さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年07月12日

パンダ死す!生後6日 など動物ニュース


本物はどれだ。












つい先日、「おめでたいニュース」の一つとして紹介したというのに、パンダの赤ちゃんは死んでしまったということですね。わずか6日間の命でした。

命のある存在というのは、いつかは死ぬものですが、こういう風に生きられない命というのがあるんですね。人間なら、運勢が弱い、ということになりますが…。
きっと悲しみの後には、喜びが待っていると、思うことにしましょう。

なぜか中国にしか生息しない、愛らしい動物、パンダ。本当に、なぜ中国にしかいないのでしょうか。不思議なことです。
唯一、安心なmade in Chinaなんて紹介したこともあります。

今回は、育たなかったですが、世界中にパンダは輸出ならぬ、レンタル契約されています。赤ちゃんパンダも生れているようです。きっと上野動物園と同じで、生れても、何年かで返還しなければならないのでしょうが…。

パンダが動物園にいるということは、買い取ったとばかり思っていました。詳細は知りませんが、きっと絶対売りはしないのでしょう。パンダはいくら日本で生れても日本のものとならないように、中国人も、どこに行っても中国人ですね。

パンダの愛らしさは中国の外交に役立つかもしれませんが、また、昨日も尖閣に中国漁船が侵入したとのこと。

私は個人的には中国人に恨みはもつまいと思っているのですが…。漁船だから、軍とは関係ないとか、そういうことではないでしょう。
今は中国の経済力はうなぎのぼり、日本人よりよく働きますし、圧倒的に日本人は多勢に無勢です。
中国の話題は尽きませんが、動物ニュースから逸れますので、またの機会にしましょう。
パンダについては、過去の記事に写真集などを添付していますので、どうぞごらんください。




今日は久し振りの動物ニュースということで、ホッとする動物の話題を掲載しました。

また、犬を飼っている家庭の赤ちゃんは、病気にかかりにくいという研究結果が発表されています。理由は分からないまでも、結果として表れているということ。
動物と触れ合うことで、ばい菌に触れる機会が増えるような気がしますが、逆にそれがいいのかもしれませんね。除菌だ、殺菌だ、と神経質な人から見たら、気になって仕方ないこと、当然除菌すべきというでしょうが…。

動物と触れ合うことは、人間にとって慰めや癒しになったり、力になったりもしますが、動物にとっても、人間との関わりが、きっと幸せでありますように。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:本物はどれだ。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


ラベル:パンダ
posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・動物園ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする