からは87キロで、韓国に近いんですね。

この日本と韓国のにらみ合いの中、韓国側が軍事支配し、日本側に死傷者が続出(1965年)など、悲しいことも起こってしまっています。

日本は、国際的に味方を得て優位に立っていますが、韓国としては、日本が朝鮮を支配下に置いたそのどさくさで日本領にしてしまったと、あくまで主張します。併合させられていた、恨みのようなものも、竹島問題には絡みついてしまうようです。

調べてみて、ちょっと日本人としての感情的な思いを置いて、冷静に考えてみると、韓国側のやり方はよくないけれども、気持ちは理解できるような気がします。ちょっと韓国に歩が悪い状況ですが、そもそも日韓併合というのは、日本が力づくで押さえていたわけで、おんなじことをしているだけのような…。

本当ならば、そういう過去の恨みはなしにして、友好的になれないでしょうか。竹島、独島と言い合っているうちは難しいでしょうね。

今、考えるべきは、対中国についてです。韓国と日本は協力し合って、よりしぶとい、中国に備えるべきだと思うのです。


今日もよい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:海上自衛隊 SH-60J 8265
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

参照:
 竹島 (島根県) - Wikipedia
 尖閣諸島 - Wikipedia


この記事は9月3日の記事の再掲載です。