さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年08月28日

天国と地獄ってあるんでしょうか?! 霊界(あの世)とは? 《霊界ってあるんでしょうか7》


2012.08.24 駅前 富士山


「霊界ってあるんでしょうか」のシリーズ、長らく止まったままでしたが、その続編です。

人が死を迎えると、40日ないし49日の期間を過ごしてから、本格的な霊界ライフのスタートとなります。つまり自分のあの世での居場所が決まるのです。

霊界というのは、その人の魂、人となりで決まるとお話してきました。私たちの心、人格的なもので、自然とその内容にあった場所にいくようになるということです。

私たちは、この世で四苦八苦の生活をしながら、あるいは栄耀栄華を極める生活をしながら、人に成功者、落伍者と言われながら、実は、あの世の場所、霊界での自分の家を準備しているのです。

私たちは、死後、どんな場所に行き、どんな生活をしていくことになるのでしょうか。
できれば、よい場所に当たればいいけど、と思いますが、そのようなくじ引きのようなもので決まるのではなく、公平に、その人の中身で決まるということです。

あの世、霊界とはどのようなところなのでしょうか。一口に霊界といっても、あまりに広く、漠然としていますね。
すべての人が、死んだ後は苦しみも悩みもない、そんな暮らしができるのでしょうか?

天国と地獄ってあるんでしょうか?
それは、はっきりあるということです。

キリスト教には、楽園(パラダイス)という概念もありますが、天国と地獄の2つに分けて話すことが多いですね。
天国と地獄とは、諸宗教や、世界中に通じる共通の概念のようです。

仏教では、あの世を六道というものに分けて言っています。
天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道の6つに分かれているというのです。
  天道というのは、天人の世界。
  人間道は、人間の世界。四苦八苦に悩まされるが楽もある。
  修羅は、戦いに明け暮れる世界。
  畜生は、使役を強いられる世界。本能のままに生きることしか知らない。
  餓鬼は、飢えと渇きに悩まされる世界。
      他人を慮らなかった人などが行く。
  地獄は、罪を償わせるための世界。

六道の修羅・畜生・餓鬼・地獄は、いわゆる地獄と考えられます。
ですから、わかりやすく言うと、霊界は三つに分かれているといえます。
キリスト教でいう天国と地獄だけでなく、その中間の霊界も存在するということです。

死んでも行きたくないと思う、地獄。
そして、通常の人間世界と変わらない、悩みと労働からは切り離されない世界が、中間の世界。
そして、誰もが羨む天国。

私たちは、死後、どこに行けるでしょうか。天国には行きたいけれど、方法がないと行けないですね。
この世でも中流家庭だから、あの世でも中間の霊界で、いいやと思うでしょうが、そうでしょうか。

天国、中間霊界、地獄、この3つに大きくは分類はされるのですが、その中は実に複雑にいろんな階層に分かれているといいます。
実は、この中で膨れ上がっているのが地獄だということです。

地獄行きにはなりたくないですが、中でも死後すぐに居場所が決定するのは、地獄に行く人たちだということです。
地獄というのは刑場のようなものなので、看守や、刑の執行人、あるいはその手下のような人たちに、さっと連れて行かれてしまうとか。
どんなことをしたら地獄に行かなければならないのか、これも知っておくべきポイントがあると思います。

今後、天国、中間霊界、地獄について、詳しくお話していきますが、そんな中で、私たちのこの世でも生き方も、見えてくることでしょう。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:駅前 富士山
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います