さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年07月03日

今年の七夕は天の川が見られるだろうか?!


七夕まつり。




もうすぐ7月7日の七夕ですね。

元旦、雛祭り、端午の節句に続き、並びの数字の日には宮中などでも昔から行事がありました。七夕もそんな五節句の一つです。もともとは宗教的な意味のある行事でした。
沖縄では、お墓を掃除し、もうすぐお盆ですよ、と伝える日となっているということ。

当然これらの行事は陽暦でなく、陰暦で行われていました。七夕は陰暦では立秋の後頃が多いので、古来の七夕は秋の季語なのだそうです。
そういえば、仙台の七夕祭りなどは、月遅れの8月7日にやりますね。

七夕の笹には、先祖の霊が宿るのだそうです。
七夕と言えば、笹飾りと、織姫と彦星の話で終始してしまいやすいですが、実はお盆行事のひとつで、先祖崇拝の行事だったということです。本来は宗教的意味合いが強かったようです。
クリスマスのサンタクロースと同じように、現代に至るまでに様変わりして来てしまったんですね。

元々中国にあった牽牛星と織女星の伝説と、手芸や芸能の上達を祈願する乞巧奠(きこうでん)という行事が合わさったものだそう。
お願い事をするなら、芸事の上達などを願う方が、本来の七夕の目的には合っているかもしれません。

五節句のひとつとして、日本でも昔から宮中であった行事「しちせき」と、民間で古くから豊作を祈り種をまく「種幡祭り(たなばたまつり)」や、「棚機女(たなばたつめ)」という禊ぎの行事が混同され、伝わったとも言われています。

「たなばたさま」の歌にもある「五色の短冊」の五色は、五行説にあてはめた五色で、緑・紅・黄・白・黒をいいます。
短冊は日本だけのもので、中国では五色の糸をつるすのだそうです。

毎年雨の多い七夕。
旧暦では、梅雨時とかさなるグレゴリオ暦よりもずっと晴れる確立が高いし、必ず下弦の月になることから、月が地平線に沈む時間が短く月明かりの影響を受けないそうです。

宗教行事は、早朝にするもの。
本来の行事としては、6日の夜から、7日の朝にするのがいいそうです。

新暦でされてもいいですが、旧暦(陰歴)の7月7日に、もう一度空を見上げながら先祖のための行事をしてみるのもいいかもしれませんね。
今年は8月24日です。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:七夕まつり。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


※今日の記事はこちらを参考にしました 七夕 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%A4%95