さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年09月21日

宮沢賢治の命日に──「雨ニモマケズ」とパロディー「雨ニモあてず」?!


2012.09.11 追分市民の森 ベンチに枯葉



「 雨にも負けず 」


雨にも負けず 風にも負けず
雪にも 夏の暑さにも負けぬ 
丈夫な体をもち
欲はなく 決して怒らず 
いつも静かに笑っている
一日に玄米四合と 味噌と 
少しの野菜を食べ
あらゆることを 
自分を勘定に入れずに
よく見聞きし分かり 
そして忘れず
野原の松の林の陰の 
小さなカヤぶきの小屋にいて
東に病気の子供あれば 
行って看病してやり
西に疲れた母あれば 
行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば 
行って怖がらなくてもいいと言い
北にケンカや訴訟があれば 
つまらないからやめろと言い
日照りの時は涙を流し 
寒さの夏はオロオロ歩き
みんなにデクノボウと呼ばれ 
ほめられもせず 苦にもされず
そういう者に 私はなりたい


宮沢 賢治



宮沢賢治の有名な「雨ニモマケズ」。
詩として知られていますが、彼の手帳に書かれた遺作のメモなのだそうです。今でいえば「つぶやき」とでもいいましょうか。

Wikipediaによれば、これは法華経の(誹謗され迫害されても、他人にはし返すことなく、仏の道を行った)常不軽菩薩の精神を表しているとか。

その賢治の「雨ニモマケズ」を書いてある手帳の左ページには

「南無無邊行菩薩
南無上行菩薩
南無多宝如來
南無妙法蓮華経
南無釈迦牟尼佛
南無浄行菩薩
南無安立行菩薩」

と書かれていました。



以下は「雨ニモマケズ」のパロディーです。
賢治のふるさと・岩手県盛岡市の小児科の医師が
学会で発表したもので、作者はどこかの校長先生だということ。
(パロディーらしく「雨ニモマケズ」の対になるように工夫して、私自身が手直ししてみました。)

「 雨ニモあてず 」


雨にもあてず 風にもあてず
雪にも 夏の暑さにもあてず
(ブヨブヨの不摂生な体を持ち)
意欲もなく 体力もなく いつもブツブツ不満を言っている
毎日塾に追われ テレビに吸いついて遊ばず
朝からアクビをし 集会があれば貧血を起こし
あらゆることを 自分のためだけ考えて省みず
作業はグズグズ 注意散漫すぐに飽き そしてすぐ忘れ
立派な家の 自分の部屋に閉じこもっていて
東に病人あれば 医者が悪いと言い
西に疲れた母あれば 養老院に行けと言い
南に死にそうな人あれば 寿命だ(からあきらめろ)と言い
北にケンカや訴訟があれば 眺めて関わらず
日照りの時は冷房をつけ
(寒さの夏もウロウロ夜遊び) 
みんなに勉強勉強と言われ
叱られもせず 怖いもの知らず
こんな現代っ子に 誰がした

三行目の原形は「ブヨブヨの体にたくさん着込み」ですが、
kuri-maが手直しし、他の()内は、加えてみました。
いかがでしょうか。


先生の嘆きが聞こえてきそうなパロディーですね。

子どもの学校では、小5生に「雨ニモマケズ」を暗誦させています。
よいことかと思います。
何年も前からNHKの教育テレビでよくやっていたので、それでまた
見直されているような気がします。
狂言の「ややこしや」を流行らせたあの番組です。

下に紹介するのは、宮沢賢治のそれを全文歌にしたもの。
なかなか感動的です。

同じ曲をカラオケで歌ってる人がいて、かなりお上手なので
興味があればこちらもどうぞ。→ こちらから


毎日のブログは外の雨風は関係ありませんが、
「雨にもあてず」にならないように、
アメ(飴)にも鞭にも負けず、風邪にも、自分の弱さにも負けずに、ガンバッテいきたいです。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ベンチに枯葉
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

以下の記事を再編集しました
 http://kuri-ma.seesaa.net/article/164926452.html?1348109149

2012年09月20日

尖閣と、竹島問題の真実とは?! 韓国・中国はどう見ているのか(再)

中国における信じがたい
反日行動。。。
3日の記事を再度掲載します◇

2012.08.23 大和 泉の森 海上自衛隊 SH-60J 8265



9539860.jpg








尖閣諸島と、竹島という領土問題について、考えてみたいと思います。

対中国、対韓国で、喧々諤々(けんけんがくがく)の状況の昨今の領土問題。
これが大陸やそこに陸続きの半島となると、常にボーダーと接した生活をしているわけですけれど、島国である日本としては、海を接した問題になるので、ターゲットが絞られてきます。

