さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年08月19日

幸せは自分の心が決める?! 「やき場とたんぼ」相田みつをの言葉+ 「最後のざんげ」死亡記事が大ヒット米


ペチュニア♪


相田さんよお
人間生きているうちに
少しでも人のために
いいことしておくことだなあ







やき場とたんぼ
── ある日のYさんのことば ──

相田さんなあ
おれんちのたんぼはさ
あのやき場(火葬場)の裏にあるだんべ
だからさ、たんぼにいるとね
必ずやき場の煙を見るんだな
そのたびにさ 思うんだよ
「ああ、今日もだれかが
焼かれているな……」て、さ
やき場の垣根のすぐそばで
稲刈なんかしてるとさ
家族の泣き声なんか聞こえてくる
ことがあるんだな
そん時さあ
おれ、つくづく考えちゃうんだな
人間死ぬときには
なんにも持ってゆけないッてことをさ
どんな財産だって地位だってよ
可愛い女房子供だって
みんな置いてゆかなきゃあ
ならねんだもんな……
おらなあ
やき場の裏にたんぼ持ってるおかげで
人生観が変わったな
人間にとって
何が一番大切かッてことがさ
やき場の煙り見るたびに
教えられるんだなあ
相田さんよお
人間生きているうちに
少しでも人のために
いいことしておくことだなあ
日頃明るいYさんが
やき場の煙突を見ながら
ある日、しみじみともらしたことばです


相田 みつを
「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」より




「死ぬ時は、何も持っていけない」「生きているうちに少しでも人のためにいいことをしておくことだ」と、この焼き場の近くに畑を持ったYさんは、素晴らしい気づきをされていますね。

焼き場の近くというと、ちょっと田舎で、山の近くだったり、自然以外はあまり何もない場所が多くて、そんなのどかな所に、火葬場ができるというだけで嫌がる人が多いのに、このYさんという人の素朴で温かい心には打たれます。
人を送り出すとき、自然と手を合わせるように、自然に接している姿が、とても貴重でありがたいと思うのです。
私たちも、そういう風に、大切な人を送っていきたいですね。
「焼き場の煙を見るたびに教えられる」と、Yさんは言いますが、同じ状況でも何も感じない人もいることでしょう。
お盆を故郷で過ごしましたが、亡き父のために訪ねてくれる人もありがたいし、ちょっと思い出話をしてあげる、そういうことが供養となります。何よりも残された私たちが人様のために生き、まっとうで幸せな人生を送る姿を見せることが一番の供養となると思うのです。

誰もが遣り残したこと、心残りなこともある中で、お迎えがくるのかもしれません。
上のニュース記事のように、罪を死後懺悔したりということもあるのでしょうね。

もちろん、いつその時が来てもいいよう準備もしなければなりませんが、そういう心残りを、自分がしたかったことを引き継いでやってくれる子や孫がいれば、報われることでしょう。
父や母が遣り残したことも含めて、これからやっていかなければならないな、と思うのです。

私にもしも今寿命が来るとして、心残りになるとしたら、子供たちの成長が気がかりですし、海外で遣り残したことがあると感じることです。
このブログでも、もっと伝えるべきことは伝えて、いきたいですね。
霊界シリーズも滞りがちになっていますが、そういうところから、積み残しがないように、していかないと。

今日の焼き場のお話は、「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」という本から取りました。まさに、幸せも不幸せも自分の心次第ですね。


今日もよい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ペチュニア♪ posted by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 相田みつをの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

「活動家のパフォーマンス」?! 政府の弱腰外交こそパフォーマンスでは?(尖閣上陸)


風は海から。






どうしてこのような対応になるのか…。不甲斐ない、弱腰、いくらでも言えそうですが、どうして、ここまでとため息が出ます。

石原都知事も政府に対し、痛烈な批判をしていますが、自民党の石破元防衛大臣も「法律の適用を間違っている」「法治国家でも何でもない」と批判しています。

民主党政権はアホなのか、と私は菅首相の尖閣問題の時には思っていました。
しかし、今はそうではない、彼らはわざとしているのではないか、と考えるようになりました。

今回の事件を「活動家たちのパフォーマンス」と言っているようですが、自分たちがパフォーマンスしているのではないかと、私は大いに疑っています。

民主党と言えば、左翼なのです。思想的に中国と同じです。中国の戦略を助けるためにしている確信犯かもしれませんが、ただのお金の亡者の売国奴という線が濃厚だと思います。
バカな振りしていますが、日本のことよりも、自分の懐具合を計算しているのではないか、と思えるのです。

確かに何年経っても、与党として不慣れで役不足というのも感じるのですが、本当に一生懸命、日本のためにやろうとしているなら、ここまで考えられないほどおバカぶりはあり得ないのではないでしょうか。

トップに上げた産経の記事は参考になると思うので、是非お読みください。

領土問題や、国防の問題となると、このままでは、本当に心配です。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:風は海から。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


尖閣上陸で逮捕の香港活動家、計14人に 身柄は沖縄本島へ
http://www.afpbb.com/article/politics/2895397/9365907#blogbtn



魚釣島上陸の香港活動家5人を逮捕、尖閣諸島
http://www.afpbb.com/article/politics/2895151/9363426


2012年08月17日

ブログ再開します


イメチェン。


お休みを宣言してから、ずいぶん時が経ってしまいました。お休みした時には、とにかく間に合わせなければならないから、引越しが済むまでは、と考えていたのですが、引っ越してからがまた更に大変で、いまだに片付いていない状況です。
インターネットの環境の変更も手間取り、更に、つなげようとしたらPCが壊れてしまい、新たに購入し、主人がつなげてくれたのはやっと今日のこと。
もうひとつのブログの方は先にwifiでつなげて取りあえずUPを始めていましたが、引越しというのは、とにかく大変です。
そして、どんな事情であれ、一度休むと、再開するのはとても力が要ります。ちょっとのつもりのお休みがこんなに長い期間になるとは…。
毎日の記事の更新は自転車の運転のように、進み始めると、日々大変であっても、続けられるものです。たとえ、自転車操業であっても。一度完全に止まってしまうと、こぎ始めは、ちょっと力もいるし、バランスも崩れやすいですね。
毎日の更新が約束であり、自分の目標であって、どんなに大変な時にも、旅行でいない時にも、UPできるように努力してきました。今回、一時的にも更新は断念せざるを得ないと決めて、ちょっとタガがはずれましたね。もちろん、遊び暮らしたわけではないのですが…。
何であっても、がんばってやり続けていたものほど、休息を取った後が重要ですね。
継続しているうちは、それが習慣になり、生活の一部になります。
継続は力、というのは本当です。
お休みしたりすると、それに対して目的がはっきりしていなかったり、やる意味がないものだと、それを機にだんだんUPしなくなり、自然消滅ということもあるでしょうね。
再開に力は必要でしたが、それでもあえて始めるのは、やはり目的を失いたくないから。
「幽霊っているんでしょうか」というブログタイトルをつけて始めてから2年余り、幽霊だけではなく、霊的存在、目に見えない存在について伝えていきたいし、また、幸せに生きていくための前向きな言葉など、をお伝えしたいと思ってきました。
また、頑張ってみようと思っています。
ひとりでも多くの人が私のブログを通して、元気になってくれたり、確かな現実に目覚めてくれたらいいと考えています。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:イメチェン。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする