さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年07月15日

NYの奇跡の夕陽?!「マンハッタンヘンジ」、古代遺跡「ストーンヘンジ」との共通性は?【写真ニュース2012年版】

昨年の記事に、今年のニュースや写真を加えて再編集しました。

982388_90303257.jpg
ストーンヘンジ◇


世界をより良い場所にしようと努力を始める時、

自分の人生は、

奇跡のような次元に向かって動き出す。


ロビン・シャーマ



b9240427.jpg




ニューヨークの大都会に「マンハッタンヘンジ」と呼ばれる現象が毎年起こるのだそうです。
今年も11日にあったようですね。(その前は5月)
「マンハッタンヘンジ」とは、夕暮れ時の太陽がマンハッタンを東西に走る街路と一直線に並ぶため、光線が街路を貫き、さながら光のマジックショーを展開するかのようになるとのこと。年2回夏至の始まりと終わりに観測されるそうです。

名前の元となったストーンヘンジでは、夏至と冬至に太陽が中心軸上を通過するため、ストーンヘンジが暦としての役割を担い、ここで何らかの宗教儀式が行われていたと考えられているそうです。

このマンハッタンヘンジの絶好の観測ポイントはマンハッタンの東端で、光がいくつものストリートを貫き、エンパイアステートビルやクライスラーが光り輝く光景が期待できるといいます。
ストーンヘンジというまだ謎が解明されていない巨大遺跡と、大都会の摩天楼のビルが、同じような現象を起すようになったことはとても不思議に感じます。
さぞかし、神秘的な現象なんだろうな、と想像だけに留めておきます。

ストーンヘンジは、自然を崇めるがゆえに生まれたもの。自然と、人間の作り出すもの、両方がなければ、この奇跡のような現象は生まれません。
自然との共存とか、大自然を生かしたものが、感動を生むのだと思います。人間もすごい。でも、大自然があればこそ。

夕日は特に、人を慰労する効果があるとか。

似ているようで、毎日一つとして同じ空はありません。
今日もまた、小さな感動を発見できますように。

よい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


2012年07月14日

不倫で即公開処刑?!《アフガンのニュース》+相田みつをの言葉「苔のつぶやき」


下山途中。






「 苔のつぶやき 」


わたしには殆ど陽が
当たらない
わたしには杉の木や
松の木のように
高くてカッコいい
姿にはなれない
その代わり
どんな風が吹いても
倒れるということが
ない
わたしには初めから
倒れるだけの高さ
がないから


相田みつを

 
アフガニスタンの女性の様子を聞けば、日本の女性はなんと自由気ままに生きられることだろうか、と思うのです。
自由気ままがいいとは限らないのですが、それにしても、むごい仕打ちです。
不倫発覚後、1時間もしないうちに村人たちに公開処刑されたということです。

私は、それにしてもすごいと思うことがあります。彼らは、みつかったら殺されるかもしれないと分かっていて、それでも不倫を犯したということです。死んでもいいという思いがあったのでしょうか。
そういう意味で、それが「愛」だとして、「愛」は死をも怖れないというのは本当だなぁと思うのです。

そもそも、不倫というのは、昔からどこでも、罪深いものとされてきました。今の、欧米や日本での状態の方が目を覆う状態と言えなくはないでしょうか。かといって、その人を惨殺していい、ということにはなりませんが。
(日本で同じことになったら、死体がゴロゴロ転がりそうです。)

今までにも何回も、アフガンで残虐な仕打ちをされる女性のニュースを取り上げてきました。
「耳と鼻をそぎ落とされた女性」「拷問後トイレに監禁5ヵ月の新妻」「レイプされた男性と結婚するしかない女性」など。

タリバンの女性に対する行為というのは、女性を人とは思っていないようです。まるで恨みの対象であるかのようです。
世界中、どこがいいかといえば、どこも長短はあるのですが、アフガニスタンは極端すぎる、女性が住みにくい国1、2位を争う国になっています。

今の自由な環境に感謝し、であるからこそ、本当に美しい女性を目指したいですね。見た目だけでなく魂の美しさを目指すという意味です。

二つ目の毒攻撃事件に関しては、以前取り上げたことがあります。下のニュースで述べている「集団ヒステリー」というのが、とても納得のいく答えだったのですが、そこにでっち上げの偽証が混じっているとは。。。なんともすごい地です。
アフガニスタンで続く女子生徒への毒攻撃、実は集団ヒステリーの可能性
http://kuri-ma.seesaa.net/article/273385697.html
うつ病のニュース+「モタさんの重たい心がフワリと軽くなるちょっといい言葉」


アフガニスタンの他のニュースも下に添付しました。

それでは、気を取り直して、笑顔と挨拶で今日も出発しましょう。そして感謝の思いで一日を終えることができますように。

よい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:下山途中。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います





kuri-maのアフガン関連記事
 アフガンの女性たち〜強姦され逆に姦通罪で服役「加害者と結婚するしかない」、トイレに5ヶ月監禁15歳妻など
 タリバン夫に鼻と耳を削がれたアフガン女性?!話題の写真が大賞に
 母の日に寄せて☆「姑が感涙する嫁の言葉」、母親に最も適した国(母親指標)?!「男の国」アフガンで大統領目指す女性etc.


posted by kuri-ma at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東・イスラム圏、インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

パンダの死因は日中関係の脆弱さ???ニュースには表れない真の原因?! 《中国のニュース》


鉄鎖。












昨日パンダの記事でも触れたように、中国漁船がまた尖閣領海に侵入したというニュースがありました。もしかして、パンダの赤ちゃんの死を予測していたのか、それとも遠隔操作したのかという絶妙なタイミングでした。(私は陰謀説を論じるつもりはありませんが。)
パンダというは中国との友好の印だとしたら、なんとなく無意味に起きたことではないと感じたりもします。

人の思いや行動、特に悪意があったり、後ろめたい隠しておきたいようなことも、いろんな形であからさまになることがあります。
まだ、はっきりバレてしまった時の方が、恥ずかしいしバツが悪いですが、いい場合もあります。というのは、いきなり大切なものを奪われることもあるからです。

不倫問題が暴露されてスキャンダルになる人がいますが、まだその時は猶予があるのかもしれません。
いきなり大切なものを奪われるというのは、大概は子どもに表れます。子どもに問題が出たり、悲惨なことに巻き込まれたりします。

いろんな不幸な事件がすべて親だけのせいだとはいえませんし、親も知らないもっと遡った血筋の問題もあるのかもしれません。
夫が知らなくても妻が、妻が知らなくても夫が不貞を働いていることもあるでしょう。とにかく男女問題は、すぐに子どもに表れます。命に関わることもあるのです。
他の点では公明正大な人が、足もとを一遍ですくわれるのは、男女問題が大きいでしょう。

本人が一番気づけることなのですが、これは、人によって感じ方が違うと思います。まさか自分の行動が、ちょっとした火遊びが、子どもに影響を与えるなんて、思いもしません。
しかし、見えない親やその親たちの生き様が、将来のある子どもや孫に良かれ悪しかれ、影響を与えるのです。
よく何か問題があると「水子のせい」ではないかとか、考える人がいたりします。水子が祟るのではなく、水子を生むことになった状況、行為、そしてその時の思いが問題なのです。

どうしたらいいか、といえば、不貞の関係は解消し、夫婦が仲良くすることです。問題があるとそれはなかなか難しくなるのですが、それでも夫婦が仲良くするしか、子どもたちの運命を守る方法はないんですね。
夫婦が仲良ければ、他の関係(家族や友人関係など)もよくなるでしょう。子どもに悪い運勢はいきません。

表れているニュースとか出来事というのは、実は表れない原因が、問題であり、それは当人しかわからないので、事情を知らない他人がどうのこうの言うことはできません。

パンダは動物ではありますが、生後6日で死ぬしかなかったというのは、これが人の場合だったらやはり運勢がありません。そういう星の下に生れてきたというしかないのですが、そういう時は、関係をよくするしかないのです。

ということは、日中関係っていうことでしょうか。。。これは簡単ではないようです。そもそも日中は夫婦関係ではないので、他の国との連携も必要でしょうね。


さて、今日は中国のいろんなニュースを掲載しました。7月に入ってからの主なものです。
日本は経済でも中国に押されています。
中国の底力は、人口だけではなく、思想的な一貫性でしょう。中国は個人としても、中国というものと切り離されません。世界中に散らばっても中国人です。特に中華思想を持っている世代というのは大半でしょう。
日本人の良識というものは、通用しません。

また、日本人にも、最近は戦前の人たちが持っていたような素晴らしい精神はないでしょう。個人主義の寄せ集めになっています。一つになる、というのが得意な民族なのに、その日本人のよさを発揮できにくい状況になっているような気がします。こんなはずではないのに、と。
秩序を正せば、問題は出ないのでしょうが、崩れたものは、なかなか元には戻せないですから。

しかし、神・霊界を信じない中華思想に勝つものは、人を愛し、信じ、そのために一生懸命頑張ることしかありません。スポーツでも奇跡を起こすのは、一つになった時です。
世界中の人が日本を愛さざるを得ないのは、日本の美しい伝統に魅せられるということもありますが、人を思いやることのできる、和解させることのできる人間性、まじめにコツコツ裏切らない責任感、そういったものでしょう。絆を生み出せるということでしょうか。神秘の日本をひも解けば、人間性というものがあるからでしょう。

今日は中国のニュースを並べておいて、なんか予期しない方向に話が発展しました。
いろんな出来事というのは、人がしでかすことであり、身から出たサビといえなくもありませんが、時に、何の咎もない人が、いわれのない不幸を負うことも少なくありません。素晴らしい人にほど、試練がくることがあるのです。先行投資で幸せのためのたくわえをしていると思って、辛い出来事も、夫婦家族などの絆で乗り切ってくださいね。

(話の内容が分かりにくいと思い、多少補正しました。)

今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:鉄鎖。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います