さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年09月27日

幸せになるために、AVから距離をおこう?! 市職員千人が「セックス動画」の罠に…etc.


ムフ^^






日本のセックスレスは、深刻だということをお話ししました。 こちら

日本というのはおかしな国で、性的に解放され、十分に愛し合っていいはずの夫婦間ではセックスレス、そのくせ、アダルトビデオや性産業といわれるものはとても盛んで、外では旺盛に求めるようです。
夫婦間はセックスレスなのに、外に求めれば不倫になります。

台湾で、サイバー攻撃からの意識を探るために、市職員に対し、セックス動画が見られるというメールを流したところ、6000人中1000人が罠にかかったとのこと。
男性とはそういうもの、という意見もありますね。万国共通といえるかもしれません。

ただし、日本の状況を考えてみると、もっとすごいかもしれませんね。相当忙しいか、見ないという主義を持つ人以外は、同じ状況なら見てしまうのではないでしょうか。あるいは、興味のない人もいるでしょうが。

アダルト・ビデオについての記事を載せました。
日本のAVは男性目線で女性だけが被写体になっていることが多く、女性は受動的に描かれ、男性の女性に対する思い込みにあふれている。コミュニケーションというよりは、男性の妄想世界の表現といえる。

 AV女優のような反応をしないといって男性が女性を非難したり、女性にとっては苦痛な行為を行うなど、男性がAVから受け取る思い込みの弊害は、女性がかねてより指摘してきた。女性が求めるのはふれあいや関係性なのに、男性にそれが通じないというしばしば聞く悩みも、自己完結的な妄想世界の肥大と関係があるだろう。

よいセックスをしたいならば、AVからは距離をおこうと心がける。男性たちにはそうお勧めしたいと思うのですが、いかがでしょうか。
(明治大学文学部准教授 平山満紀)


日本のAVというのはとても特殊で、いわゆるおたく系の人が好んで見たりする。つまりセックス経験がなく、妄想的な内容が多いとのこと。それが原因で、パートナーができたとしても、行き違いが生じるということです。
この平山先生のお話は、性を開放しましょうと、ちょっと私的には違うかな、という意見もお持ちなのですが、こういう事実に関しては、しっかり把握しておられると思います。

アダルトビデオというのはとても刺激的です。また、いろんな刺激的な映像もネット上には流れていることでしょう。
とても刺激的で、見たい衝動は抑えがたい、のかもしれませんが、実はこういうAVなどは、本当の幸せというものには、マイナスでしかありません。

刺激、というのは毒性があったりします。幸福を壊す、毒にやられていませんか?

賢い人は避けていくのですが、いろんな形で誘いの魔の手は伸びるものです。いろんな手口でやられて、麻痺されているうちに、簡単に「見る」ことが習慣化してしまいます。

思春期になると特に男性は、女性の体に興奮を覚えるようになるでしょう。もともと、本来男女が引き合うようになっているのは、自然なことなんですね。

ただし人間に関しては、動物のように発情して、というだけでは幸せは長続きませんね。自然に引き合うことプラス、相手のことを思う愛情がなければ、本当の意味の幸せとはいえません。
自分のパートナーとだけ愛情を深め、そのために触れ合っていくのが更に愛情を深めることになるのであって、他の女性に垂れ流しにすれば、その幸せが壊れていくのです。

だから、AVや様々な性産業というものは、罪作りなんですね。人の幸せを壊すものなのです。

「見る」ことは大きな刺激になります。癖になります。
「触れる」ことはなお更、我慢できない刺激となるし、後に引けなく、気がついたら、大切なものを壊すことになるでしょう。

自分の奥さんの、淫らな動画が流れたらどうしますか?または、AVに出ることを勧めますか?
自分の妹や、姉、お母さん、娘のヌードが掲載されたらどうですか?

AV女優も誰かの大切な家族でしょう。お金などの目的があるのでしょうが。。。
とにかく、「お…」と思って見ないことです。
自分の家族が映っていると思えば、興奮したり刺激を受けたりしていられないのではないですか。

また、見えても隠れても巷に溢れているかのような「不倫」ですが、たとえ隠れてしていても、軽い気持ちだったとしても、誰も見ていないようでも、魂に刻まれてしまうものなのだそうです。
そして、確実に家庭の幸せを壊していきます。

「見る」刺激が癖になり、「触れる」こと更に「不倫」へと発展、というと短絡すぎますが、そういう流れは確かにあります。
AVなどから距離を置き、逆に家庭での触れ合いに積極的になる、これは幸せにつながるようですよ。

夫婦がセックスレスになる原因は、疲れているから、ということです。疲れているし、時間もない。
しかし、ちょっとパートナーに温かい言葉をかけてあげ、マッサージでもしてあげる、そんなことから、疲れも癒されるのではないでしょうか。

あなたの幸福のために。
エッチな映像を見る代わりに、奥さんの顔を眺める。
それに抵抗があるなら、二人が出会った頃の写真や、子どもの小さい頃の写真を眺めるのが、よいかと思います。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ムフ^^
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 既婚夫婦の40%! セックスレスが多いのは、マザコンに由来?! 子どもの非行、同性愛も

posted by kuri-ma at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛と幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

