さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年09月18日

bedとbabyは何の後?! 〜婚カツ時代のよい結婚の勧め5


2012.08.18 和泉川 コスモス


人間の幸福を作る三要素を紹介しながら、お話を進めてきました。

環境より愛情、つまり外見(そとみ)より中身が重要だという
当たり前の話をしてきました。

当たり前の話なんですが、その通りに結婚相手を得ようというのは
至難の業です。

そもそも「得よう」という発想が違うのかもしれませんね。

どこかにあなたのために準備された人がいたとして、あなた自身を
磨くのは、その見えない未来の相手のためで、
ふさわしい存在になっていく過程で、ふさわしい時に
「与えられた」ように出会うのではないでしょうか。

さて、以前にも優先順位のお話をしました。今日はその中でも
特に間違えてはいけない優先順位について話しておきます。
親もなかなか教えてくれないことですが、とても大切なことです。

幸福の三要素は、そのまま順番にしていければ間違いはないのです。
1 愛情(内面的な資質)   バッド(下向き矢印)
2 最高のパートナー(伴侶) バッド(下向き矢印)
3 財力(その他の環境条件)


人を愛するにふさわしい内面を育ててから、結婚し、それにふさわしい
環境を得ていく、これが自然の流れなのです。

昨日の記事で環境の具体的なものを挙げてみました。

その中で、結婚前から、あるいは先天的にいい環境に恵まれた人もいるでしょう。
「条件」と言い換えてみましょうか。

しかし、中には結婚前にそぐわない条件もあるのです。
男女関係、そして、子供
bedとbabyですね。

未婚でのセックスが当たり前のように思われている時代ですが、
性関係というのは、複数の異性間で持っていくと、
複雑な問題を残していきます。
(皆あまりそれには気づきませんが。)

浮気でなければいい、時期さえ重ならなければいいというように思っていませんか?
できちゃった婚などは、許される例となっています。あまりに多いから。

異性関係がクリーンな人がよいのです。そういう人は面白みがない?それは偏見です。

浮気性の人と結婚したい人はいないですよね。

しかし、結婚前によい条件と一般に思う人は、異性の誘惑が強いのです。
いい条件で仕事もできる人は、もてるのではないでしょうか?
そういう時に、簡単に誘惑に乗っていたら、一番好きな人との関係を
得る機会をなくしていっていると思ってください。

結婚してから、一人の人と愛情を深めながら培っていくもの、夫婦間にだけ
許される特権という考えは古いのでしょうか?

できるなら、そうした方が幸せだと誰もが思っているはずです。

しかし、セックスを簡単にするのが癖になってしまっているので
簡単にやめられないのです。

結婚前にもてまくって、やりまくった人が、結婚後には一人の人に
落ち着く場合もあるでしょうが…難しいのではないですか?
そういう状況に置かれたら…。癖というのは恐ろしいですよ。

お金で買う場合は、もっとよくないです。

だから、どんな環境の誘惑にもブレナイ人、そういう人になるために
癖になることは若いうちはしない方がいいのです。

麻薬などの悪環境条件は、セックスに結びつきやすい環境も引っ張って来ます。
今はネットで全て繋がっていますから、非常に難しいのですが、
中毒にならないように、環境に呑まれないように。自分を守るのです。

自分の内面を育てるための環境づくり、これは特に結婚前の若い方には
大切なことです。
そういう人の周りには、また自然とよい人が集まってきます。
よい環境は、その人自身が作り出すことが多いのです。

若者の皆さん、内面を磨いて、環境に流されないで!

さて、すでに「喪失」してしまった人は、これ以上癖になるような「経験」は積まずに、また内面作りをこつこつと今からやるしかないですよ。
今からでも道があります。

既婚者、結婚経験者も同じです。

日本の環境、世界の環境は、愛にとって、幸福にとって悪化の一途を辿っています。

優先順位を間違えないで!男女関係、子作りは結婚後がいいです。
リスクを背負うのは本人であり、子供です。
あなたの愛と幸福のために。

次回は実例を挙げてお話しましょう。この続きはまた明日。
 

今日もいい一日を!

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:コスモス
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います
以前の記事を再編集してお送りしています。