さて、この尖閣諸島と竹島の問題というのは、実は別々の問題であると思います。



尖閣諸島に関しては、中国という相手が、侵略という見え見えの目的で、いちゃもんを付けてきています。
戦後のどさくさで、北方領土を侵したロシア(当時のソ連)と、同じ了見でしょう。
中国は当然、韓国や、東南アジアなど、あわゆくば我が物にしようと、侵略には方法を選びません。南に国境を接するブータンの国土を、勝手に自国の領土だと宣言して、地図も書き換えてしまったほどです。
韓国に対しては、硫黄島のことを中国領だと、やはり、いちゃもんをつけているようです。

尖閣諸島も、ようやく国が購入することになったということですが、もっと早く手を打つべきでしたよね。本当に。
しかし、尖閣はちゃんと確保しなければ、軍事的にも、資源的にも大切な場所ですから。



そして一方、韓国との竹島問題。

これについては、韓国側は、侵略目的ではないわけです。(おそらく今は。)
少なくとも、中国のように一方的ないちゃもんをつけているわけではなく、韓国が自国領だとする根拠もあります。

大統領が日本側に暴言を吐いたりということがありましたが、それに関しては大人気ない一人芝居だとは思いますが、すべての韓国人が日本と喧嘩をしようとは考えていないことでしょう。

現に産経新聞に掲載の記事では、尖閣諸島に関しては韓国人はおおむね日本に好意的な意見だと言います。

また、韓国内でも反日派もいるわけですが、北側や中国側のスパイや、思想的、あるいは金銭やポストなどの餌で中国側に組している人たちが、竹島問題が感情的になるように、たきつけていることは大いに考えられることでしょう。
一般的には、韓国人の日本への感情は友好的になっていると思われます。
ただし、こと竹島に関しては、日本にいろいろ思っている韓国人が多いことは確かです。

そもそも、日本が竹島を日本領としたのは、1905年で、日韓条約を結び、朝鮮をほぼ支配下に置いた頃でした。そしてその後、日韓併合は1910年ですから35年間ですが、実質は40年間近くの間、太平洋戦争が終わるまで日本は朝鮮を植民地下に置きました。
ですから、日本の終戦記念日は、韓国での独立(解放)記念日だということです。国で一番のお祝いの日です。

日本では竹島といいますが、韓国では独島といい、「独島はわが領土」という歌もあるのだということです。
昔から日本からも漁に行っていて、朝鮮と日本がいわば、共有してきたといえます。

日本はサンフランシスコ条約などの法的なものを盾として、竹島は日本領であることは明らか、としてきました。

人も住むことのできない島ではありますが、韓国としては、自国領だという意識がとても強いようです。
朝鮮側は、日本が朝鮮の支配下に置く中で、一方的に自分のものとしたと、主張するわけです。
一旦、戦後マッカーサーによって、竹島が日本の領土から離れたこともあり、1952年、李承晩大統領が、軍事的に実効支配してしまいました。

さて、竹島(独島)の日本・韓国領からの距離はというと、日本からは約157キロ、韓国からは87キロで、韓国に近いんですね。

この日本と韓国のにらみ合いの中、韓国側が軍事支配し、日本側に死傷者が続出(1965年)など、悲しいことも起こってしまっています。

日本は、国際的に味方を得て優位に立っていますが、韓国としては、日本が朝鮮を支配下に置いたそのどさくさで日本領にしてしまったと、あくまで主張します。併合させられていた、恨みのようなものも、竹島問題には絡みついてしまうようです。

調べてみて、ちょっと日本人としての感情的な思いを置いて、冷静に考えてみると、韓国側のやり方はよくないけれども、気持ちは理解できるような気がします。ちょっと韓国に歩が悪い状況ですが、そもそも日韓併合というのは、日本が力づくで押さえていたわけで、おんなじことをしているだけのような…。

本当ならば、そういう過去の恨みはなしにして、友好的になれないでしょうか。竹島、独島と言い合っているうちは難しいでしょうね。

今、考えるべきは、対中国についてです。韓国と日本は協力し合って、よりしぶとい、中国に備えるべきだと思うのです。


今日もよい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:海上自衛隊 SH-60J 8265
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

参照:
 竹島 (島根県) - Wikipedia
 尖閣諸島 - Wikipedia


この記事は9月3日の記事の再掲載です。

2012年09月19日

愛情とお金の使い方が幸、不幸の分かれ目?! 〜婚カツ時代のよい結婚の勧め6


2011.11.08 和泉川 コスモス


何も結婚がゴールではありません。結婚は、幸福な人生への新しい出発で
にすぎません。

晩年、人生の刈り入れの時を迎えた時、幸福のための三要素を全うした人は、たわわに実った美しい実をたくさん見ることができます。

実例を挙げると、ある年配の男性は、孫やひ孫に恵まれた人なのですが、
若い頃は弟妹のために、結婚しても家庭のために、自分の好きだったことも
家業のためにあきらめて、ひたすらつつましく生きてこられたような人でした。

奥さんを大切にして、長男夫婦と同居してお嫁さんも大事にしてきました。

不思議なことに、若い頃あきらめたはずの職業を、今は孫の一人がしているというのです。
そして、どの孫もよい仕事、ポストを得て、人が羨ましがるほどだといいます。

彼は毎月欠かさず、先祖のお墓参りをしてきましたが、今は、親子三代で行くようになり、彼の何よりの楽しみになりました。
いずれひ孫とも一緒にというのが、ささやかな願いだそうです。

この方の生き方には教訓がたくさん隠されていますが、今日のポイント
としては、女性関係とお金には堅実で、家族を大切にするということです。

もう一人は、ある長年夫の浮気に悩んできた年配の婦人のお話です。

ご主人はいわゆるお金持ちのボンボンでしたから、条件的には悪くは
見えなかったと思うのです。彼女は夫とは結婚前から関係があり、
できちゃった婚に近い形で結婚した人でしたが、

「よく考えてみたら、自分勝手なこと。
 結婚前にそういう関係を我慢できないということは、
 結婚後も我慢できるわけがない」と言われていました。

まさしく、相手を大切にする愛情に満ちた人だったら、その当時のことです、
結婚まで待てないはずはなかったでしょう。

女性の方にも問題はあるでしょう。拒んで難しくなる人なら、
よい相手とは言えないし、いい縁なら問題ないはずです。

その女性は、ご主人はお年で浮気する気力もなくなりましたが、
今は息子さんの金銭問題と、お孫さんの将来のことで悩んでいます。

彼女から見て、息子さんもいい相手と結婚したようには思えず、
仕事や金銭面でのトラブルが絶えず、何かにつけ親を頼るようなのです。
お孫さんにも心配な状況がありました。

「親の因果が子にも」というのは確かにあります。
癖、というのは親子も受け継ぎやすいですから。

彼女は一生懸命生きてきたのに、なぜなのでしょうか?

孫の代になって実となって表れてくることがあるのです

その実を刈り取る時になって、大切なことを「喪失」した人は
そのつけを後日味わうことになります。

虫食いだらけの実。(虫が食いやすい実というのは甘くておいしい実に
多いのです。誘惑が多いのですね。)

夫婦になったとはいえ結婚前に関係を持ち、そして夫が数々繰り返した浮気は、子供や孫に表れるのです。

男の子は、よい条件(環境)を得ることができません。
風采があがらなくなります。それは彼女の息子、孫に表れています。

そして女の子の場合は、苦労多い人生になります。
お母さんの辿ったものを、更に加重して背負うことになるのです。
やはり、いわゆる男運がよくありません。優秀で、もてはやされる容貌を
持っているのに…。

人間わからないものです。ボンボンに見初められてしまったがゆえに、
いつも女性問題とそれからお金の問題で悩んできました。
息子にも問題があると、つい援助してあげてきました。

愛情とお金の使い方を間違えると、三代以上に渡って苦しむことになります。

この方は、愛情とお金にシャキッとしていないのです。
だらしがないとまでは言いませんが。

与えなくてもいい愛情やお金を適切でない時にあげてきたのです。

本人は何がいけなかったのか、ピンときていません。
ですから、当然子や孫もそれをそのまま受け継いでいるでしょう。

たいしたことではないと思っていること、実はとても大切なことなのです。

もちろん、この場合、男性が悪いのです。だらしのない男と結婚してしまった、運が悪かったと、思ってしまいやすいのですが、
実は女性の側にも問題があるのです。

女性はいい愛かどうかをしっかり判断して、
適切な時に受け入れなければなりません。

愛は、むやみに垂れ流してはいけないし、寛容だからいいということはないのです。(お金も同じです。)

相手と、時機を判断できなければならないのです。
それが幸、不幸の分かれ目です。


 
今日もいい一日を!

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:コスモス
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います
以前の記事を再編集してお送りしています。