秋だから秋桜ではなく、コスモス?! 芸術の秋に、合唱曲の原曲♪アクアマリンの『COSMOS』


1047364星降る街 by sanaai.jpg



光の声が
(そら)高くきこえる
君も星だよ 
みんなみんな




「お母さん、コスモスって曲知ってる?」と、子どもに聞かれ、
♪薄紅の秋桜(コスモス)は秋の日の、何気ない陽だまりに揺れている…なんて、(気持ちよく)歌ってあげましたら、
「やっぱりねぇ。違うコスモスがあるんだよ。花じゃなくて−」
一瞬小さい頃子どもの好きだった『ウルトラマンコスモス』が頭をよぎりましたが、まさか違うだろうと思い
「宇宙のコスモスのこと?」と言うと
「そうそう」
そして、4人で歌いだすんですよ、口々に。ただ完璧に覚えていないので、聞いてみたらしいのです。
そして、検索してあげたのが、以下の曲です。

合唱曲になっていて、小中学校では、定番の曲なのだそうです。
お母さんは、知らないことが実に多いことを、最近では子どももよく知っています。私も子どもたちのお陰で、知らされるものの中に、意外な発見も多いのです。

合唱曲ではありますが、ミマスさんの歌声の素晴らしい、原曲、アクアマリンの『COSMOS』の動画を選びました。
歌詞は合唱と同じです。



『COSMOS』


夏の草原に 
銀河は高く歌う
胸に手をあてて 
風を感じる

君の温もりは 
宇宙が燃えていた
遠い時代のなごり 
君は宇宙
百億年の歴史が
今も身体に流れてる

光の声が
(そら)高くきこえる
君も星だよ 
みんなみんな

時の流れに 
生まれたものなら
ひとり残らず 
幸せになれるはず

みんな生命を
燃やすんだ
星のように 
蛍のように

光の声が
(そら)高くきこえる
僕らはひとつ 
みんなみんな
光の声が
(そら)高くきこえる
君も星だよ 
みんなみんな
 
君も星だよ・・・


詞・曲/ミマス





今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:星降る街 by sanaaiさん
「写真素材 フォトライブラリー」からダウンロードしました
無断転用はご容赦願います


posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪歌の心(音楽と歌詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

「傷つけた人々へ」?! ♪尾崎豊の求めていたもの18


153085605akemi.jpg


この胸に今刻もう
君の涙の美しさにありがとうと




この歌のアレンジはとても爽やかで、尾崎豊さんの歌い方も、伸びやかで爽やかなので、さらっと聴けてしまうのです。
最後に耳に残る「ありがとうと」という言葉が、まるで自分に言ってくれている言葉のように心地いいのです。

長い間、え、なぜこれが「傷つけた人々へ」なの?と不思議でした。
曲の印象とタイトルが私の中でひとつになっていなくて。

彼の心地よい歌声にだまされてしまいやすいのですが、よく聞くとこれはとてもシビヤな、悲痛な、大切なものを失ってしまう予感や、傷つけたことへの後悔に溢れています。
もしかしたら、もう取り返しがつかないかもしれないという怖れを、抱きながら、震えるような心でいるのです。
こんなにも、孤独な人だったんだな、と改めて感じました。

「時の流れに心は変ってしまうから
そして いったい何が
大切な事だったのかすら忘れさられてしまう」

「刹那に追われながら 傷つく事恐れる僕は
あの日見つけたはずの真実とはまるで逆へと
歩いてしまう」

こんなもどかしさを感じながら、彼女ゆえに、きっと
正しく生きていこうと決めたのでしょう。
やっぱり、爽やかな曲といえるでしょうか。



「 傷つけた人々へ 」


どれだけ言葉費し 君に話したろう
どんな言葉でも言いつくせなかった事の答も
ひとつしかないはずと
時の流れに心は変ってしまうから
そして いったい何が
大切な事だったのかすら忘れさられてしまう
刹那に追われながら 傷つく事恐れる僕は
あの日見つけたはずの真実とはまるで逆へと
歩いてしまう
僕をにらむ君の瞳の光は
忘れかけてた真心教えてくれた
この胸に今刻もう 君の涙の美しさにありがとうと

センチメンタルな気持じゃ悔んでばかりだよ
僕はなんてまぬけな男だったろう
君にはもう許されることもない

僕の幾つもの思いが指のすきまから
すべり落ちてゆくよ
僕が傷つけてしまった君の涙の様に
使い古しの台詞 また口にしておどける僕は
今度こそは 本当に ひとりぼっちになってしまうよ
何も言わないで
僕をにらむ君の瞳の光は
忘れかけてた真心 教えてくれた
この胸に今刻もう 君の涙の美しさにありがとうと

愛という言葉はなくても
ひとりで生きてく訳じゃない
小さなプライドなんかで 傷つけあってもきっと君に
優しさ戻るだろう
僕をにらむ君の瞳の光は
忘れかけてた真心教えてくれた
この胸に今刻もう 君の涙の美しさにありがとうと


尾崎 豊




今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:パープルの空
by (C)akemiさん
タイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


posted by kuri-ma at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする